(!)Windows7 は、2020年1月14日のマイクロソフト社サポート終了に伴い、当サイト推奨環境の対象外とさせていただきます。

キーワードからユニット事例を探す

No.140817 一軸アクチュエータ(フルカバータイプ)

【LXFフルカバータイプ】LXパラメトリック
位置決めに最適な高剛性・高精度・コンパクトの一軸アクチュエータ。フルカバーでグリス飛散を徹底防止。
[Type]・[詳細仕様]を選択して[ユニット型番生成]をクリックすれば、CADDL、納期、価格の確認が可能です。
*クリーンルーム対応の仕様ではありません。

ストローク

最高移動速度

断面図

ユニット型番生成

 
※この商品のお問い合わせはページ右上の

「お客様サービス窓口」

からお願いいたします。
お問い合わせ内容に

商品「InCADLibrary No140817に関する問い合わせ」

とご記入下さい。
1
Type
LXF30
詳細 >>

Type

呼び(高さ)

ベース底面からブロック上面(ワーク取り付け面)までの高さを指します。

LXF26
LXF30

定格荷重

Typeレール部ボールねじ部軸受部(固定側)
軸方向
基本動定格荷重 C(N)基本静定格荷重 Co(N)ラジアルすきま(μm)基本動定格荷重 Ca(N)基本静定格荷重 Coa(N)ねじ軸径(mm)リード(mm)谷径(mm)ボール中心径(mm)基本動定格荷重 Ca(N)静的許容荷重 Poa(N)
LXF2605 6522 11871 -4~0 1600 2097 8 5 6.46 8.3 1637 1205
LXF2610 782 961 10 6.46 8.3
LXF3005 9732 17218 -4~0 1831 2389 10 5 8.2 10.3 2702 2197
LXF3010 1129 1386 10 8.2 10.3

レール部の定格荷重は、ブロック1個あたりの定格荷重です。

静的許容モーメント

Type静的許容モーメント(N・m)
MaMbMc
LXF26 45.5 44.8 128.3
LXF30 94.5 102.1 239.9
Type高さH(mm)基本動定格荷重(N)最大ストローク(mm)
38 ~6,522 ~317
47 ~9,732 ~504

基本動定格荷重は水平設置時の最大値を記載しております。
弊社技術計算ソフトにて使用条件での寿命をご確認下さい。

2
ストローク /
ベース長さL(mm)
詳細 >>

ストローク / ベース長さL(mm)

ベース長さとストロークの相関表は以下の表をご参照下さい。

TypeLXF26LXF30
ブロック ロング 1個 ロング 1個
ベース長さL(mm) 150 67 54
200 117 104
250 167 154
300 217 204
350 267 254
400 317 304
450 354
500 404
550 454
600 504

有効ストロークは、両端より片側2.5mm余裕を取った寸法で記載しています。

3
リード(mm)
詳細 >>

リード(mm)

リード

ねじ軸の1回転に伴い、ブロックが軸方向に進む距離のことを指します。

Typeごとのリードによる最高速度は以下の表のとおりです。

■最高速度(mm/sec)

TypeLXF26LXF30
リード(mm) 5 10 5 10
ベース長さL(mm)150 521 1040 410 830
200 521 1040 410 830
250 521 1040 410 830
300 521 1040 410 830
350 521 1040 410 830
400 446 890 410 830
450 - - 410 830
500 - - 370 740
550 - - 300 600
600 - - 250 500

■許容回転数

型式ベース長さ許容回転数
(min-1
LXF26 150~ 350 6000
400 5350
LXF30 150~450 4980
500 4440
550 3600
600 3000
4
精度基準
詳細 >>

精度基準

精度規格表(LXF26)

精度規定項目LXF26
上級精密級
位置決め精度(mm) 0.06 0.02
繰り返し位置決め精度(mm) ±0.005 ±0.003
バックラッシ(mm) 0.01 0.003
平行度(mm) 0.025 0.01
起動トルク(N・cm) 2

精度規格表(LXF30)

