(!)Windows7 は、2020年1月14日のマイクロソフト社サポート終了に伴い、当サイト推奨環境の対象外とさせていただきます。

キーワードからユニット事例を探す

No.110606 【手動ユニット】パナソニック レーザーマーカー接続タイプ

レーザーマーカー

対応レーザーマーカーLP-RF/RV シリーズ取付用

ストローク

ユニット型番生成

 
※この商品のお問い合わせはページ右上の

「お客様サービス窓口」

からお願いいたします。
お問い合わせ内容に

商品「InCADLibrary No110606に関する問い合わせ」

とご記入下さい。
1
レーザーマーカー種類及び調整方向選択
詳細 >>

レーザーマーカー種類及び調整方向選択

レーザーマーカー取付用アタッチメントの種類を指定できます。

■LP-RF/RV シリーズ取付用

■LP-M/MA シリーズ取付用

■LP-400シリーズ 垂直方向/ワーク間距離

■LP-400シリーズ 垂直・水平方向/印字位置

LP-RF/RV シリーズ取付用 使用例

LP-M/MA シリーズ取付用 使用例

LP-400 シリーズ取付用 使用例

LP-400 シリーズ取付用 使用例

LP-400 シリーズ取付用 使用例

2
フレーム長さL(mm)
詳細 >>

フレーム長さL(mm)

フレームの全長を470mmから720mmまで50mmピッチで指定できます。

■LP-RF/RVシリーズ・LP-M/MAシリーズ

■LP-400シリーズ 垂直方向/ワーク間距離

■LP-400シリーズ 水平方向/印字位置

■LP-400シリーズ 垂直方向/印字位置

3
ハンドル種類
詳細 >>

ハンドル種類

ハンドルの種類とサイズを指定できます。

ハンドル種類ハンドルサイズ特徴
プラハンドル Φ125/160 安価な標準タイプのハンドルです。
プラハンドル
折り畳み
Φ125 グリップを折りたためます。
クランクハンドル
脱着可
R79 四角の軸をハンドルの角穴へ挿入して回転させるハンドルです。工具を使わずに取り外し可能です。
※他のハンドルは全てボルトで固定
ハンドルサイズ推奨ワーク重量
Φ125 196N以下
Φ160
クランクハンドル
294N以下
  • 推奨ワーク重量は、手動でハンドルを回転させる場合の目安になります。
  • Φ125以上のハンドル、クランクハンドルはお客さまでの取り付けになります。
  • Φ160選択時は、ポジション・インジケータ選択不可
プラハンドル(Φ125)
4
ハンドル方向指定
詳細 >>

ハンドル方向指定

設置スペースに合わせてハンドルの向きを選択できます。
指定方向: D(下), L(左), R(右)

■LP-RF/RVシリーズ・LP-M/MAシリーズ

■LP-400 シリーズ ワーク間距離

■LP-400 シリーズ(水平方向)

■LP-400 シリーズ(垂直方向)

なし
5
ポジションインジケータ追加
詳細 >>

ポジションインジケータ追加

位置調整を補助するポジション・インジケータを追加いたします。
ハンドル方向指定の有無で、文字の向きが異なります。

■ハンドル方向指定:なし

■ハンドル方向指定: D(下), L(左), R(右)

  • Φ160のハンドル選択時は適用不可
  • 起動時の回転数は、25rpm以下でご使用ください。
  • 最高回転数は75rpmです。
  • ハンドル方向指定時は文字の向きをご確認ください。
  • ゼロセット機能はありません。
なし
6
背面イケール追加
詳細 >>

背面イケール追加

LP-400 シリーズ印字位置調整 選択時は取付不可。

フレームを垂直に固定するための背面イケールを取り付けます。
指定方法:背面イケール(小)、(中)、(大)

■対応フレームサイズ

フレーム長さ

L

背面イケール

IKS

IKM

IKL

270 - -
320 - -
370 - -
420 - -
470 - -
520 - -
570 - -
620 - -
670 - -
720 - -
  • 背面イケールはお客さまでの取り付けになります。
背面イケール(大)

LP-400 シリーズ 調整方向 印字位置調整選択時は取付不可

7
集塵ノズル追加
詳細 >>

集塵ノズル追加

集塵機本体、ホース、ホース固定部品は別途お買い求め下さい。

LP-400 シリーズ選択時は取付不可。

■ノズル幅(W)120 / 調整幅(P=160~208)

SJNZ11

■ノズル幅(W)200 / 調整幅(P=160~208)

SJNZ12

■ノズル幅(W)120 / 調整幅(P=183~238)

SJNZ21

■ノズル幅(W)200 / 調整幅(P=183~238)

SJNZ22

■集塵ノズル調整方法

・高さ調整

・前後・向き調整

なし

LP-400 シリーズ選択時は取付不可。

8
パナソニック 2次元コードリーダ
LPABR11 専用アタッチメント
なし
詳細 >>

パナソニック 2次元コードリーダ LPABR11 専用アタッチメント

パナソニック 2次元コードリーダ LPABR11は付属しません。別途お買い求めください。

LP-RF/RV シリーズとLP-M/MA シリーズは任意の位置にコードリーダを取付可能です。
詳細は型番専用カタログをダウンロードしてご確認ください。
ユニット型番生成後ダウンロード可能となります。

型番専用カタログ内に2次元コードリーダの視野範囲説明があります。

■視野範囲説明図(型番専用カタログ内)

パナソニック 2次元コードリーダ LPABR11は付属しません。別途お買い求めください。

LP-RF/RV シリーズ 取付イメージ図

パナソニック 2次元コードリーダ LPABR11は付属しません。別途お買い求めください。

詳細は型番専用カタログをダウンロードしてご確認ください。
ユニット型番生成後ダウンロード可能となります。
2次元コードリーダの位置調整機能付です。

LP-M/MA シリーズ 取付イメージ図

パナソニック 2次元コードリーダ LPABR11は付属しません。別途お買い求めください。

詳細は型番専用カタログをダウンロードしてご確認ください。
ユニット型番生成後ダウンロード可能となります。
2次元コードリーダの位置調整機能付です。

-
[方向選択] パナソニック 2次元コードリーダ
LPABR11 専用アタッチメント
なし

【LP-400 シリーズ選択時のみ指定】
利用時の指定方向により付属フレームの形状が異なります。

9
位置決めピン追加
詳細 >>

位置決めピン追加

■LP-RF/RVシリーズ・LP-M/MAシリーズ

手動ユニット、レーザーマーカー本体の取付を補助する位置決めピンを付属します。

・レーザーマーカー取付用:AJPNGC3-P3.85-B2.5-R1(2本)
・手動ユニット取付用:APEC5-P6-L9-B5.8-R1(4本)

