(!)Windows7 は、2020年1月14日のマイクロソフト社サポート終了に伴い、当サイト推奨環境の対象外とさせていただきます。

玉軸受(8ページ目)

玉軸受とはボールベアリングとも呼ばれ、機械本体に取り付けられた回転軸の摩擦抵抗を軽減するために用いられる部品です。摩擦を軽減することで機械の効率を高くする、寿命を長くする、焼き付けを防止し、故障を防ぐことができます。ボール(転動体)、内輪、外輪、保持器(転動体が正しく回るようにするもの)によって構成され電動工具などに利用されているモーターなど回転軸を必要とした多くの機械に利用されています。玉軸受の種類には、単列、複列の組合せによりラジアル荷重、アキシアル荷重を負荷できるアンギュラ玉軸受け(アンギュラベアリング)、回転する物体の軸方向に働く力を受け止めるスラスト玉軸受け(スラストベアリング)、軸受けの内輪と外輪に傾きを生じる場合に使用される自動調心玉軸受があります。材質、サイズ、基本定格荷重、許容回転数以外にもシールド、グリース、外輪タイプなど幅広い種類があり使用用途に合わせた玉軸受けを選ぶ必要があります。
表示件数
30件
45件
60件
並び替え

Loading...

軌道輪形状
内外輪材質
シールド素材・形状
外輪タイプ
精度(JIS)
その他の項目を見る
内径 d(φ)
外径 D(φ)
幅 B(mm)
メーカー
通常出荷日
通常価格
(税別)
その他の項目を閉じる

このカテゴリに関連するミスミ ユニット事例

玉軸受に関連するカテゴリ

玉軸受に関連する通販・販売特集