精度規定項目LXF30 (L≦400)LXF30 (L≧450)
上級精密級上級精密級
位置決め精度(mm) 0.06 0.02 0.1 0.025
繰り返し位置決め精度(mm) ±0.005 ±0.003 ±0.005 ±0.003
バックラッシ(mm) 0.02 0.003 0.02 0.003
平行度(mm) 0.025 0.01 0.035 0.015
起動トルク(N・cm) 4 4

※精密級品には検査成績書が添付されます。

5
グリース
詳細 >>

グリース

使用グリースは以下のとおりです。

グリースType使用グリース
標準LXF26 昭和シェル製アルバニヤグリースSNo.2
LXF30 昭和シェル製アルバニヤグリース EP2
低発塵全タイプ 日本精工製 LG2

グリースは通常使用の場合、6ヶ月ごともしくは、走行距離1,000kmを目安に行ってください。

※ただし、使用条件や使用環境によって給脂間隔は異なりますのでご注意ください。

低発塵グリース

クリーン度の高い環境に対応するため、発塵量が少なく防錆力にも優れたグリースです。

6
ブロック
詳細 >>

ブロック

カバーロングブロックタイプ

LXF26
LXF30
ロング1個
7
モータ取付部
モータアタッチメント+ブラケット
詳細 >>

モータ取付部

モータ取付用アタッチメント+ブラケット

対応するモーターを取り付けるためのアタッチメントが付属します。

ブラケット

モータ取付用アタッチメントを自作で組み込み可能

α矢視図

LXF26
LXF30
8
モータアタッチメント種類
ステッピング(フランジサイズ □42)
詳細 >>

モータアタッチメント種類

モータ取付用アタッチメント

各メーカーの代表的なモータを簡易的に取付できるアタッチメントです。

※モータ型番・仕様等は、変更する可能性があります。各メーカー案内にてご確認ください。

※適用表以外のモータ・カップリングもご使用できます。各取付寸法をご確認ください。

■ステッピングモータ適用表
選択モータフランジメーカ名種類
□28 (寸法図)

モータアタッチメント寸法図

T2628
ステッピング
□28

注:印部分はアタッチメントがレール部より突出するのでご注意ください。

オリエンタルモーター 2相 / 5相 / αステップ
□42 (寸法図)

モータアタッチメント寸法図

T2642
ステッピング
□42

注:印部分はアタッチメントがレール部より突出するのでご注意ください。

オリエンタルモーター 2相 / 5相 / αステップ
□56.4 (寸法図)

モータアタッチメント寸法図

T2656.4
ステッピング
□56.4

注:印部分はアタッチメントがレール部より突出するのでご注意ください。

NEMA規格
■サーボモータ適用表
選択モータフランジメーカ名ワット数
□25 (寸法図)

モータアタッチメント寸法図

A2625
サーボ
□25

注:印部分はアタッチメントがレール部より突出するのでご注意ください。

安川電機 10W / 20W / 30W
三菱電機
□38 (寸法図)

モータアタッチメント寸法図

A2638
サーボ
□38

注:印部分はアタッチメントがレール部より突出するのでご注意ください。

Panasonic 50W / 100W
□40 (寸法図)

モータアタッチメント寸法図

A2640
サーボ
□40

注:印部分はアタッチメントがレール部より突出するのでご注意ください。

山洋電気 30W / 50W
安川電機 50W
三菱電機
オムロン
キーエンス
□40 (寸法図)

モータアタッチメント寸法図

E2640
サーボ
□40

注:印部分はアタッチメントがレール部より突出するのでご注意ください。

SIEMENS 50W / 100W
■ステッピングモータ適用表
選択モータフランジメーカ名種類
□42 (寸法図)

モータアタッチメント寸法図

T3042
ステッピング
□42

注:印部分はアタッチメントがレール部より突出するのでご注意ください。

オリエンタルモーター 2相 / 5相 / αステップ
□56.4 (寸法図)

モータアタッチメント寸法図

T3056.4
ステッピング
□56.4

注:印部分はアタッチメントがレール部より突出するのでご注意ください。

オリエンタルモーター 2相
□60 (寸法図)

モータアタッチメント寸法図

T3060
ステッピング
□60

注:印部分はアタッチメントがレール部より突出するのでご注意ください。

オリエンタルモーター 5相 / αステップ
■サーボモータ適用表
選択モータフランジメーカ名ワット数
□38 (寸法図)

