(!)Windows7 は、2020年1月14日のマイクロソフト社サポート終了に伴い、当サイト推奨環境の対象外とさせていただきます。

デジタルポイントマイクロメータ

デジタルポイントマイクロメータ
通常単価(税別):
22,438
通常出荷日:
在庫品1日目  当日出荷可能

測定子角度が鋭角なため、ドリルのウェブ直径などの谷径の測定に便利なマイクロメーター。
【特長】
・定圧装置付。
・測定面は超硬チップ付。
・防熱カバー付。
・オートオフディスプレイオフ機能付。(約5分)
・フレームは塗装仕上。
【用途】
・ポイント測定に最適。
・ドリルのウェブ直径などのような谷径の測定。

PDF

型番

1 の型番候補があります候補を表示

MCD232-25P

Loading...

INDEX

 

製品特長・仕様

製品の基本仕様・特長

MCD232-25P
各部名称

※画像はMCD230-25SAです。

付属品:キースパナ、SR44(酸化銀電池※テスト用)、基準棒(※測定範囲25-50タイプのみ)
商品コード型番測定範囲
(mm)
最小読取値
(mm)
最大許容誤差※
(μm)
質量」AN
(4975846)
152171MCD232-25P0~250.0014350g029873

※粒子化誤差(±1カウント)含まず

 

外形図

デジタルポイントマイクロメータの寸法図
 

使用方法・使用事例

使用方法

●電池の入れ方

電池の入れ方
  • 1. 本体裏面の電池蓋を、矢印の向きにコインなどで回して開ける。
  • 2. 電池を必ず(+)側を表にしてセットする。
  • 3. 電池蓋を元通りに装着する。

ご注意:電池は必ずSR44をお使いください。

●電源

ON/OFFボタンを押すと電源がONになり、LCD表示部に数値が表示される。もう一度押すと電源がOFFになる。

 

●原点の設定

通常測定で使用する原点を設定します。
この原点は、電源をOFFにしても記憶されますので、毎回設定し直す必要はない。
電池交換後はリセットされるので、再度設定し直してください。

  • 1. アンビル・スピンドルの測定面を脱脂し、グラスペーパなどで拭き取って異物が付着していない状態にする。
  • 2. クランプを回してゆるめ、ラチェットストップを持って回し、測定面を合わせる。測定面が合ってからラチェットが「カチカチ」と鳴った所から1回転半~2回転程回し、停止する。※測定範囲25~50mmタイプは、測定面の間に付属の基準棒をはさめて合わせてください。
  • 3. 基準線目盛の「0」にシンブルの「0」目盛が一致していれば、スリーブ・シンブルの0点が合っている。一致していない場合は、下記の手順で0点を合わせてください。
    (1)クランプを回してシンブルを固定する。
    (2)キースパナをスリーブ裏面の0点調整穴に入れる。
    (3)0点が一致するまで、キースパナでスリーブを回す。
  • 4. SETボタンを2秒以上長押ししてください。LCD表示部に「Set」が0.5秒ほど点灯後、数字の表示が下記のように表示される。
  • 測定範囲0~25mmタイプ:0.000
  • 測定範囲25~50mmタイプ:25.000

これで測定の準備完了。

 

●使用方法

  • 1. アンビル・スピンドルの測定面を脱脂し、グラスペーパなどで拭き取って異物が付着していない状態にする。
  • 2. アンビルとスピンドルの間に被測定物を入れる。
  • 3. クランプを回してゆるめ、ラチェットストップを持ってシンブルを回し、測定面で被測定物を挟む。ラチェットが「カチカチ」と鳴った所から1回転半~2回転程回し、停止する。
  • 4. LCD表示部に表示された数値が、測定値となります。

※通常のマイクロメータ同様にスリーブとシンブルの目盛を読み取ることもできる。

 

●INCモード

ABS/INCボタンを押すことで、原点を維持したまま表示をゼロリセットすることができる。比較測定などに便利。
原点からの測定値に戻りたい場合は、再度ABS/INCボタンを押してください。

 

