(!)Windows7 は、2020年1月14日のマイクロソフト社サポート終了に伴い、当サイト推奨環境の対象外とさせていただきます。

ダイヤルゲージ

ダイヤルゲージとは、微小な長さや変位を精密に図ることができる計測器です。他の計測器のように直接数値を測るのではなく、基準との差を計測したり、平行出しをしたりするのに使用されます。ダイヤルゲージには標準型、てこ式などがあり、標準型はスピンドルの直線運動を歯車、てこと歯車によって回転運動に変え、機械的に拡大して変位を目盛で表示します。変化の大きなものを見るときに適しています。てこ式は、セクター歯車と冠歯車によって拡大したものです。標準型よりも高い分解能をもっていますが、変化分がてこの回転運動になるので、変動が大きいと実際の数字より小さく表示されることがあります。標準型ダイヤルゲージは1目盛が0.01mmですが、中には1目盛が0.001mmといった特殊なダイヤルゲージもあります。また、目盛で読み取るアナログ式のほかデジタル式もあります。