(!)Windows7 は、2020年1月14日のマイクロソフト社サポート終了に伴い、当サイト推奨環境の対象外とさせていただきます。

機器対応ケーブル

機器対応ケーブルとは、光や通信を通すことを目的とした電線の1つで、コンピュータとディスプレイなどの機器同士の接続に用いられるものです。一般的に広く知られている用途は、画像の伝送や既存ケーブルの延長です。構造や素材は環境や用途によって異なり、伝送品質や耐久性に違いが見られます。導体をナイロンなどの絶縁体で覆い、両端にコネクタを付けた構造です。細かい構造や素材は環境や用途によって異なり、伝送品質や耐久性に違いが見られます。ケーブルの両端には、モータや電磁弁、画像やセンサの伝送に対応したコネクタや差し込み口が付いています。防水加工されたものや、固定用・耐屈曲の耐油仕様になったものなどがあるので使用環境に合わせて選ぶ必要があります。