(1)目盛の読み方

●目盛の読み方例

スリーブの読みで測定値7.0mm、シンブルの読みで測定値0.37mmとなり、測定値7.37mmとなります。

デジタルポイントマイクロメータ 使用方法1
 

スリーブの読みで測定値7.5mm、シンブルの読みで測定値0.37mmとなり、測定値7.87mmとなります。

デジタルポイントマイクロメータ 使用方法2
 

※通常上図のように0.01mmまで読み取れますが、下図のように目分量で0.001mm(1μm)まで読み取ることも可能です。

デジタルポイントマイクロメータ 使用方法3
 
■下側が1mm単位の目盛です。上側が1mm単位の中間に目盛が付いていて、0.5mm単位の目盛を表します。
デジタルポイントマイクロメータ 使用方法4

■目盛が読みやすい測定姿勢をとる事はもちろんですが、スリーブの目盛線、特に上側の0.5mm線が見えるかどうかで、0.5mmの読み間違いをする事がしばしばありますのでご注意ください。

 

(2)0点の合わせ方

デジタルポイントマイクロメータ 使用方法5
1.  測定面をきれいにする。
被測定物に当たるアンビルとスピンドルの両測定面をきれいにします。両測定面の間にきれいな紙を1枚軽く挟んで、紙をそのまま引き、最後に測定面を開いて、紙を取ります。
※紙の種類によっては端にホコリなどが付着しやすいため、紙をそのまま引き抜く事はさけてください。
デジタルポイントマイクロメータ 使用方法6
2. ラチェットストップを回す。
この時のねじの締め加減(測定圧)が重要です。右端のラチェットストップを回し、測定面が合ってから、ラチェットが「カチカチ」と1~3回鳴った所で停止してください。
デジタルポイントマイクロメータ 使用方法7
3. クランプする。
写真では、0目盛が約5μmずれていますので、このズレを修正する必要があります。まずはこの位置でスピンドルを固定するためにクランプします。
デジタルポイントマイクロメータ 使用方法8
4. キースパナを入れる。
クランプが付いている反対側(裏側)のスリーブ部には、穴が空いています。その穴にキースパナを入れて、0点を調整します。スパナを確実に穴に入れてから回さないと、スパナが外れて目盛面にキズを付けてしまいます。注意してください。
デジタルポイントマイクロメータ 使用方法9
5. 0点が合う。
こうして0点は合いました。目盛を読む時の位置は、目盛の真上から読みます。斜めから読むと、2~3μm程度の誤差が生じてしまいます。

使用事例

実際のご利用例

実際のご利用例

 

注意・禁止事項

ご注意

  • ご使用の前に、必ずグラスペーパなどで測定面の汚れを除去してください。
  • 測定範囲の上限を3mm以上上回って、スピンドルを回さないでください。
  • 精密機器ですので、落としたりぶつけたり、強い力を加えたりしないでください。
  • 強い磁気や高電圧に近付けないでください。故障の恐れがあります。
  • 直射日光の当たる場所や炎天下の車の中、火のそばなどでの使用、保管はしないでください。
  • 水や油のかかるところで使用しないでください。
  • 分解・改造をしないでください。
  • 使用後は柔らかい布などでゴミや切粉などを取り除き、防錆油を塗布してお子様の手の届かない場所へ保管してください。
  • 本体の手入れに有機溶剤を使用しないでください。
  • 長期間使用しない場合は、本体から電池を外して保管してください。
  • 用途以外のご使用は、事故やけがの原因となりますので絶対におやめ ください。

よくあるご質問(FAQ)

トラブルと対応

トラブルの内容対応策
測定値が間違っている。●測定面の汚れをグラスペーパーなどで拭き取ってください。
●0点が合っているか確認し、SETボタンを2秒以上長押してください。
●LCD表示部に何も表示されない。
●表示が安定しない。
●表示が不明確である。
●電池を入れ直してください。
●新しい電池と交換してください。
  • ※ 症状が改善されない場合や不明な点がございましたらお買い上げの販売店、または発売元までご連絡ください。
  • ※ お問い合わせや、ご連絡が無いまま直接発売元に修理品などを送付されても処理、対応ができない場合がありますのでご了承ください。

