材質群 材質名称 特長
構造用鋼 SS400 機械工業系で使用される最も汎用的な材質。熱処理を施さず使用されることが一般的です。
SS400焼鈍材 SS400材を焼鈍処理した材料。焼鈍処理により、内部応力を軽減させています。加工時の反り対策にお奨めです。
炭素鋼 S50C 炭素C0.47~0.53%の炭素鋼。SS400と比べ、強度・硬度が高く、安定しています。
生材・焼入れ処理ともに一般的です。
S50C調質 調質とは「焼入れ・焼戻し」処理を指し、生材に比べ、安定した硬度が得られます。
納入硬度22~28HRC。
S55CN 炭素C0.52~0.58%の炭素鋼。ノルマ処理を施し、通常のS55C材に比べ、加工歪みを軽減させています。
クロム
モリブデン鋼
SCM440 クロム鋼に少量のモリブデンを添加した材質。焼き戻し軟化抵抗を増し、強靭性に優れます。
耐摩耗性にも優れ、摺動性を求められる部品として使用されます。
工具鋼・ダイス鋼・ハイス鋼とは? 焼入れ硬化性を持ち、一般的に加工後、焼入れ処理を施し、高硬度が必要な用途に使われます。
焼入れ後の加工は困難なため、ご納入時は、生材の状態となります。
特殊鋼

工具鋼
ダイス鋼
ハイス鋼
SKS93 靭性と耐摩耗性に優れている油焼入れ用炭素鋼。SK3相当の材質で、ミスミ取り扱いの特殊鋼中、最も安価な材質です。
焼入れ焼戻しにより58~63HRCの硬度が得られます。
SKS3 SKS93に比べ焼入性が良く、熱処理歪みが少ない材質。また球状化焼きなましにより切削性が良好です。
焼入れ焼戻しにより58~63HRCの硬度が得られます。
SKD11 熱処理歪みが非常に少なく、耐摩耗性に優れたダイス鋼。焼入性が大きく、空気焼入れ・真空焼入れが出来ます。
焼入れ焼戻しにより58~63HRCの硬度が得られます。
DC53 切削性・研削性に優れ、SKD11よりも靭性に優れたダイス鋼。
低温焼戻しでSKD11と同等、高温焼戻しで62HRCの高硬度が得られます。
SKD61 熱処理歪が小さく靭性に優れた汎用ダイカスト型用鋼。
焼入れ焼戻しにより50~53HRC程度の硬度が得られます。
SKH51 靭性と耐摩耗性を兼ね備えた高速度工具鋼。
焼入れ焼戻しにより58~60HRCの硬度が得られます。
プリハードン鋼とは? 中程度の焼入れ処理が施された材料で主に金型用鋼材として使われます。
熱処理不要により、熱処理コスト削減・納期短縮・焼入れ変形がないという特長があります。
プレス型
プリハードン鋼
GO40F 納入硬度36~40HRCのプレス型プリハードン鋼。
被削性が良好かつ残留応力の少ない特殊熱処理を施しているため、ワイヤ放電加工、切削加工時の加工歪みが僅少です。
ダイカスト型
プリハードン鋼
DH2F 納入硬度37~41HRCのSKD61改快削型プラスチック金型・ダイカスト金型用鋼。
被削性に優れ、耐ヒートチェック性、耐溶損性は良好です。
プラ型
プリハードン鋼
PX5 納入硬度30~33HRCの溶接性に優れたプラスチック金型用鋼。
被切削性、鏡面仕上り性ともに、30HRCタイプの中では最良レベル。その他、シボ加工性、放電加工性に優れます。
NAK55 納入硬度37~43HRCのプラスチック金型用鋼材。被削性が極めて良好(S53Cとほぼ同等で、SCM440より遙かに優れる)、
また優れた鏡面みがき性により光沢が得られます。その他、シボ加工性、溶接性に優れています。
NAK80 納入硬度37~43HRCの高鏡面・高性能プラスチック金型用鋼。
NAK55に対し、更に鏡面みがき性、放電加工肌、靭性が優れます。
HPM1 納入硬度37~41HRCの快削性高硬度精密プラスチック金型用鋼。
優れた被削性を示し、汎用型に最適です。
HPM38 納入硬度29~33HRCの耐食・鏡面仕上げ用精密プラスチック金型用鋼。鏡面みがき性が極めて優れ、SUS420J2以上の耐食性を有します。
また熱処理歪みが極めて小さく、精密型に最適です。焼入焼戻しにより50~55HRCが得られます。
G-STAR 硬さ33~37HRCの耐食プラスチック型用鋼(マルテンサイト系ステンレス鋼)。
焼入れ・焼戻しにより高硬度化48HRC(1030℃焼入れ)が得られます。 