指定方法:組立補助位置決めピン

位置決めピンはお客様での取り付けになります。

【レーザーマーカー取付用】

※画像はLP-RF/RVシリーズ取付用のイメージです。

【手動ユニット取付用】

※画像はLP-RF/RVシリーズ取付用のイメージです。

■LP-400 シリーズ

手動ユニット、レーザーマーカー本体の取付を補助する位置決めピンを付属します。

・レーザーマーカー取付用:AJPNGC3-P3.85-B2.5-R1(2本)
・手動ユニット取付用:APEC5-P6-L9-B5.8-R1(4本)

指定方法:組立補助位置決めピン

位置決めピンはお客様での取り付けになります。

【レーザーマーカー取付用】

【手動ユニット取付用】

 
ユニット型番
パラメータを指定し、「ユニット型番生成」ボタンをクリックするとユニット型番が表示されます。
  • お見積(カートへ追加)
  • CADデータダウンロード
    CADデータ利用規定
    1.データの利用目的
    株式会社ミスミ(以下「当社」といいます)が本サイトに掲載するCADデータ(3DCADデータ、3DCAD中間データ、2DCADデータおよび当社の提供するCADアドオンソフトウェア(以下「CADアドオンソフトウェア」といいます)で生成されたデータをいいます)およびCADアドオンソフトウェアは、CADを用いたレイアウト設計において、当社または当社取り扱いメーカーの製品(以下「製品」といいます)の干渉・形状等を簡便に確認のためにご利用いただくことを目的として提供しております。
    また本サイトの各事例ページで記載された部品を組み合わせた場合の品質・正確性・機能・安全性・信頼性等の一切の保証は致しかねますのであらかじめご了承ください。
    2.データおよびソフトウェアの特性
    CADデータのうち、公差・表面の粗さ・面取り等については、実際の製品の形状と異なる場合があります。また、CADデータの容量を軽くし、安定したデータの提供を維持するため、一部の製品につきましては油溝形状やネジ、バネ形状等を省略したデータとなっている場合がございます。あらかじめご了承のうえご利用ください。
    3.免責事項
    当社は、CADデータおよびCADアドオンソフトウェアの作成にあたり十分な注意をしておりますが、上述のデータの特性により、CADデータの正確性を保証するものではありません。また、当社は予告なしにCADデータおよびCADアドオンソフトウェアを変更、追加または削除することがあります。当社は、理由の如何に関わらず、CADデータおよびCADアドオンソフトウェアの利用、変更および削除により生じるいかなる損害(CADアドオンソフトウェアの利用時に、第三者が権利を有するCADデータやCADデータ作成・閲覧ソフトウェアに影響を与えたことによる損害を含むがこれに限られません)に対して責任を負うものではありません。
    4.著作権
    CADデータおよびCADアドオンソフトウェアに含まれる一切の情報の著作権は、当社または当社取り扱いメーカーに帰属します。当該著作権は、著作権法および国際条約により保護されています。当社の事前の許可を得ることなく、上述の利用目的以外にCADデータおよびCADアドオンソフトウェアを利用(複製、改変、アップロード、掲示、送信、頒布、ライセンス、販売、出版等を含む)することはできません。また、貴社の機械設計以外の目的でのご使用(販売促進等のご使用を含む)はできません。
    上述の利用目的および法令等に違反したCADデータおよびCADアドオンソフトウェアの利用が認められた場合、当社は、利用者に対しCADデータ、CADアドオンソフトウェアおよび当社のサイトの利用を禁止するほか、法的措置を取る場合があります。
    5.第三者規定
    第三者(取り扱いメーカーを含む)が権利を有するCADデータやCADデータ作成・閲覧ソフトウェアを利用する場合は、別途、第三者が定める規定に同意しなければCADデータやソフトウェアが利用できない場合がございます。またこの場合、当社は当該第三者のCADデータ及びソフトウェアの瑕疵、権利侵害等については、一切の責任を負いません。あらかじめご了承下さい。
    第三者(取り扱いメーカーを含む)が権利を有するCADデータやCADデータ作成・閲覧ソフトウェアを利用する場合は、別途、第三者が定める規定に同意しなければCADデータやソフトウェアが利用できない場合がございます。またこの場合、当社は当該第三者のCADデータ及びソフトウェアの瑕疵、権利侵害等については、一切の責任を負いません。あらかじめご了承下さい。

ページトップへ戻る

手動ユニットとレーザーマーカー接続用アタッチメントのセット商品です。
分割して10万円以下の2つの商品としても、ご購入可能です。

■手動ユニット(レーザーマーカー接続仕様) \76,290~
■レーザーマーカー取付用アタッチメント \32,000~

詳しくは「納期・価格」のタブをご確認ください。

対応機種

FAYbレーザーマーカー LP-RF/RV シリーズ

対応型式名:LP-RV200P, LP-RF200P

高い基本性能とシンプルな操作性を両立したFAYbレーザーマーカー。
金属から樹脂まで幅広いアプリケーションに対応でき、打刻機、振動ペン、IJPからの置き換えなど、初めてご使用になる方にも最適なレーザーマーカーです。

商品情報はこちら(メーカーWebサイト)

CO2レーザーマーカーLP-400シリーズ

/msmec/ideanote/110606/img/tab/tab_1-LMP3.png

対応型式名:LP-430U, LP-420S9U, LP-410U

性能・機能・品質・操作性、すべてにおいてハイグレードなCO2レーザーマーカーLP-400。マーキングから加工まで、幅広いニーズにお応えします。

商品情報はこちら (メーカーWebサイト)

