(!)Windows7 は、2020年1月14日のマイクロソフト社サポート終了に伴い、当サイト推奨環境の対象外とさせていただきます。

インターフェイス端子台(丸・Y端子式)(3ページ目)

インターフェイス端子台(丸・Y端子式)とは、コネクタと小型の基板用端子台を組み合わせた配線接続用の部品です。主にPLCなどを接続し、制御盤の小型化に使用します。圧着端子は基本の丸型と、ネジをゆるめるだけで取り外せるY型があり、コネクタの種類はMIL・FCN・MR・セントロニクスなどに分かれています。端子台のネジはM3とM3.5などがあります。取り付け方法は直付けのほか、DINレール上に取り付ける方法から選択可能です。端子間ピッチや対応機器、代表規格は製品によって異なるため、用途に応じて適切なインターフェイス端子台(丸・Y端子式)を選ぶ必要があります。ネジをゆるめた状態でキープできるサポートスクリュータイプの製品や、記名板の選択が可能な製品もあります。
表示件数
30件
45件
60件
並び替え
出荷日
  • すべて
  • 当日出荷可能
  • 2日以内
  • 3日以内
  • 5日以内
  • 6日以内
  • 7日以内
  • 11日以内
  • 21日以内
  • 26日以内
  • 30日以内

Loading...

インターフェイス端子台(丸・Y端子式)に関連するカテゴリ

インターフェイス端子台(丸・Y端子式)に関連する通販・販売特集