モータアタッチメント寸法図

A3038
サーボ
□38

注:印部分はアタッチメントがレール部より突出するのでご注意ください。

Panasonic 50W / 100W
□40 (寸法図)

モータアタッチメント寸法図

A3040
サーボ
□40

注:印部分はアタッチメントがレール部より突出するのでご注意ください。

山洋電気 30W / 50W / 100W
安川電機 50W / 100W
三菱電機
オムロン
キーエンス
□40 (寸法図)

モータアタッチメント寸法図

E3040
サーボ
□40

注:印部分はアタッチメントがレール部より突出するのでご注意ください。

SIEMENS 50W / 100W
9
センサ指定
詳細 >>

センサ指定

ミスミでアクチュエータ用センサに使用されているのは以下の2種類です。

■近接センサ
非接触方式の磁界で対象を検出する高周波発振型センサです。
■フォトセンサ
発光部から出た赤外線が検出対象で跳ね返り、
それを受光部が感知することで対象を検出する透過型センサです。
※センサ指定時付属品はこちら

センサ指定時付属品

※構成部品は取り付けに必要な数量が同梱されています。

近接センサ(Panasonic製)

Typeセンサ種類センサレール部センサ部ドグ
近接時on
選択時
離れてon
選択時
レールセンサ
取付ねじ
センサ
取付ねじ
取付ナットドグドグ取付ねじ
26 GX-F8A GX-F8B SENAT3□H SCB3-6 CBSST3-10 LBNR3 専用 皿小ねじ
M2.6-4
30 GX-F12A GX-F12B SENC3□H CBSST3-8

フォトセンサ(Panasonic製)

Typeフォトセンサ (NPN出力)センサレール部センサ部ドグ
レールセンサ
取付ねじ
センサ
ブラケット
センサブラケット 取付ねじセンサ
取付ねじ
センサ
取付ワッシャ
ドグドグ取付ねじ
26 PM-L25 SENAT3□H SCB3-6 専用 SCB3-5 LBNR3 SCB3-6 M3小形丸平座金 専用 皿小ねじ
M2.6-4
30 SENC3□H

フォトセンサ(オムロン製)

Typeフォトセンサ (NPN出力)センサレール部センサ部ドグ
レールセンサ
取付ねじ
センサ
ブラケット
センサブラケット 取付ねじセンサ
取付ねじ
センサ
取付ワッシャ
ドグドグ取付ねじ
26 EE-SX951-R 1M SENAT3□H SCB3-6 専用 SCB3-5 LBNR3 SCB3-6 M3小形丸平座金 専用 皿小ねじ
M2.6-4
30 SENC3□H
10
センサ個数
詳細 >>

センサ個数

■近接センサタイプ(Panasonic製)

センサ種類・個数組付け可能長さ(ベース全長)
接近時ON離れてON合計LXF26LXF30
1個 1個 全て 全て
2個 2個 ≦150
3個 3個 ≧200
1個 1個 全て
2個 2個 ≦150
3個 3個 ≧200
1個 1個 2個 ≦150
1個 2個 3個 ≧200
2個 1個 3個 ≧200

■フォトセンサタイプ(Panasonic製)

センサ種類・個数組付け可能長さ(ベース全長)
NPN出力LXF26LXF30
1個 全て 全て
2個 ≦150
3個 ≧200

■フォトセンサタイプ(オムロン製)