3D制御 FAYbレーザーマーカー LP-M/MA シリーズ

対応型式名:LP-M500, LP-M500-S, LP-M505, LP-M505-S, LP-M200, LP-M200-S, LP-M205, LP-M205-S, LP-MA05, LP-MA05-S, LP-MA06, LP-MA06-S

高出力3DタイプのハイスペックFAYbレーザーマーカー。
高出力印字による生産性タクトの向上や複雑な形状に対しての印字などレーザー印字のおける課題はLP-M/MAにお任せください。

商品情報はこちら (メーカーWebサイト)

【PR】 FAYbレーザーマーカー LP-RF 他工法からの改善提案ガイドBOOK 無償ダウンロード

焦点距離図
※メーカーWebサイトへ移動します
従来工法の問題点と、レーザーマーカーへの置き換えによるメリットを詳細に解説。
従来工法の印字で課題をお持ちの方への改善検討資料として、ぜひお役立てください。

手動ユニットラインナップ

アイコンクリックで他のタイプを選定できます。

垂直タイプ
水平タイプ
ハンドル下タイプ

基本仕様

LP-RF/RVシリーズ・LP-M/MAシリーズ

Type 台形ねじ
ねじ径
(mm)
リード
(mm)
垂直
スタンダード
PKULS
20 4

LP-400シリーズ

Type 調整方向 台形ねじ
ねじ径
(mm)
リード
(mm)
垂直
スタンダード
PKULS20
垂直方向
ワーク間距離
20 4
垂直
スタンダード
PKURS20
垂直方向
印字位置
20 4
水平
スタンダード
PKUES20
水平方向
印字位置
20 4

ストローク

LP-RF/RVシリーズ・LP-M/MAシリーズ

ストロークはレーザーマーカー取付用アタッチメントを接続した状態で、下限位置から上限位置まで移動できる距離になります。
 

■LP-RF/RVシリーズ

フレーム長さ L ストローク
St(mm)
470 255
520 305
570 355
620 405
670 455
720 505

※ワーク間距離はレーザーマーカー本体の仕様をご確認ください。

焦点距離図

■LP-M/MAシリーズ

フレーム長さ L ストローク
St(mm)
470 255
520 305
570 355
620 405
670 455
720 505

※ワーク間距離はレーザーマーカー本体の仕様をご確認ください。

焦点距離図

LP-400シリーズ ワーク間距離

ストロークはレーザーマーカー取付用アタッチメントから片持ち取手を取外した状態で、テーブルが移動可能な距離です。片持ち取手を取付けた状態で使用される場合、ハンドル種類や指定されたハンドル方向によりストローク量が減少する場合がございます。

■LP-400シリーズ (PKULS20)

フレーム長さ L ストローク
St(mm)
270 65
320 115
370 165
420 215
470 265
520 315
570 365
620 415
670 465
720 515

※ワーク間距離はレーザーマーカー本体の仕様をご確認ください。

<PKULS20>

焦点距離図

LP-400シリーズ 印字位置

ストロークはレーザーマーカー取付用アタッチメントから片持ち取手を取外した状態で、テーブルが移動可能な距離です。片持ち取手を取付けた状態で使用される場合、ハンドル種類や指定されたハンドル方向によりストローク量が減少する場合がございます。

■LP-400シリーズ (PKUES20/PKURS20)

フレーム長さ L ストローク
St(mm)
470 132
520 182
570 232
620 282
670 332
720 382

※ワーク間距離はレーザーマーカー本体の仕様をご確認ください。

<PKURS20>

焦点距離図

<PKUES20>

焦点距離図

オプション一覧

LP-RF/RVシリーズ、LP-M/MAシリーズ

■固定オプション

オプション 概要 CODE 種類

クランプ

テーブルの横にクランプを追加いたします。
テーブルを直接固定するため、ねじのバックラッシによる位置ズレを防ぎます。

SCW

両取付

テーブル追加

大きいサイズのワーク搬送用に、台形ねじと固定していないテーブルを追加いたします。
ストロークが変更になります。

WT

追加テーブル

■基本オプション

オプション 概要 CODE 種類

ハンドル種類

ハンドルの種類を指定できます。

G

プラハンドル(Φ125)

H

プラハンドル折り畳み(Φ125)

J

プラハンドル(Φ160)

M

クランクハンドル(R79)
脱着可

■追加オプション

オプション 概要 CODE 種類

ハンドル方向指定

ハンドルの向きを指定できます。

D

D(下)

L

L(左)

R

R(右)

ポジション
インジケータ追加

位置調整を補助するポジション・インジケータを
追加します。

DP

あり

背面イケール追加

フレームを垂直に固定するための背面イケールを取り付けます。

IKL

背面イケール(大)

位置決めピン追加

手動ユニット、レーザーマーカー本体の取付を
補助する位置決めピンを付属します。

レーザーマーカー取付用:
AJPNGC3-P3.85-B2.5-R1(2本)

手動ユニット取付用:
APEC5-P6-L9-B5.8-R1(4本)

LP

組立補助用
位置決めピン

集塵ノズル

集塵用のノズルを追加します。

SJNZ11

集塵ノズル(小)
W=120
P=160~208

SJNZ12

集塵ノズル(大)
W=200
P=160~208

SJNZ21

集塵ノズル(小)
W=120
P=183~238

SJNZ22

集塵ノズル(大)
W=200
P=183~238

2次元コードリーダ
専用アタッチメント
-位置調整機能付-

2次元コードリーダを取り付ける為の、アタッチメントを追加します。

CMR1

パナソニック
2次元コードリーダ
LPABR11
専用アタッチメント

LP-400シリーズ ワーク間距離

■固定オプション

オプション 概要 CODE 種類

クランプ

テーブルの下面にクランプを追加いたします。
テーブルを直接固定するため、ねじのバックラッシによる位置ズレを防ぎます。

SCF

両取付

テーブル追加

LP-400シリーズ専用テーブルを用意いたします。

HT

追加テーブル

位置決めピン追加

手動ユニット、レーザーマーカー本体の取り付けを補助する位置決めピンを付属します。

レーザーマーカー取付用:
SJPNGB5-P7.8-B1.5-G5(2本)

手動ユニット取付用:
APHAA4-P8-L0-B13-R4(2本)

LP

組立補助用
位置決めピン

ハンドル方向指定

ハンドルの向きを指定できます。

D

D(下)

