面取り・バリ取り工具 裏座ぐりバーセット

面取り・バリ取り工具 裏座ぐりバーセット

画像をクリックして拡大イメージを表示する

画像にマウスを合わせてイメージを拡大する

  • RC1000
  • RC2000
  • RC2200
  • 数量スライド割引
通常単価:
3,311円~
通常出荷日:
在庫品1日目  当日出荷可能18:00まで受付

小径から大径までの穴に対応する裏座繰りバーセット。
【特長】
・ドリル穴の裏側及び表側をバリ取りする精密な工具(RC1000)。
・面取り作業は工具を指でつまみ、ドリル穴に引っ張り(押しつけ)ながら、左右に回転させて行う。
・3~5.5mm穴用。R1ブレード付。
・バリ取り穴径5~10mm用の標準サイズ。R2ブレード付(RC2000)。
・バリ取り穴径10~22mm用のジャンボサイズ。R3ブレード付(RC2200)。
【用途】
・面取り・バリ取りに最適。

型番

3 の型番候補があります候補を表示

裏座ぐりバー

商品外観

商品外観

使用イメージ

使用イメージ

【RC1000】

  • ドリル穴の裏側及び表側をバリ取りする精密な工具。
  • 面取り作業は工具を指でつまみ、ドリル穴に引っ張り(押しつけ)ながら、左右に回転させて行う。
  • 3~5.5㎜穴用。
  • R1ブレード付。

【RC2000】

  • バリ取り穴径5~10㎜用の標準サイズ。
  • R2ブレード付。

【RC2200】

  • バリ取り穴径10~22㎜用のジャンボサイズ。
  • R3ブレード付。

R1、R2、R3ブレード

名称型番使用範囲(mm)刃先角度重量(g)適用
R1BR10103~5.590°5 
BR10014取りつけねじ付
ヘックスキーRC0100A1R1用
取りつけねじRC00041R1用
R2BR20105~1090°7 
BR20014取りつけねじ付
ヘックスキーRC0200A1R2、R3用
取りつけねじRC00141R2用
R3BR300110~2290°6取りつけねじ付
取りつけねじRC00481R3用

使用動画

使用動画
型番
RC1000
RC2000
RC2200
型番通常単価最小発注数量スライド値引通常
出荷日
名称 適応ブレード トラスココード 裏座ぐり径 被削材詳細

3,311円

1個あり

在庫品1日目

当日出荷可能

ミニ裏座ぐりバーR1111-30463~5.5鉄・アルミ

3,311円

1個あり

在庫品1日目

当日出荷可能

裏座ぐりバーR2111-31785~10鉄・アルミ

3,988円

1個あり

在庫品1日目

当日出荷可能

ジャンボ裏座ぐりバーR3208-798710~22鉄・アルミ

Loading...

  1. 1

商品担当おすすめ

バリ取りブレード(裏座繰りバー) 画像

バリ取りブレード(裏座繰りバー)

ノガ・ウォーターズ

小径から大径までの穴に対応する裏座繰りバーセットです。

面取り・バリ取り工具 ハンドル・ホルダー 画像

面取り・バリ取り工具 ハンドル・ホルダー

ノガ・ウォーターズ

面取り・バリ取り工具用のハンドルとホルダです。

面取りドライバー 画像

面取りドライバー

ミスミ

鉄、アルミなどの面取り加工に最適です。コスト重視の方にお勧めの商品です。

基本情報

商品タイプ 手動 商品内容 セット 被削材 鉄鋼・アルミ

面取り・バリ取り工具 裏座ぐりバーセットのレビュー

評価 3.5 平均 3.5 (2件のレビュー) レビューを書く
  • 評価 4.04.00人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    商品名の通り、裏ザグリ用に購入したが、表からのザグリにも使用できる。裏からのザグリにはコレしかない、とも思えてしまうが、引っかかりやすさ、穴径に合わせて幾つも揃えなければならない点、長く使っていると三角の刃物を押さえる部分がダメになるところに注意が必要だろう

    このレビューは参考になりましたか?  参考になった ご意見ありがとうございました。

  • アルミ板の加工穴端部のバリ取り2019/02/10
    評価 3.03.02人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    長時間バリ取りをしていると誤ってアルミ板に傷をつけてしまうことがしょっちゅうあるので本工具を試してみました。
    穴に差し込んで反対側のバリが取れるのは良いアイデアだと思います。
    ただ、刃を出し入れする機構の構造の関係で持ち手の径が太くできないためあまりトルクが出ません。何個も穴のバリをとっているとすぐに手が疲れてしまいます。
    刃の切れ味もそれほど良くないのでA5052 t=0.8の例でいえば10回くらい板にテンションをかけながらクルクル回す感じです。
    この「テンションをかける」というのが手が疲れる原因の1つです。テンションをかけないとなかなかバリが引っかかりません。
    あとは差し込んだあと刃が正しい角度に戻らない確率が10%くらいあります。
    (直角方向にでなかったり、逆の方向になったり)
    その場合は手動で角度を調整するのですが、これが結構面倒くさいです。

    結局リューターを買いました。

    穴の数が少しで、リューターを出すのが面倒くさい時には良いと思います。
    この商品の改善ポイントはトルク比の改善、刃の切れ味向上、刃の位置決め精度改善、となります。開発者の方、ぜひ頑張ってください。

    このレビューは参考になりましたか?  参考になった ご意見ありがとうございました。

このカテゴリにはこんな商品もあります!

よく一緒に購入されている商品

この商品を見た人は、こんな商品も見ています

技術サポート窓口

ツール用品技術窓口
Tel:0120-343-607
受付時間:8:00~20:00(日曜日・年末年始は除く)

チャットでのご相談も受け付けております。

受付時間: 平日 9:00~18:00(土曜日・日曜日・祝日は除く)