メーカー紹介

JCSS校正事業者 登録

JCSS校正事業者 登録

2009年にピンゲージ業界で初めて「長さ」区分でJCSS校正事業者に登録されました。
左記のロゴは、計量法に基づく校正事業者登録制度の標章です。
新潟精機株式会社キャリブレーションセンターは長さ区分の登録事業者で、0232は新潟精機株式会社キャリブレーションセンターの登録番号です。
JCSS登録事業者はISO/IEC17025を基準として登録されています。
※ISO/IEC17025:試験所・校正機関の能力に関する一般要求事項を規定した国際基準です。JCSS認定事業者は、すべてこの基準にしたがって認定されています。

新JIS規格 認可

新JIS規格 認可

新潟精機の四日町工場(直尺・曲尺)は新JISの認可を受けております。
工業標準化に基づくJISマーク表示制度において財団法人日本品質保証機構が規格適合したことを認証した商品
JIS B 7516 金属製直尺
JIS B 7534 金属製角度直尺

ISO9001 取得

ISO9001 取得

新潟精機では、皆さまへ確かな品質の商品の提供を実現するため2000年にISO9001を取得、その後2008年版から2015年版に移行を完了しております。
新潟精機は、ISOを取得したことにより、お客様の満足を第一と考え、高精度商品の開発に全社を挙げて取り組んでいます。
(ISO9001該当事業所:本社、PT事業部、塚野目工場、須戸工場、四日町工場、リング工場、電水器工場、保内工場)

SKブランドについて

SKブランド

新潟精機株式会社では、【SKブランド】というオリジナルブランドで様々な測定工具を製造・販売しております。
そして現在、非常に多くのお客様にご愛用いただいております。
【SKブランド】はお客様に信頼をお約束します。

●SKブランドの3つの優位性

高精度
新潟精機株式会社では創業から半世紀、高品質の証である精度を常に追い求め、ユーザーの皆様からご愛用を得て参りました。
その長い歴史で培ってきたノウハウと、製造ラインでの徹底管理を基に、SKブランドはこれからも高精度で有り続けます。

優れた性能
常日頃より、ご使用になるユーザー様の目線での製品作りを信条に、切磋琢磨を重ねております。
SKブランドは、ユーザー様の求めるものを形にする事でご期待にお応えし、ひいては社会貢献の一端を担う存在で有りたいと願っております。

堅牢性
あらゆる使用シーンを想定し、様々な場面に十分耐え得る製品をご提供しております。
SKブランドの製品は、必ずやユーザーの皆さまの体の一部となり、お役に立てるものと確信しております。

型番

MCD232-25P

型番通常単価
(税別)
最小発注数量スライド値引通常
出荷日
最大許容誤差
(μm)
仕様 電源 最小読取値
(mm)

22,438円

1個

在庫品1日目

当日出荷可能

4 先端テーパ角度:約15゜ SR44(酸化銀電池)テスト用1個付属 0.001

Loading...

  1. 1
 

商品担当おすすめ

基本情報

校正証明書 種類 特殊マイクロメータ 表示方式 デジタル
最大測定長(範囲選択)(mm) 16~25 防水機能 測定データ出力端子 有無
測定範囲(mm) 0~25 トラスココード 353-3859

デジタルポイントマイクロメータの型番MCD232-25Pのページです。
型番MCD232-25Pに関する仕様情報を記載しております。

MCD232-25Pで型番確定

この商品を見た人は、こんな商品も見ています

デジタルポイントマイクロメータのレビュー

この商品のレビューはありません レビューを書く

このカテゴリにはこんな商品もあります!

技術サポート窓口

ツール用品技術窓口

商品の仕様・技術のお問い合わせ

営業時間:9:00~18:00(土曜日・日曜日・祝日は除く)

※お問い合わせフォームは24時間受付しております。

※お問い合わせにはお客様コードが必要です。

チャットでのご相談も受け付けております。

受付時間: 平日 9:00~18:00(土曜日・日曜日・祝日は除く)