■基本オプション

オプション 概要 CODE 種類

ハンドル種類

ハンドルの種類を指定できます。

G

プラハンドル(Φ125)

H

プラハンドル折り畳み(Φ125)

J

プラハンドル(Φ160)

M

クランクハンドル(R79)
脱着可

■追加オプション

オプション 概要 CODE 種類

ポジション
インジケータ追加

位置調整を補助するポジション・インジケータを
追加します。

DPR

あり

LP-400シリーズ 印字位置

■固定オプション

オプション 概要 CODE 種類

クランプ

テーブルの下面にクランプを追加いたします。
テーブルを直接固定するため、ねじのバックラッシによる位置ズレを防ぎます。

SCWS

両取付

テーブル追加

LP-400シリーズ専用テーブルを用意いたします。

TL

追加テーブル

位置決めピン追加

手動ユニット、レーザーマーカー本体の取り付けを補助する位置決めピンを付属します。

レーザーマーカー取付用:
SJPNGB5-P7.8-B1.5-G5(2本)

手動ユニット取付用:
APHAA4-P8-L0-B13-R4(2本)

LP

組立補助用
位置決めピン

■基本オプション

オプション 概要 CODE 種類

ハンドル種類

ハンドルの種類を指定できます。

G

プラハンドル(Φ125)

H

プラハンドル折り畳み(Φ125)

J

プラハンドル(Φ160)

M

クランクハンドル(R79)
脱着可

■追加オプション

オプション 概要 CODE 種類

ハンドル方向指定

ハンドルの向きを指定できます。

D

D(下)

L

L(左)

R

R(右)

ポジション
インジケータ追加

位置調整を補助するポジション・インジケータを
追加します。

DPR

あり

手動ユニット レーザーマーカー搭載時外形図

ユニットの詳細な寸法については、ユニット型番生成後に型番専用カタログもしくはCADデータにてご確認ください。
型番専用カタログは、お客さまの選定された商品の仕様・図面をまとめたPDFファイルになります。
Webで閲覧する他に、ダウンロードして印刷して頂くことも可能です。

LP-RF/RVシリーズ・LP-M/MAシリーズ

■LP-RF/RV シリーズ

■LP-M/MA シリーズ

LP-400 シリーズ ワーク間距離

■LP-400 シリーズ(水平)

LP-400 シリーズ 印字位置

■LP-400 シリーズ(水平)

■LP-400 シリーズ(垂直)

型番専用カタログのご案内

■型番専用カタログ ダウンロード手順

型番専用カタログ ダウンロード手順

■型番専用カタログのイメージ

型番専用カタログのイメージ

本製品について

本製品は対象のレーザーマーカーと機械的にドッキングし、仕様に定義されたストロークを移動させ、任意の位置で固定することが可能です。
遮蔽物のない空間において、振動のない水平面(調整方向が垂直の場合は垂直面)に設置し、連続マーキングできることを確認しています。
レーザーマーカー本体は付属しません。別途お買い求めください。
2次元コードリーダ専用アタッチメントは2次元コードリーダの取付及び位置調整のみを保証するものであり、2次元コードの読み取り等を保証するものではありません。

注意事項

本製品とレーザーマーカーとのドッキング方法は本サイトからダウンロードできる型番専用カタログおよび組立手順書をご参照ください。

取扱い方法

レーザーマーカー本体の仕様、取扱い方法、マーキング品質、レーザーに関する安全衛生に関してはレーザーマーカー販売元の取扱い説明書(仕様書、マニュアル等)をご確認ください。

利用可能な取付方法

  1. 本製品はサイドプレート底面全体を水平な平面に設置してご使用ください。
  2. 背面イケールを用いる場合は、ワークの荷重、モーメントに対して十分な強度を得られるよう、しっかりと水平な平面に固定してください。
  3. 背面イケールを用いない場合は、フレームのザグリ穴もしくは固定用ブラケットを用いて、ワークの荷重、モーメントに対して十分な強度を得られるよう、しっかりと垂直な平面に固定してください。
  4. 天井吊りや壁掛けでのご使用はおやめください。

メンテナンスについて

  1. リニアガイドにはリチウム系石けん基グリースが充填してありますので、そのまま使用できます。
  2. 通常、3ヶ月ごとの給油を推奨しております。
  3. レーザーマーカー本体のメンテナンスに関しては、レーザーマーカー販売元の取扱い説明書(仕様書、マニュアル等)をご確認ください。

納品形態について

  1. 手動ユニット一式(本体、ハンドル、背面用イケール、等)とレーザーマーカー取付用アタッチメントは別梱包にて発送いたします。
  2. 納品後、お客さまにて組立てをお願いします。

その他の注意事項

  1. お客さまが改造、部品交換を行われた場合は保証の対象外となります。
  2. 強い振動、衝撃のある場所ではご使用になれません。

基準単価

LP-RF/RVシリーズ・LP-M/MAシリーズ

■基準単価(背面イケール有り)

フレーム長さ \基準単価 1台
LP-RF/RVシリーズ LP-M/MAシリーズ
LMS1 LMS2
470 182,290 184,290
520 191,320 193,320
570 199,570 201,570
620 206,970 208,970
670 214,370 216,370
720 221,770 223,770

■基準単価(背面イケール無し)

フレーム長さ \基準単価 1台
LP-RF/RVシリーズ LP-M/MAシリーズ
LMS1 LMS2
470 170,290 172,290
520 179,320 181,320
570 187,570 189,570
620 194,970 196,970
670 202,370 204,370
720 209,770 211,770

■ハンドル種類価格

ハンドル種類 CODE \ハンドル価格
(基準単価+)
プラハンドル(Φ125) G 0
プラハンドル折り畳み(Φ125) H 500
プラハンドル(Φ160) J 500
クランクハンドル(R79)脱着可 M 0

LP-400シリーズ ワーク間距離

■基準単価

フレーム長さ \基準単価 1台
LMS4
270 137,590
320 139,330
370 141,920
420 144,620
470 147,390
520 156,420
570 164,670
620 172,070
670 179,470
720 186,870

