(!)Windows7 は、2020年1月14日のマイクロソフト社サポート終了予定に伴い、当サイトでは2019年12月15日より推奨環境の対象外とさせていただきます。

ステンレス鋼管用プレス式継手 SUSプレス コンパクトエルボ

ステンレス鋼管用プレス式継手 SUSプレス コンパクトエルボ
通常単価:
614円~
通常出荷日:
4日目

ステンレス鋼鋼管用プレス式継手。
【特長】
・業界初のプレス確認機能が継手についている。
・専用締め付け工具による、簡単・確実施工が可能。
・薄肉ステンレス鋼鋼管およびSUSプレスは軽量のため、従来配管作業と比較し、作業負荷が大幅に軽減。
・ネジ切りやロウ付けの必要が無く、安全で衛生的。
・薄肉ステンレス鋼鋼管およびSUSプレスからなる配管系は、単一素材であることが多く、リサイクルが容易。
【用途】
・ステンレス配管の狭所部の曲がり部。

PDF

型番

3 の型番候補があります候補を表示

ステンレス鋼管用プレス式継手 SUSプレスの特長

簡単・確実施工のステンレス鋼管用プレス式継手

SUSプレスは、JIS規格(JIS G 3448 一般配管用ステンレス鋼管)およびJWWA規格(JWWA G 115 水道用ステンレス鋼管)に規定された薄肉ステンレス鋼管を、専用締付工具を使用して、締付作業を行うことにより、パイプを接続する継手。

簡単・確実施工

専用締付工具による簡単な施工要領を理解すれば、誰でも簡単・確実に施工でき、特別な技能は、必要ない。これにより工期の短縮も図れる。

安全・衛生的

ネジ切りやロウ付けの必要がなく、また火気を使用せず安全かつ衛生的に配管作業が行える。また、配管のリフォームにも適している。

プレス確認機能付

プレス確認機能の外観

プレス確認機能付

継手の表面が発色することで、一目でプレス確認できる機能を備えており、込み入った 建物内配管のトラブル防止に便利。

構造

SUS プレスの構造図

SUSプレスの構造は、ステンレス鋼鋼管を塑性加工により、継手本体を形成した後に、Oリングを装着したもの。継手に薄肉ステンレス鋼鋼管を挿入し、カール部(Oリングが装着されている部位)を締め付けることにより、Oリングが圧縮され水密性(漏れない)を保持する構造を有する継手。

仕様

コンパクトエルボの外観

コンパクトエルボの外観

コンパクトエルボの寸法図

コンパクトエルボの寸法図

サイズ表

呼び方[Su]abL1L2
1341412121
2050502424
2554542424

単位 : mm

開発秘話

 

プレス忘れによる漏水・脱管のトラブルを防止するために、SUSプレス表面に発色シールを貼付しています。発色シールにより、一目でプレスされていることが確認でき、込み入った建物配管のトラブル防止が可能になりました。

型番
SP-CL-13
SP-CL-20
SP-CL-25
型番通常単価最小発注数量スライド値引通常
出荷日
接続種類 呼び方Su
(mm)

614円

1個

4日目

管⇔管 同径13

842円

1個

4日目

管⇔管 違径20

977円

1個

4日目

管⇔管 違径25

Loading...

  1. 1
 

商品担当おすすめ

ステンレス鋼管用プレス式継手 SUSプレス エルボ 画像

ステンレス鋼管用プレス式継手 SUSプレス エルボ

シーケー金属

発色シール付きのSUSプレス式継手になります。シールが発色することにより、閉め忘れ確認が出来ます。

ステンレス鋼管用プレス式継手 SUSプレス 絶縁ユニオン(白) 画像

ステンレス鋼管用プレス式継手 SUSプレス 絶縁ユニオン(白)

シーケー金属

SUSプレス式継手の絶縁ユニオンになります。鋼管用になります。

CK プレシールSUS継手 エルボ 画像

CK プレシールSUS継手 エルボ

シーケー金属

シール材付きのステンレスねじ継手です・ステンレスねじ込み継手の”かじり”・”シール材混入”・”漏れ”等のトラブルを解消します。食品関係、医療関係、精密部品、あらゆる分野で使用されているステンレス継手の決定版です。配管のやり直し、補修も激減します。

基本情報

種類 継手 材質 ステンレス 使用流体 水 / 空気 / 蒸気
接続種類 管同径 90°エルボ 適用管材質 スチール 最高使用圧力(MPa) 1
表面処理 なし

ステンレス鋼管用プレス式継手 SUSプレス コンパクトエルボのレビュー

この商品のレビューはありません レビューを書く

よくあるご質問(FAQ)

質問: 使用温度と最高仕様圧力は?
回答: 使用温度は0~80℃になります。最高仕様圧力は1.0MPaになります。
質問: プレス工具は専用の工具が必要ですか?
回答: SUSプレス専用工具での締め付けが必要になります。

このカテゴリにはこんな商品もあります!

よく一緒に購入されている商品

この商品を見た人は、こんな商品も見ています

技術サポート窓口

メカニカル部品技術窓口
Tel:0120-343-603 / Fax:03-5805-7292
受付時間:8:00~20:00(日曜日・年末年始は除く)

チャットでのご相談も受け付けております。

受付時間: 平日 9:00~18:00(土曜日・日曜日・祝日は除く)