(!)Windows7 は、2020年1月14日のマイクロソフト社サポート終了に伴い、当サイト推奨環境の対象外とさせていただきます。

  • 新型コロナウイルスへの対応状況は、こちらをご確認ください。
  • 2021/4/18 10:00 ~ 4/19 8:00 の間、サイトメンテナンスのため当サイトの閲覧・ご利用ができません。あらかじめご了承ください。
製造現場のためのアクチュエータ選定情報

用語集

位置決め精度とは

[図]位置決め精度とは位置決め動作(アクチュエータを目標の点で止める動作)を行ない、目標点と実際の停止位置との差の絶対値を求めます。
この測定を原点から最大ストロークの範囲内の各点で行ない、求めた値の最大値を示したものです。

繰返し位置決め精度とは

[図]繰返し位置決め精度とは任意の一点へ同じ動作方向からの位置決め(アクチュエータを目標の点で止める動作)を7回繰り返して停止位置を測定し、停止位置の最大値と最小値の差を求めます。この測定方法を最大ストロークの範囲の中央および両端のそれぞれの位置で行ない、求めた値の最大のものを測定値として、その値の1/2倍に±をつけて表します。

平行度とは

[図]平行度とはレールを基準ベースに取り付けた状態でブロックから基準面にダイヤルゲージを設置し、移動・測定を行います。
その読みの最大差を、測定値とします。

バックラッシとは

[図]バックラッシとは基準位置からブロックに一定負荷をかけた後、開放します。
その基準位置と戻り値との差を、測定値とします。

モーメントとは

[図]モーメントとは「力×距離」 回転させようとする力(曲げようとする力)
ピッチングモーメント・・・Ma
ヨーイングモーメント・・・Mb
ローリングモーメント・・・Mc

剛性とは

[図]剛性とは曲げやねじりの力に対して、寸法変化の小さいことを剛性が高いといいます。
アクチュエータの剛性=レール部の剛性であり剛性はレール部の断面二次モーメントで表されます。
断面二次モーメントとは・・・変形のし難さを表す数値

荷重方向とは

[図]荷重方向とはラジアル方向とスラスト方向があります。
ラジアル荷重・・・軸と垂直な荷重
スラスト荷重・・・軸と水平な荷重
(アキシアル荷重、軸方向荷重とも呼ぶ)

基本動定格荷重(動的な(動いているときの)寿命計算に用いる数値)

●回転運動(ボールねじ)
一群の同じボールねじを運転した時に、そのうちの90%が剥離を起こさずに100万回転できるような軸方向荷重。
●直線運動(スライドガイド)
一群の同じスライドガイドを運転した時に、そのうち90%が剥離を起こさずに50km走行できるような方向と大きさが一定の荷重。

基本静定格荷重(静的(止まっているときの)許容荷重)

最大応力を受けている接触部において、転動体の永久変形量と転動面の永久変形量の和が転動体の直径の0.0001倍になるような方向と大きさの一定した静止荷重。

お問い合わせ

株式会社ミスミ アクチュエータ専用お問い合わせ窓口
専任の技術スタッフが皆様のお問い合わせをお待ちしております
Tel03-5805-7088
e-mailactuators-support@misumi.co.jp
<受付時間> 月~金9:00~12:00、13:00~18:00 ※土日祝日は除きます