■ハンドル種類価格

ハンドル種類 CODE \ハンドル価格
(基準単価+)
プラハンドル(Φ125) G 0
プラハンドル折り畳み(Φ125) H 500
プラハンドル(Φ160) J 500
クランクハンドル(R79)脱着可 M 0

LP-400シリーズ 印字位置

■基準単価

フレーム長さ \基準単価 1台
LMS3
470 159,890
520 168,920
570 177,170
620 184,570
670 191,970
720 199,370

■ハンドル種類価格

ハンドル種類 CODE \ハンドル価格
(基準単価+)
プラハンドル(Φ125) G 0
プラハンドル折り畳み(Φ125) H 500
プラハンドル(Φ160) J 500
クランクハンドル(R79)脱着可 M 0

オプション価格

LP-RF/RVシリーズ・LP-M/MAシリーズ

オプション 種類 CODE \/1Code
ハンドル方向指定 D(下) D 13,000
L(左) L 13,000
R(右) R 13,000
ポジションインジケーター追加 あり DP 5,000
位置決めピン追加 組立補助用位置決めピン LP 3,000

LP-400シリーズ ワーク間距離

オプション 種類 CODE \/1Code
ハンドル方向指定 D(下) D 13,000
ポジションインジケーター追加 あり DPR 5,000
位置決めピン追加 組立補助用位置決めピン LP 0

LP-400シリーズ 印字位置

オプション 種類 CODE \/1Code
ハンドル方向指定 D(下) D 13,000
L(左) L 13,000
R(右) R 13,000
ポジションインジケーター追加 あり DPR 5,000
位置決めピン追加 組立補助用位置決めピン LP 0

納期

納期

数量区分 標準対応 個別対応
小口 大口
数量 1 2~
出荷日 通常 お見積り

注文例

LP-RF/RVシリーズ・LP-M/MAシリーズ

型式 フレーム
長さL
ハンドル
種類
ハンドル
方向指定
ポジション
インジケータ
追加
背面イケール
追加
アタッチメント用
固定オプション
PKULS20 - 470 - G - D - DP - IKL - SCW-WT-LMS1-LP
PKULS20 - 470 - G - R         - SCW-WT-LMS2-LP
PKULS20 - 470 - G         - IKL - SCW-WT-LMS1

LP-400シリーズ

型式 フレーム
長さL
ハンドル
種類
ハンドル
方向指定
ポジション
インジケータ
追加
アタッチメント用
固定オプション
PKULS20 - 470 - G - D - DPR - SCWS-TL-LMS3-LP
PKULS20 - 470 - G - R     - SCWS-TL-LMS3-LP
PKULS20 - 470 - G - L     - SCWS-TL-LMS3-LP

レーザーマーカー取付用アタッチメント単体購入の場合

レーザーマーカー取付用アタッチメントを単体で購入いただく場合の型番になります。
WOSにてご購入ください。

対応機種 レーザーマーカー
型式名
型番 単価 付属品
LP-RF/RVシリーズ LP-RF200P PU-PKUL-LMS1 64,000

六角穴付ボルト(CB6-16)8本
六角穴付ボルト(CB6-10)6本

※レーザーマーカー取付用アタッチメントを単体で購入いただく場合、組立補助用位置決めピンは付属しません。

LP-M/MAシリーズ LP-M500, M500-S,
LP-M505, M505-S,
LP-M200, M200-S,
LP-M205, M205-S,
LP-MA05, MA05-S,
LP-MA06, MA06-S
PU-PKUL-LMS2 66,000
LP-400シリーズ LP-430U,
LP-420S9U,
LP-410U

PU-PKUES20-LMS3
PU-PKURS20-LMS3

(印字位置調整)

32,000

位置決めピン(φ7.8)おねじ(SJPNGB5-P7.8-B1.5-G5)2本
位置決めピン(φ6)おねじ(APHAA4-P6-L0-B13.0-R4)1本
位置決めピン(φ8)おねじ(APHAA4-P8-L0-B13.0-R4)1本
アングル取⼿(HHDNFA112)1個
⽚持ち取⼿(HHKA147)1個
六角穴付ボルト(CB6-16)10本
六角穴付ボルト(CB6-10)4本
低頭六角穴付ボルト(CBS6-16)6本
※使用箇所は型番専用カタログをご参照下さい。

PU-PKUL-LMS4

(ワーク間距離調整)

66,000

位置決めピン(φ7.8)おねじ(SJPNGB5-P7.8-B1.5-G5)2本
位置決めピン(φ5.7)おねじ(APHAA4-P5.7-L0-B13.0-R4)1本
位置決めピン(φ7.3)おねじ(APHAA6-P7.3-L0-B13.0-R4)1本
位置決めピン(φ6)おねじ(APEC5-P6-L9-B5.8-R1)4本
アングル取手(HHDNFA112)2個
片持ち取手(HHKA147)2個
六角穴付ボルト(CB6-16)10本
六角穴付ボルト(CB6-12)6本
六角穴付ボルト(CB6-10)4本
六角穴付ボルト(CB5-10)2本
低頭六角穴付ボルト(CBS6-16)6本
リブ(RBBW30-100-10)1個
※使用箇所は型番専用カタログをご参照下さい。

LP-RF/RVシリーズ用
(PU-PKUL-LMS1)

LP-M/MAシリーズ用
(PU-PKUL-LMS2)

LP-400シリーズ用 印字位置調整

(PU-PKUES20-LMS3, PU-PKURS20-LMS3)

LP-400シリーズ用 ワーク間調整

(PU-PKUL-LMS4)

2次元コードリーダ、集塵ノズル単体購入の場合

レーザーマーカー
対応機種・型式名
型番 種類 単価 付属品
LP-RF/RVシリーズ
LP-RF200P
LP-RV200P


LP-M/MAシリーズ
LP-M500, M500-S,
LP-M505, M505-S,
LP-M200, M200-S,
LP-M205, M205-S,
LP-MA05, MA05-S,
LP-MA06, MA06-S
PU-CMR1 2次元コードリーダ(LPABR11)用
取付アタッチメント
-位置調整機能付-
39,000