センサ種類・個数組付け可能長さ(ベース全長)
NPN出力LXF26LXF30
1個 全て 全て
2個 ≦150
3個 ≧200
 

周辺部品ワンストップ選定

詳細 >>

周辺部品ワンストップ選定

■周辺部品ワンストップ選定について
ご選定されたアクチュエータに適合する周辺部品(カップリングなど)の候補を表示します。
アクチュエータと一緒にお選びいただくことで「お見積、CADデータ、専用カタログ」など
選定・設計・ご購入に必要な情報をまとめて取得していただけます。
また、本体と周辺部品の型番は独立しているため、単品で購入いただくことも可能です。
■カップリング
アクチュエータ本体に取付け可能なカップリングが候補として表示されます。
ご使用予定のモータの種類、スペックに応じてカップリングの「タイプ」と「モータ軸径」をお選びください。
※現在は「FAメカニカル標準部品カタログ」掲載のディスク型カップリングのみが候補として表示されます。
■ケーブルキャリア
ご選定されたアクチュエータの長さに応じて、お選びいただけるケーブルキャリアのリンク数が異なります。
※「FAメカニカル標準部品カタログ」掲載品のみが候補として表示される予定です。
■ユニット型番について
ご選定完了後に「ユニット型番生成」を押下していただくと、構成部品のお見積が表示されます。​
周辺部品をお選びいただいた際は以下にご留意ください。​
アクチュエータの「CADデータ」、「型番専用カタログ」に周辺部品が追加された状態で表示されますが、アクチュエ​ータと周辺部品は別納商品ですので、組付けはお客様にて行っていただく必要があります。​
11
カップリング
仕様情報 >>

カップリング仕様

■アクチュエータLXの推奨カップリングは、ディスク型クランピングタイプ

ディスク形
金属板バネ式で高トルクに対応

×

クランピングタイプ
軸を傷つけることなくクランプできる

■LX推奨のディスク型クランピングタイプは以下3分類

高位置決め精度タイプ

高剛性タイプ(SCPW)よりもねじり剛性向上
より高速度で位置決め精度が要求される用途に最適

SCXW (ダブルディスク)

 材質

 表面処理

本体ディスク六角穴付ボルト本体六角穴付ボルト
アルミ合金 ステンレス SCM435 アルマイト
処理
黒色酸化被膜
■寸法(mm)
型式Dd3Aクランプボルト
TypeNo.M締め付けトルク
(N・m)
SCXW 21 21 9.5 24.5 7 7 3.5 M2.6 1.2
■特性
型式許容トルク許容偏角許容偏心静的ねじり
ばね定数
最高回転数慣性
モーメント
許容
エンドプレイ
補正係数質量
TypeNo.
(N・m)(°)(mm)(N・m/rad)(r/min)(kg・m2(mm)(g)
SCXW 21 1.2 1.0 0.10 900 10000 1.20×10-6 ±0.20 1.5 18

高剛性タイプ

標準タイプ(CPDW)よりも高剛性

SCPW (ダブルディスク)

 材質

 表面処理

本体ディスク六角穴付ボルト本体六角穴付ボルト
アルミ合金 ステンレス SCM435 アルマイト
処理
黒色酸化被膜
■寸法(mm)
型式Dd3Aクランプボルト
TypeNo.M締め付けトルク
(N・m)
SCPW 21 21 9.5 24.5 7 7 3.5 M2.6 1.2
■特性
型式許容トルク許容偏角許容偏心静的ねじり
ばね定数
最高回転数慣性
モーメント
許容
エンドプレイ
補正係数質量
TypeNo.
(N・m)(°)(mm)(N・m/rad)(r/min)(kg・m2(mm)(g)
SCPW 21 1.2 1.0 0.10 800 10000 1.11×10-6 ±0.20 1.5 17

標準タイプ

柔軟性に優れた汎用モデル

CPDW (ダブルディスク)

 材質

 表面処理

本体ディスク・ピン六角穴付ボルト本体六角穴付ボルト
アルミ合金 ステンレス SCM435 アルマイト
処理
四三酸化鉄被膜
■寸法(mm)
型式Dd3Gクランプボルト
TypeNo.M締め付けトルク
(N・m)
CPDW 19 19 8.5 27 8 6.5 2.5 M2 0.5
25 25 12.5 31 10 9 3.5 M2.5 1.0
■特性
型式許容トルク許容偏角許容偏心静的ねじり
ばね定数
最高回転数慣性
モーメント
許容
エンドプレイ
補正係数質量
TypeNo.
(N・m)(°)(mm)(N・m/rad)(r/min)(kg・m2(mm)(g)
CPDW 19 0.7 1.5 0.12 200 33000 8.7×10-7 ±0.5 1 18
25 1.0 450 25000 2.7×10-6 25
技術情報 >>

