フライスチップ・ホルダー

フライスチップ・ホルダーは、フライス加工用の切削工具の1つです。刃(チップまたはヘッド)を本体(ホルダー)に取り付け、マシニングセンター等の工作機械にツーリング(チャック等)で取付けて、回転させながら金属等を削る工具です。刃先だけを交換するタイプとヘッド(先端)部分ごと交換するタイプがあり、刃先だけを交換するタイプには、アーバー(シャンク部)付のものと、アーバーが別体のものがあります。刃の材料は、耐摩擦性や耐熱性に優れた超硬材種やサーメット、セラミックなどが使用され、主に靱性のあるものを荒取り用に、耐摩耗性があるものを仕上げ用に分類されます。被削材の材質や加工内容に合わせて選ぶことが必要です。刃はネジなどで固定しているため、摩耗したチップまたはヘッドは容易に交換可能です。