・レーザーマーカーアタッチメントへの取付ネジ
極低頭六角穴付ボルト(CBSS5-8)2本
・2次元コードリーダ取付ネジ
六角穴付き皿ボルト(FB4-10)2本

PU-SJNZ1 集塵ノズル(小)
W=120
P=160~208
9,500

・レーザーマーカーアタッチメントへの取付ネジ
六角ボルト(RSCB5-20)2本
厚型ローレットノブ(NKMAB5-8)2本

PU-SJNZ2 集塵ノズル(大)
W=200
P=160~208
10,500
PU-SJNZ3 集塵ノズル(小)
W=120
P=183~238
10,000
PU-SJNZ4 集塵ノズル(大)
W=200
P=183~238
11,000

※レーザーマーカー本体に直接固定出来ません。ミスミ製レーザーマーカー取付用アタッチメントへ固定可能です。

レーザーマーカーアタッチメント取付手順

■オプション品

LP-RF/RVシリーズ・LP-M/MAシリーズ

■ 1. 位置決めピンの圧入 ⇒位置決めピンを使用しない場合は、手順2へ進みます。

  1. 1-1 手動ユニット本体を水平に置きます。
  2. 1-2 位置決めピン(φ6)※を圧入します。
  3. ※組立補助用位置決めピン オプション(LP)を選択した場合のみ適用

■ 2. 背面イケールの取付 ⇒背面イケールを使用しない場合は、手順3へ進みます。

  1. 2-1 背面イケールを水平な設置面に置き、六角穴付ボルト(M10別売)で締付けます。
    ※設置面はお客様にてご準備ください。

■ 3. 手動ユニット本体の取付

  1. 3-1 背面イケールに手動ユニット本体の背面をあて、六角穴付ボルト(CB6-15)で締付けます。
    背面イケールを使用しない場合は、垂直な設置面に手動ユニット本体の背面をあて、六角穴付ボルト(M6別売)で締付けます。

■ 4. レーザーマーカー取付用アタッチメントの取付

LP-RF/RV シリーズ用

LP-M/MA シリーズ用

  1. 4-1 スライドテーブル2をサイドプレートにあたるまで下げます。
  2. 4-2 スライドテーブル1をスライドテーブル2との間隔が約35mmになる位置に調整します。
  3. 4-3 レーザーマーカー取付用アタッチメントを設置面上に置きます。
  4. 4-4 ハンドルでスライドテーブル1の高さを調整しながら、レーザーマーカー取付用アタッチメントを取り付けます。
    位置決めピン(φ6)※を利用する場合は、誘い込みながら取付けます。
  5. 4-5 六角穴付ボルト(CB6-16)で締付けます。
  6. ※組立補助用位置決めピン オプション(LP)を選択した場合のみ適用

■ 5. レーザーマーカーの取付

LP-RF/RV シリーズ用

LP-M/MA シリーズ用

  1. 5-1 レーザーマーカー取付用アタッチメントを適切な高さまで上昇させ、サイドクランプで固定します。
  2. 5-2 位置決めピン(φ3.85)※をレーザーマーカー取付用アタッチメントに取付けます。
  3. 5-3 レーザーマーカーをレーザーマーカー取付用アタッチメントに載せます。
  4. 位置決めピン(φ3.85)※を利用する場合は、誘い込みながら取付けます。
  5. 5-4 六角穴付ボルト(CB6-10)で締付けます。
  6. ※組立補助用位置決めピン オプション(LP)を選択した場合のみ適用
  1. ■注意事項
  2. レーザーマーカー取付時はレーザ出射口に傷をつけないようにご注意ください。
  3. レーザーマーカー本体の仕様、取り扱い方法、マーキング品質、レーザーに関する安全衛生に関してはレーザーマーカー販売元の取扱説明書(仕様書、マニュアル等)をご確認ください。

LP-400シリーズ(水平)

■ 1. スライドテーブル用位置決めピンの圧入

  1. 1-1 手動ユニット本体を水平に置きます。
  2. 1-2 ④位置決めピンを圧入します。

■ 2. スライドテーブル取付用アタッチメント用リブの取付

  1. 2-1 スライドテーブル取付用アタッチメントの溝形状が上側になるように置きます。
  2. 2-2 スライドテーブル取付用アタッチメントへ⑫リブを溝の内側にあて、⑩六角穴付きボルトで締め付けます。
  3. ※レーザーマーカーヘッドの向きにてリブの取付位置が異なるため、取付位置をご確認下さい。

■ 3. スライドテーブル取付用アタッチメント用位置決めピンの取付

  1. 3-1 スライドテーブル取付用アタッチメントの溝形状が下側になるように置きます。
  2. 3-2 ②③位置決めピンを取付けます。
  3. ※レーザーマーカーヘッドの向きと左右にて位置決めピンの径が異なるため、取付位置をご確認下さい。

■ 4. スライドテーブル取付用アタッチメントユニットの取付

  1. 4-1 手動ユニット本体を水平に置きます。
  2. 4-2 スライドテーブル取付用アタッチメントを位置決めピンに誘い込みながら手動ユニット本体に載せます。
  3. 4-3 ⑧六角穴付きボルトで締め付けます。

■ 5. レーザーマーカー用位置決めピン、アングル取手、片持ち取手の取付

  1. 5-1 レーザーマーカー取付用アタッチメントのザグリ面が下側になるよう水平に置きます。
  2. 5-2 レーザーマーカー取付用アタッチメントへ①位置決めピンを取付けます。
  3. 5-3 ⑤アングル取手を⑦六角穴付きボルトで締め付けます。
  4. 5-4 ⑥片持ち取手を⑨六角穴付ボルトで締め付けます。
  5. 5-5 片持ち取手用キャップを片持ち取手に取付けます。
  6. ※六角穴付きボルトを締付けた後、アングル取手と片持ち取手がレーザーマーカー取付用アタッチメントにしっかりと固定されている事をご確認下さい。

■ 6. レーザーマーカーの取付

  1. 6-1 レーザーマーカー取付ねじ穴が天井側に向くよう柔らかく平らな場所へ置きます。
  2. 6-2 レーザーマーカー取付用アタッチメントを位置決めピンに誘い込みながらレーザーマーカーに載せます。
  3. 6-3 ⑪低頭六角穴付きボルトで締め付けます。

■ 7. 背面イケールの取付

  1. ※背面イケールを使用しない場合は、手順3へ進みます。
  2. 7-1 背面イケールを水平な設置面に置き、六角穴付ボルト(M10別売)で締付けます。
  3. ※設置面はお客様にてご準備ください。