カップリングとは

カップリングは2つの異なる回転体(モーター軸、ボールねじ等)を連結し、トルク伝達することを目的とした部品です。

回転体間で発生するミスアライメント(偏心・偏角・エンドプレイ)を吸収することにより、組み付け調整負荷を軽減します。

さらに、予期せぬ過負荷がかかった時にはカップリングを破断し、回転体間の連結を解除することで、高価な動力部や装置全体を守ります。

使用例 1:モータ × ボールネジ
使用例 2:モータ × 測定試験機

カップリングに求められる性能

カップリングには、トルク伝達をする力とミスアライメントの許容が求められます。

軸と軸をあわせるには正確な芯出し(アライメント調整)が必要ですが、カップリングに柔軟性・たわみ性を持たせることで、
ミスアライメントの吸収ができるようになります。

特長

■1:モータの種類、使用用途によって適切なカップリングの種類を選定してください。

代表的なカップリング一覧カップリング特性モータ
種類 バックラッシ
ゼロ
高トルク 許容偏心
許容偏角
サーボ ステッピングモータ
小型サーボ
汎用
ディスク形 ×
オルダム形 × × ×
スリット形 ×

※アクチュエータとの組み合わせにおいては、ディスク形を推奨しています。

■2:カップリングに加わる補正トルクを計算

サーボモータ・ステッピングモータとの連結

モータの最大トルクに補正係数を乗じて補正トルクを計算してください。

補正係数は商品ページをご確認ください。求めた補正トルクがカップリングの許容トルク(軸スリップトルク)以下に無いように選定して下さい。

補正トルク=モータ最大トルク×補正係数

汎用モータとの連結

負荷トルクを算出し、その1~5倍を補正トルクとして下さい。求めた補正トルクがカップリングの許容トルク(軸スリップトルク)以下になる様に選定して下さい。

負荷トルク(N・m)=9550×

電動力(kW)

回転速度(r/min)

補正トルク=負荷トルク(N・m)×1~5倍

カタログ記載の許容値(偏角、偏心、最高回転数等)や慣性モーメントが装置の条件を満たしているか確認して下さい。

■3:軸穴を選定

連結する軸の外径が選んだカップリングの内径範囲に含まれているか確認して下さい。

含まれていない場合は大きいサイズを選定して下さい。

アクチュエータご選定の際に適合カップリングを選ばれる場合は、モータ側の軸径のみお選びください。

アクチュエータ側のボールねじ軸径は予めセットされています。

 
モータ側軸径選択 
 
ユニット型番
パラメータを指定し、「ユニット型番生成」ボタンをクリックするとユニット型番が表示されます。
  • お見積(カートへ追加)
  • CADデータダウンロード
    CADデータ利用規定
    1.データの利用目的
    株式会社ミスミ(以下「当社」といいます)が本サイトに掲載するCADデータ(3DCADデータ、3DCAD中間データ、2DCADデータおよび当社の提供するCADアドオンソフトウェア(以下「CADアドオンソフトウェア」といいます)で生成されたデータをいいます)およびCADアドオンソフトウェアは、CADを用いたレイアウト設計において、当社または当社取り扱いメーカーの製品(以下「製品」といいます)の干渉・形状等を簡便に確認のためにご利用いただくことを目的として提供しております。
    また本サイトの各事例ページで記載された部品を組み合わせた場合の品質・正確性・機能・安全性・信頼性等の一切の保証は致しかねますのであらかじめご了承ください。
    2.データおよびソフトウェアの特性
    CADデータのうち、公差・表面の粗さ・面取り等については、実際の製品の形状と異なる場合があります。また、CADデータの容量を軽くし、安定したデータの提供を維持するため、一部の製品につきましては油溝形状やネジ、バネ形状等を省略したデータとなっている場合がございます。あらかじめご了承のうえご利用ください。
    3.免責事項
    当社は、CADデータおよびCADアドオンソフトウェアの作成にあたり十分な注意をしておりますが、上述のデータの特性により、CADデータの正確性を保証するものではありません。また、当社は予告なしにCADデータおよびCADアドオンソフトウェアを変更、追加または削除することがあります。当社は、理由の如何に関わらず、CADデータおよびCADアドオンソフトウェアの利用、変更および削除により生じるいかなる損害(CADアドオンソフトウェアの利用時に、第三者が権利を有するCADデータやCADデータ作成・閲覧ソフトウェアに影響を与えたことによる損害を含むがこれに限られません)に対して責任を負うものではありません。
    4.著作権
    CADデータおよびCADアドオンソフトウェアに含まれる一切の情報の著作権は、当社または当社取り扱いメーカーに帰属します。当該著作権は、著作権法および国際条約により保護されています。当社の事前の許可を得ることなく、上述の利用目的以外にCADデータおよびCADアドオンソフトウェアを利用(複製、改変、アップロード、掲示、送信、頒布、ライセンス、販売、出版等を含む)することはできません。また、貴社の機械設計以外の目的でのご使用(販売促進等のご使用を含む)はできません。
    上述の利用目的および法令等に違反したCADデータおよびCADアドオンソフトウェアの利用が認められた場合、当社は、利用者に対しCADデータ、CADアドオンソフトウェアおよび当社のサイトの利用を禁止するほか、法的措置を取る場合があります。
    5.第三者規定
    第三者(取り扱いメーカーを含む)が権利を有するCADデータやCADデータ作成・閲覧ソフトウェアを利用する場合は、別途、第三者が定める規定に同意しなければCADデータやソフトウェアが利用できない場合がございます。またこの場合、当社は当該第三者のCADデータ及びソフトウェアの瑕疵、権利侵害等については、一切の責任を負いません。あらかじめご了承下さい。
    第三者(取り扱いメーカーを含む)が権利を有するCADデータやCADデータ作成・閲覧ソフトウェアを利用する場合は、別途、第三者が定める規定に同意しなければCADデータやソフトウェアが利用できない場合がございます。またこの場合、当社は当該第三者のCADデータ及びソフトウェアの瑕疵、権利侵害等については、一切の責任を負いません。あらかじめご了承下さい。

