(!)Windows7 は、2020年1月14日のマイクロソフト社サポート終了に伴い、当サイト推奨環境の対象外とさせていただきます。

旋削ホルダ

旋削ホルダとは、金属等の旋削加工に使用する刃先交換式(スローアウイ)の切削工具のことです。汎用旋盤、CNC旋盤、ターニングセンタ、(旋盤形)複合加工機等に取付けて使用します。旋削ホルダには用途により様々な種類があり、外径用、内径用、溝入れ用、突っ切り用、ねじ切り用などがあります。チップ(旋削用)を固定する構造はクランプオン、ダブルクランプ、ピンロック、スクリューオン、レバーロック等あり各社チップの固定強度や交換容易さを工夫しています。シャンクは使用する機械に合わせて、角タイプ、丸タイプの各寸法を選定します。ホルダの設置位置、チップ向き、軸回転方向、送り方向等によりホルダの勝手が変わりますので、用途に合わせ選定します。またクーラントを刃先に当てたい場合、クーラント穴があると便利です。