(!)Windows7 は、2020年1月14日のマイクロソフト社サポート終了に伴い、当サイト推奨環境の対象外とさせていただきます。

プログラマブルロジック

プログラマブルロジックとは、制御基板などで必要な論理回路や配線をユーザーがプログラムで変更可能な電子部品です。プログラマブルロジックは、製品市場投入の短縮化と開発コストの低減が可能なためあらゆる電子機器の設計に適しています。プログラマブルロジックの種類は、PLDとCPLDそしてFPGAがあります。CPLDは、PLDよりも多数のゲートと複数の論理ブロックを持つ構造です。FPGAは、CPLDよりもさらに大規模な論理回路の構成が可能です。さらに論理回路を内部メモリにデータとして持つ構造のため製品出荷後の回路変更も可能です。実装タイプは、PLDとCPLDは、スルーホール実装と表面実装があり、FPGAは、表面実装です。