• 宅配会社の取り引き条件見直しにともない出荷に関する変更(※)のご依頼受付は、15時までとさせていただきます。※着店止め、守衛止め、送り先変更、AM/PM指定、必着指定、有料配送サービスなどを指します。 ご不明な点は、ミスミお客様サービス窓口(0120-343-066)までお問い合わせください。

    【お問い合わせについて】お急ぎの場合は、各種お問い合わせ窓口へお電話ください。お急ぎでなければ、ログイン後にWebお問い合わせフォームもご利用ください。

設計・製造現場のための歯車総合情報

アルミフレーム組み立て方法

代表的なキャスター付きアルミフレームユニットの組み立て方法

始める前に

キャスター付きアルミフレームユニット
  • 六角レンチ・下敷き(ゴムシートなど)の工具を用意してください。
  • 組み立ては床がフラットで広いスペースを用意してください。下敷きを使って作業するとアルミフレームに傷が付きにくいです。
  • フレームを寸法・部品ごとに区別します。
  • あらかじめ溝に入れておくナットの数量を確認します。
  • 大きなアルミユニットを組み立てる時に水準器があると歪みがわかるので便利です。

※ 天板、カバーを取り付けるときは先入れナットを別にご用意ください。
この例では別売りのプレート型アジャスタ・キャスタの取り付けの説明も行っています。

ブラケット・ナットの型式

この例ではブラインドジョイントでの組み立て方法を中心に説明しています。ブラケットでのフレーム接続については、図中の拡大図を参照ください。

STEP 1底面組み立て

  • 1.ユニットの底面から作成します。
  • 2.中央は先入れダブルジョイントによる接続を行います。
  • 3.必要となるナットを入れておきます。
  • 先入れダブルジョイント使用方法 先入れダブルジョイント使用方法
  • ブラケットで接続する場合

STEP 2柱を立てる

コーナーをシングルジョイントで接続します。

STEP2 コーナーをシングルジョイントで接続します。
ングルジョイント使用方法

STEP 3中央の柱を立てる

先入れダブルジョイントで中間の柱を接続します。

STEP3 先入れダブルジョイントで中間の柱を接続します。

STEP 4上面を組み立てる-1

4本の柱の上面にシングルジョイントを組みつけておきます。

4本の柱の上面にシングルジョイントを組みつけておきます。

STEP 5上面を組み立てる-2

先入れダブルジョイント用先入れナット2コ

STEP 6アジャスタ・キャスタ取り付け

ユニットを逆さまにし、アジャスタ・キャスタを取り付けます。
アジャスタ・キャスタは別にお求めください)

ユニットを逆さまにし、アジャスタ・キャスタを取り付けます。

STEP 7 本締め

フレームの位置を調整しながら本締めをします。
フレームキャップを取り付けます。(フレームキャップは別にお求めください)

フレームの位置を調整しながら本締めをします。フレームキャップを取り付けます。

STEP 8表面よごれの除去

作業後にアルコール等で表面の汚れを取ってください。

作業後にアルコール等で表面の汚れを取ってください。

お問い合わせ先 FAメカニカル標準部品 技術サポート窓口

Tel 03-5805-7291

Fax 03-5805-7292

受付時間:9:00~12:00/13:00~18:00 (日曜日・年末年始は除く)