(!)Windows7 は、2020年1月14日のマイクロソフト社サポート終了に伴い、当サイト推奨環境の対象外とさせていただきます。

リングゲージ

リングゲージとは、一定の内径寸法公差をもって、精密に仕上げられたリング状のゲージで、ねじ径など円形のものを測量するために使われる耐久性のある精密な測量機器です。測定器の基準になるマスターリングゲージには実測値や予備寸法が記されています。材質は合金工具鋼SKS3やセラミックなどです。セラミックは、鋼に比べると磨耗しにくく、測量の誤差が長期間の使用でも現れにくいことがメリットです。マスターリングゲージは、セットリング、またはセッティングリングとも呼ばれ、内径測定器で測る前のゼロ点合わせに利用されます。限界リングゲージはスプラインシャフトなどの軸部分のように円柱状のものを測定するためのリングゲージです。通りと止りの“限界”方式で検査するので、検査しようとする軸や外巾の公差に対し、最大値を基準として通り側を作り、公差の最小値を基準として止り側を作ります。