S-STAR 納入硬度31~34HRC耐食プラスチック型用鋼(マルテンサイト系ステンレス鋼)。焼入れ・焼戻しにより53HRCが得られ、いずれも耐食性と鏡面性に優れています。その他、熱処理変寸極小(0.03%以内)、内質が均質健全、良好なシボ加工性、EDM性の特長があります。
STAVAX(H) 納入硬度27-35HRCのクローム合金ステンレスエ具鋼。
耐食性、鏡面みがき性、耐摩耗性、被削性に優れた材質です。
オーステナイト系
ステンレス鋼
SUS303 オーステナイト系に分類され、汎用的な材質です。SUS304と比べ、耐食性が劣りますが、切削性に優れます。
SUS303焼鈍材 SUS303に焼鈍処理を施し、内部応力を軽減しています。焼鈍処理により、若干耐食性が劣りますのでご注意ください。
SUS304 オーステナイト系に分類され最も汎用的な材質です。耐食性に優れており、汎用鋼種として広く用いられています。
SUS304焼鈍材 SUS304に焼鈍処理を施し、内部応力を軽減しています。焼鈍処理により、若干耐食性が劣りますのでご注意ください。
SUS316 SUS304にモリブデンを添加したステンレス鋼です。SUS304より耐食性、耐酸性に優れます。
SUS316L オーステナイト系に分類され、SUS316の極低炭素鋼です。耐食性・溶接性が必要な用途に使われます。
フェライト系
ステンレス鋼
SUS430 耐食性・耐熱性・加工性に優れたステンレス鋼です。焼入れ硬化性はありません。磁性を有します。
マルテンサイト系
ステンレス鋼
SUS440C 熱処理により高強度・高硬度が得られるステンレス鋼です。
耐摩耗性が大きく、ステンレス鋼の中では最高硬度を有します。磁性を有します。
アルミ合金 A5052P-H112 最も代表的な非熱処理合金で、耐食性・溶接性が良好です。
52ハイプレシジョン-H112
(A5052P精密圧延品)
ハイプレシジョン材とは、板厚精度を高め、加工歪みを軽減させた材料です。
A5083P 非熱処理合金の中で最高強度を持ち、耐食性・溶接性も良好です。
A2017P-T351 ジュラルミンとも呼ばれる非熱処理合金。耐食性、溶接性は劣りますが、強度・切削性に優れます。
A2024P A2017Pと比べ、強度が高く、切削性に優れます。
A6061P 強度と耐食性に優れた熱処理合金です。主に米国では汎用的に使われるアルミ合金です。
A6063S-T5 アルミ合金中、最も汎用的な押出材です。A6061に対し、強度が劣るものの、耐食性と表面処理性に優れます。
A7075P-T651 アルミ合金中、最高レベルの強度をもつ熱処理合金です。
ANP79 炭素鋼S15Cを越える硬度を持ち、切削性は10倍以上優れます。
7075材と比べ、強度が劣らず機械的特性の均一性に優れる他、内部応力が軽減されています。
銅・真鍮 無酸素銅 C1020P 市販される銅の中で最高純度をもちます。酸素を含まず、高温に加熱した際にもろくなる現象(水素ぜい化)を起こしません。
熱・電気の伝導性に優れ、溶接性・耐食性に優れます。
タフピッチ銅 C1100P 一般に最も広く使用される銅で、電気・熱伝導性(伝導率100%前後)に優れています。
クローム銅 Z3234 機械的強度に優れ、高温時の対磨耗性に優れます。
テルル銅 銅にテルルを加えたもので切削性に優れます。
りん青銅 展延性、耐疲労性、耐食性に優れ、磁性がありません。
ベリリウム25合金 銅合金中、最高強度と硬度を持ちます。
ベリリウム50合金 硬度が高く、導電性・耐熱性に優れます。
特殊アルミニウム青銅 強度が高く、耐摩耗性、耐食性に優れます。
真鍮(黄銅) C2801P 強度が高く、展延性に優れています。
快削真鍮 C3713P 強度が高く、展延性に優れます。切削性に優れます。
快削真鍮カドミレス C3713P RoHS対応の快削真鍮材。
鉛:1.8~4.5%(C3604同等)、カドミニウム:0.0100%(100ppm)以下もしくは0.0075%(75ppm)以下 。
ネーバル真鍮 C4621P 耐食性、耐海水性に優れます。
砲金 BC6 砲金は、耐圧性、切削性に優れます。
チタン 純チタン2種 TP340H 純チタン2種に分類され、加工性と強度のバランスが良く、最も多く使われている汎用チタン材料です。
軽量(比重4.51)で耐食性に非常に優れています。

閉じる