■ 8. 手動ユニット本体の取付

  1. 8-1 背面イケールに手動ユニット本体の背面をあて、六角穴付ボルト(CB6-15)で締付けます。
  2. 背面イケールを使用しない場合は、垂直な設置面に手動ユニット本体の背面をあて、六角穴付ボルト(M6別売)で締付けます。

■ 9. レーザーマーカー取付用アタッチメントユニットの取付

  1. 9-1 手動ユニットのスライドテーブルを任意の位置まで移動し、サイドクランプで固定します。
  2. 9-2 アングル取手と片持ち取手を2人で持ち、レーザーマーカー取付用アタッチメントユニットを位置決めピンに誘い込む際には、レーザーマーカー取付アタッチメントの底面をテーブル下側にある⑫リブに載せることで、誘い込みが容易になります。
  3. ※位置決めピンに誘い込む際は、強い衝撃を与えないで下さい。
  4. 9-3 ⑦六角穴付きボルトで締め付けます。
  1. ■注意事項
  2. レーザーマーカー取付時はレーザ出射口に傷をつけないようにご注意ください。
  3. レーザーマーカー本体の仕様、取り扱い方法、マーキング品質、レーザーに関する安全衛生に関してはレーザーマーカー販売元の取扱説明書(仕様書、マニュアル等)をご確認ください。

LP-400シリーズ(水平)

■ 1. スライドテーブル用位置決めピンの取付

  1. 1-1 手動ユニット本体を水平に置きます。
  2. 1-2 位置決めピン(φ6、φ8)を取付けます。
  3. ※左右にて位置決めピンの径が異なるため、取付位置をご確認下さい。

■ 2. レーザーマーカー用位置決めピン、アングル取手、片持ち取手の取付

  1. 2-1 レーザーマーカー取付用アタッチメントのザグリ面が下側になるよう水平に置きます。
  2. 2-2 レーザーマーカー取付用アタッチメントへ位置決めピン(φ7.8)を取付けます。
  3. 2-3 アングル取手を六角穴付きボルト(CB6-16)で締め付けます。
  4. 2-4 片持ち取手を六角穴付ボルト(CB6-10)で締め付けます。
  5. 2-5 片持ち取手用キャップを片持ち取手に取付けます。
  6. ※六角穴付きボルトを締付けた後、アングル取手と片持ち取手がレーザーマーカー取付用アタッチメントにしっかりと固定されている事をご確認下さい。

■ 3. レーザーマーカーの取付

  1. 3-1 レーザーマーカー取付ねじ穴が天井側に向くよう柔らかく平らな場所へ置きます。
  2. 3-2 レーザーマーカー取付用アタッチメントを位置決めピンに誘い込みながらレーザーマーカーに載せます。
  3. 3-3 低頭六角穴付きボルト(CBS6-16)で締め付けます。

■ 4. 手動ユニット本体の取付

  1. 4-1 取付方法は、フレーム背面全体を水平な平面に置き、六角穴付きボルト(M6別売)で締付けます。
  2. ※設置面はお客様にてご準備下さい。

■ 5. レーザーマーカー取付用アタッチメントユニットの取付

  1. 5-1 手動ユニットのスライドテーブルを任意の位置まで移動し、サイドクランプで固定します。
  2. 5-2 アングル取手と片持ち取手を2人で持ち、レーザーマーカー取付用アタッチメントユニットを位置決めピンに誘い込みながら手動ユニットに取付けます。
    ※位置決めピンに誘い込む際は、強い衝撃を与えないで下さい。
  3. 5-3 六角穴付きボルト(CB6-16)で締め付けます。
  1. ■注意事項
  2. レーザーマーカー取付時はレーザ出射口に傷をつけないようにご注意ください。
  3. レーザーマーカー本体の仕様、取り扱い方法、マーキング品質、レーザーに関する安全衛生に関してはレーザーマーカー販売元の取扱説明書(仕様書、マニュアル等)をご確認ください。

LP-400シリーズ(垂直)

■ 1. スライドテーブル用位置決めピンの取付

  1. 1-1 手動ユニット本体を水平に置きます。
  2. 1-2 位置決めピン(φ6、φ8)を取付けます。
  3. ※左右にて位置決めピンの径が異なるため、取付位置をご確認下さい。

■ 2. レーザーマーカー用位置決めピン、アングル取手、片持ち取手の取付

  1. 2-1 レーザーマーカー取付用アタッチメントのザグリ面が下側になるよう水平に置きます。
  2. 2-2 レーザーマーカー取付用アタッチメントへ位置決めピン(φ7.8)を取付けます。
  3. 2-3 アングル取手を六角穴付きボルト(CB6-16)で締め付けます。
  4. 2-4 片持ち取手を六角穴付ボルト(CB6-10)で締め付けます。
  5. 2-5 片持ち取手用キャップを片持ち取手に取付けます。
  6. ※六角穴付きボルトを締付けた後、アングル取手と片持ち取手がレーザーマーカー取付用アタッチメントにしっかりと固定されている事をご確認下さい。

■ 3. レーザーマーカーの取付

  1. 3-1 レーザーマーカー取付ねじ穴が天井側に向くよう柔らかく平らな場所へ置きます。
  2. 3-2 レーザーマーカー取付用アタッチメントを位置決めピンに誘い込みながらレーザーマーカーに載せます。
  3. 3-3 低頭六角穴付きボルト(CBS6-16)で締め付けます。

■ 4. 手動ユニット本体の取付

  1. 4-1 取付方法は、フレーム背面全体を垂直な平面に置き、六角穴付きボルト(M6別売)で締付けます。
  2. ※設置面はお客様にてご準備下さい。

■ 5. レーザーマーカー取付用アタッチメントユニットの取付

  1. 5-1 手動ユニットのスライドテーブルを任意の位置まで移動し、サイドクランプで固定します。
  2. 5-2 アングル取手と片持ち取手を2人で持ち、レーザーマーカー取付用アタッチメントユニットを位置決めピンに誘い込みながら手動ユニットに取付けます。
    ※位置決めピンに誘い込む際は、強い衝撃を与えないで下さい。
  3. 5-3 六角穴付きボルト(CB6-16)で締め付けます。
  1. ■注意事項
  2. レーザーマーカー取付時はレーザ出射口に傷をつけないようにご注意ください。
  3. レーザーマーカー本体の仕様、取り扱い方法、マーキング品質、レーザーに関する安全衛生に関してはレーザーマーカー販売元の取扱説明書(仕様書、マニュアル等)をご確認ください。

