吸着パッド特集 ワークや搬送環境のお悩みに応じてご提案

ページガイド

吸着パッド選定のお悩みに応じて商品をご提案いたします。

吸着パッドの選定方法

<パッド径の求め方> ※このパッド径の求め方はミスミが提案する参考情報です ① まず”おおよそ”のパッド径を算出する為に、ワークの質量を元に必要な吸着力(N)を算出します

参考: 吸着力計算式 概算吸着力(N) = ワーク質量(kg) x 9.8 x 1.2~1.3

※ワークの面積が大きく、1つでは吸着時のバランスが悪い事が想定される場合は、吸着パッドを複数使う事も検討してください
※ワークが柔らかい・吸着面に凹凸がある場合などは、概算吸着力は多めに想定します

② 次に吊り上げ方法別の下記のグラフを利用し、概算で求めた吸着力(N)と真空度(kPa)からパッド径を選定します

<ワークに最適なパッドの材質・形状の選定> ③ ②のパッド径を元に下記一覧から、今回のワークに適した吸着パッドを選定します こちらは、MISUMI-VONA e-Catalogで取扱いのある吸着パッド(ピスコ製)の一覧です

タイプ/名称 パッド形状 パッドサイズ
(mm)
ワーク パッド材質 見積
スタン
ダード
標準 標準 Φ1~Φ200
(18種類)

平らなワークに最適

ニトリル・シリコーン・ウレタン
フッ素・静電気拡散性
導電性低抵抗タイプ
食品衛生法適法NBR

見積はこちら

深形 深形 Φ15~Φ100
(9種類)

球状ワークに最適

ニトリル・シリコーン・ウレタン
フッ素・食品衛生法適法NBR

見積はこちら

小形 小形 Φ0.7~Φ4
(6種類)

半導体部品に最適

ニトリル・シリコーン・ウレタン
フッ素・静電気拡散性
導電性低抵抗タイプ
食品衛生法適法NBR

見積はこちら

特殊
タイプ
ベローズ ベローズ Φ10~Φ80
(6種類)

レトルトパックや食料品などが入った袋に最適
(スプリング式ホルダを取付できない場合
ワークの吸着面が傾いている場合にも使用)

ニトリル・シリコーン
静電気拡散性

見積はこちら

多段
ベローズ
多段ベローズ Φ10~Φ50
(5種類)
ニトリル・シリコーン
食品衛生法適法NBR

見積はこちら

長円形 長円形 4×20~8×30
(11種類)

基板、丸棒、半導体部品のような長いワークに最適
(丸棒のように、
小さいパッドを複数個使用するワークにも対応)

ニトリル・シリコーン
導電性低抵抗タイプ

見積はこちら

ソフト ソフト Φ4~Φ40
(8種類)

成形品の取出しや傷つきやすいワークに最適
(パッドが柔軟性に優れ、紙などを吸着できます)

ニトリル・シリコーン
フロロシリコーン
静電気拡散性

見積はこちら

ソフト
ベローズ
ソフトベローズ Φ6~Φ20
(5種類)
ニトリル・シリコーン

見積はこちら

スポンジ スポンジ Φ10~Φ100
(9種類)

建物の外壁や表面に凹凸のあるワークに最適

クロロプレン(スポンジ)

見積はこちら

滑り止め 滑り止め Φ10~Φ50
(5種類)

プレス部品などの油が付着したワークに最適
(ワークの滑りを防止)

耐油NBR

見積はこちら

薄物用 薄物用 Φ8~Φ20
(4種類)

コピー紙やビニールなどの薄物ワークに最適
(通気性のあるワークに使用可能)

ニトリル・フロロシリコーン

見積はこちら

吸着痕
防止
吸着痕防止 Φ10~Φ30
(3種類)

液晶ガラス・塗装工程半導体製造設備などに最適
(吸着部が樹脂製でワークへの順応性に優れている)

PEEK・POM
導電性PEEK

見積はこちら

<理論値での確認> ④ 次に選定した吸着パッドが、理論値でも合っているかを確認するため、選定した吸着パッドの面積などを用いて下記計算式で確認します

W:吸着力(N)=C×P/101×10.13×f 【C:パッド面積(cm2) P:真空度(-kPa) f:安全率(水平吊り上げ時:1/4以上 垂直吊り上げ時:1/8以上)】

⑤ 最後に、吸着力(N)を元にパッド径を下記計算式で確認し、②で選定したパッド径と相違がないか確認します

D:パッド径(mm)=√4/3.14×1/P×W/n×1/f×1000 【n: ワークに対するパッド数量】

吸着パッド選定方法をダウンロード

吸着テスト・サンプル依頼

お客様からパッド選定でこのような声をお聞きします

「理論上(計算)は合っているはずなのに、うまく吸着できない」「パッドを購入する前に吸着テストをしてみたい」「今回初めて吸着機構を設計するので、周辺部品も含めて相談したい」吸着パッドサンプル(ピスコ製)をお持ちして、パッド選定のアドバイスをいたします下記までお気軽にご相談ください

メカニカル部品技術窓口

Tel 0120-343-603

営業時間:8:00~20:00(日曜日・年末年始は除く)

Fax 03-5805-7292

参考情報 吸着パッド周辺のお悩み

※参考情報にはピスコ以外の製品も含まれます

ゴミ詰まりで吸着力が低下して困っている

フィルタ
ゴミ詰まり対策に最適な真空用フィルタを流量順にご紹介
商品名 推奨流量 ろ過精度 商品
小型ユニオン VFU0.1 0.5~15 ℓ/min 10μm
ソケットタイプ VFJ 2~50 ℓ/min 10μm
インライン FSL 10~60 ℓ/min 10μm
ユニオン VFU2.3 5~150 ℓ/min 10μm
大容量フィルタ VFB 20~200 ℓ/min 10μm
大容量フィルタ VFR 20~400 ℓ/min 10μm
大容量フィルタ VFA 60~400 ℓ/min 40μm/5μm

吸着工程をできる限り省スペース化したい

ホルダ
従来品より小型化したホルダをご紹介
吸着パッド 小型タイプ VPMA 最小18mmのホルダで省スペースにも対応

真空発生器(エジェクタ)の数を減らしたい

オプション
真空発生器(エジェクタ)の数を削減できるオプションをご紹介
真空発生器(エジェクタ)1個で複数の吸着パッドの使用が可能
複数個のパッドのうち1つに吸着ミス(落下)があっても、
他は影響されず落下しない「落下防止弁付きバルブ」
→技術情報はこちら

ワーク面が平面でないため吸着がしづらい

オプション
ワークの角度が不安定な場合に使用できる首振りホルダのご紹介
パッドとホルダの間に取付けるだけで、
0~30°と0~15°の範囲で首振りが可能

ゴミ詰まりで吸着力が低下する

オプション
パッド直付けタイプの真空用フィルタをご紹介
パッドとホルダの間に直接取り付けでワーク吸着時のゴミを除去

※MISUMI-VONA e-Catalogをお使いいただければ、型番ミスもなく簡単にお見積が可能です

吸着搬送をもっと早くソフトにしたい

カム機構によりショックレスに高速搬送(最大で3msec)が可能
カム機構により高速搬送(最大で4msec)が可能

参考情報 ワーク選定アドバイス

ワーク別の選定ポイント・アドバイスをまとめました。
選定時の個別のご質問、ご相談も承りますので、下記「申し込み」ボタンよりお気軽にお問合せください。

メカニカル部品技術窓口

Tel 0120-343-603

営業時間:8:00~20:00(日曜日・年末年始は除く)

Fax 03-5805-7292