MISUMI-VONAへのご意見をお聞かせください。

ご意見
お名前 (任意)
メールアドレス (任意)
電話番号 (任意)

お送りいただいたご意見に対する、個別の返答はいたしかねます。
回答をご希望のお客さまは、お問い合わせフォームをご利用ください。

個人情報・お客さま情報保護方針

ご協力ありがとうございました。

お送りいただいたご意見に対する、個別の返答はいたしかねます。
回答をご希望のお客さまは、お問い合わせフォームをご利用ください。

個人情報・お客さま情報保護方針

マグネットの特性

特長

ネオジム磁石

現在ある材質の中で磁力が最も強く、小さなサイズで大きな磁力を発揮できます。非常に錆びやすいのが欠点です。コバルト磁石とともに希土類磁石とも呼ばれています。

コバルト磁石

正式名称はサマリウムコバルト磁石といい、ネオジム磁石に次いで磁力が強い素材です。また、錆びにくく高温にも強いのが長所です。機械的強度は劣り、非常に割れやすいので取扱いに注意が必要です。

フェライト磁石

磁力は弱いですが、比較的保磁力が高いので減磁しにくい素材です。

機械的強度には劣り、割れやすいので取り扱いには注意が必要です。

アルニコ磁石

温度に対する優れた特性を持ち、機械的強度に優れています。

非常に減磁しやすいという欠点があります。

使用上の注意点

  • いずれの素材も割れやすいため、追加工できません。
  • 強い衝撃を与えると破損の恐れがあります。取り扱いにご注意ください。
  • 磁場により下記品物に悪影響を与える可能性があります。
     携帯電話、パソコン、時計などの電子機器
     ペースメーカーなど電子医療機器
  • 最高使用温度範囲外で使用すると磁力低下を起こす恐れがあります。
  • 磁石に強い衝撃を与えたり、加工を行なうと磁力低下を起こす可能性があります。
  • 衝撃が直接伝わらないよう、段差を0.1~0.3mm以上あけるようにしてください。

特性値

項目

単位

ネオジム磁石

耐熱ネオジム磁石

コバルト磁石

フェライト磁石

アルニコ磁石

残留磁束密度

T

1.26以上

1.23以上

1.03以上

0.385以上

1.25以上

保磁力bHC

KA/m

859以上

923以上

640以上

230以上

47.7以上

保磁力iHC

KA/m

955以上

1592以上

1190以上

235以上

47.7以上

最大エネルギー積

kJ/m3

260以上

287以上

140以上

27.9以上

38.2以上

密度

g/cm3

7.3~7.5

7.3~7.5

8.3

4.8~5.0

7.3~7.4

キュリー温度

310

340~400

710

450~460

850

ビッカーズ硬度

HV

500~600

500~600

600

480~580

650

※最高使用温度

80

150

200

300

400

記載の数値は代表値であり、保証値ではありません。

磁化方向

厚み方向

径方向

特性順位

耐熱温度比較

耐食性比較

湿潤試験 JIS K 5400 9.2.2. 項に準拠。但し、規格中の試験温度は50℃のところ70℃にて実施。
コバルト磁石の斑文様は水滴の跡です。

マグネットの特長

  • 荷重{kgf}=荷重N×0.101972
  • 磁石部は破損しますので追加工しないでください。
  • 磁石面に直接強い衝撃を与えると破損のおそれがあります。
  • ホルダ付マグネットは、吸着時の衝撃から磁石面を保護するために0.1~0.3mmの段差を設けています。
  • 磁石とホルダーは接着剤で固定しています。
    *「吸着力」は相手材SS400(板厚10mm研磨仕上面)を持ち上げる力を表します。
ヘルプ

当サイトのサービスは(学校・個人事業主様を含む)法人様専用となっております。

ミスミ進化中!