集塵ノズル取付手順

1. 事前作業

  1. 1-1 レーザーマーカーを組付ける前に六角ボルト(RSCB5-20)を位置調整用の長穴に差し込みます。(図1参照)
  2. 1-2 レーザーマーカーを組み付けます。(「レーザーマーカー取付用アタッチメント組付手順書」の「5.レーザーマーカーの取付」を参照)

2. 集塵ノズルの取付

  1. 2-1 集塵ノズルを六角ボルト(RSCB5-20)に誘い込みながらレーザーマーカー取付用アタッチメントに取付けて、厚型ローレットノブ(NKMAB5-8)で締付けます。(図1参照)

3. 集塵ノズルの調整方法

  1. 3-1 上昇・下降の場合 :2箇所の厚型ローレットノブ(小)を緩めて集塵ノズルの位置を調整します。(図2参照)
  2. 3-2 前進・後退の場合 :2箇所の厚型ローレットノブ(NKMAB5-8)を緩めて集塵ノズルの位置を調整します。(図3参照)
  3. 3-3 旋回の場合 :2箇所の厚型ローレットノブ(NKMAB5-8)を緩めて集塵ノズルの位置を調整します。(図3参照)

※位置調整時にレーザーマーカー本体を取り外す必要はありません。(図4参照)

パナソニック 2次元コードリーダ LPABR11 専用アタッチメント取付手順

1. 2次元コードリーダの取付(図1参照)

  1. 1-1 プレートを2次元コードリーダに取付けて、六角穴付皿ボルト(FB4-10)で締付けます。

2. 2次元コードリーダ取付アタッチメント(機構部)の取付(図2参照)

  1. 2-1 2次元コードリーダ取付アタッチメント(機構部)をプレートに取付けて、極低頭六角穴付ボルト(CBSS5-8)で締付けます。

3. 位置調整機構部品の取付(図3参照)

  1. 3-1 スライドプレートをブロックに取付けて、極低頭六角穴付ボルト(CBSS5-8)で締付けます。
  2. 3-2 2次元コードリーダ取付アタッチメント(中間部)をブロックに取付けて、極低頭六角穴付ボルト(CBSS5-8)で締付けます。

4. 2次元コードリーダ取付アタッチメントの取付(図4参照)

  1. 4-1 2次元コードリーダ取付アタッチメントをレーザーマーカー取付用アタッチメントに取付けて、金属ワッシャ(※1)、極低頭六角穴付ボルト(CBSS5-8)の順で締付けます。

全般

Q1パラメトリックユニットとは何ですか?
A1Web上で寸法やオプションを選択するだけでユニットのCADデータと型番を生成し、そのままお見積り・ご注文できるサービスです。
Q2どうしたら利用できますか?
A2お見積り(カートへ追加)、CADデータダウンロードを行う場合、ミスミのWebサービス用アカウント(WOS IDの見積権限または購買権限)が必要となります。
新規アカウントの取得(無料)または権限付与については こちら をご参照ください。
Q3オプションを選択してもトップに表示される画像が変更されません。
A3トップの画像に反映されるのは、フレーム長さ、ハンドル種類、ハンドル方向指定、クランプ追加、ポジション・インジケータ追加のみです。
その他の選択されたオプションは、オプション欄に表示されます。
すべてのオプションを組付けたモデルは、3Dプレビューもしくは3DCADのダウンロードにて形状をご確認ください。
Q43Dプレビューとは何ですか?
A43DCADデータをダウンロードすること無く、Web画面上で形状を確認できる機能です。
Q53Dプレビューにはどれくらいの時間が必要ですか?
A5お客さまの通信環境、弊社サイトへのアクセス状況に依存しますが、通常は約2分程度で表示されます。
Q63Dプレビューボタンが見つかりません。どこにありますか?
A63Dプレビューの対応ブラウザ(Internet Explorer11、Google Chrome、FireFox4,5)以外はボタンを非表示に設定しております。
対応ブラウザの場合、ユニット型番生成ボタン押下後に表示されます。
Q7型番専用カタログとは何ですか?
A7お客さまの選定された商品の仕様・図面をまとめたPDFファイルです。
Q8再注文は可能ですか?
A8はい、可能です。WOS(Web Order System)で同じ型番を入力ください。
Q9Webカタログ、紙カタログに掲載されている手動ユニット(KUE、KULなど)とは異なる商品ですか?
A9既存の手動ユニットから規格を大幅拡張した新商品になります。
Q10Webカタログ、紙カタログに掲載されている手動ユニット(KUE、KULなど)とは異なる点を教えてください。
A10より多くのオプションが選べること以外に、
・アルミフレーム断面形状
・ハンドル軸の長さ、台形ねじ支持方法、ベアリングホルダ外形、ギアボックス外形
が異なります。詳しくはCAD図面もしくは型番専用カタログでご確認ください。
Q11許容荷重とは何ですか?
A11負荷を掛けた状態で移動させることができる荷重です。
水平方向利用時はテーブル中央、垂直方向利用時は昇降テーブル先端に負荷を掛けた場合を想定しております。
Q12組み立てられた状態で配送されますか?
A12一部の大型ハンドル、オプションについてはお客さまにて取り付けになります。
Q13RoHS対応していますか?
A13非対応でございます。
Q14緊急出荷サービス(ストーク)には対応していますか?
A14申し訳ございませんが緊急出荷サービス(ストーク)には対応しておりません。
Q15保証期間はありますか
A15ミスミの他の商品と同じ規約になります。
規約 https://jp.misumi-ec.com/contents/terms/

日目 数量を入力してください。 数量は1以上の整数を入力してください。 商品を選択して下さい。 システムエラーが発生しました。 ユニット型番 カート追加 Webパラメトリックス アドオンソフト ejpnja https://api.jp.misumi-ec.com 1