ページトップへ戻る

製品仕様

ストローク

Type レール長さL(mm)
150 200 250 300 350 400 450 500 550 600
LXF26 67 117 167 217 267 317 - - - -
LXF30 54 104 154 204 254 304 354 404 454 504

有効ストロークは、両端より片側2.5mm余裕を取った寸法で記載しています。

最高移動速度

(mm/sec)

Type リード
(mm)
レール長さ L(mm)
150 200 250 300 350 400 450 500 550 600
LXF26 5 521 446 - - - -
10 1040 890 - - - -
LXF30 5 410 370 300 250
10 830 740 600 500

※表中の値は、ボールねじの危険速度とDN 値によって算出された参考値です。
モータの回転数や運転条件等を考慮した保証値ではありませんので、ご注意ください。

定格荷重

Type レール部 ボールねじ部 軸受部(固定側)軸方向
基本動定格荷重 C(N) 基本静定格荷重 Co(N) ラジアルすきま(μm) 基本動定格荷重 Ca(N) 基本静定格荷重 Coa(N) ねじ軸径(mm) リード(mm) 谷径(mm) ボール中心径(mm) 基本動定格荷重 Ca(N) 静的許容荷重 Poa(N)
LXF2605 6522 11871 -4~0 1600 2097 8 5 6.46 8.3 1637 1205
LXF2610 782 961 10
LXF3005 9732 17218 -4~0 1831 2389 10 5 8.2 10.3 2702 2197
LXF3010 1129 1386 10

荷重方向

レール部は2条列ゴシックアーチ形状を採用し、グリス飛散を防止できるフルカバー構造のアクチュエータです。

[図]荷重方向

  • レール部
    基本定格荷重は、ラジアル方向・逆ラジアル方向・横方向の4方向とも同等荷重です。
  • ボールねじ部
    精密(研削)ボールねじを使用し、予圧をかけています。ブロックはボールねじのナットと一体型構造であり、軸方向の荷重を負荷できます。
  • 軸受部(固定側)
    モータブラケット部にアンギュラベアリングが組み込まれており、軸方向の荷重を負荷できます。

許容モーメント

3方向全てのモーメントを負荷できます。

許容モーメント
Type 断面二次モーメント(mm4)
Ma Mb Mc
LXF26 45.5 44.8 128.3
LXF30 94.5 102.1 239.9

上記表の値は、静的な場合の参考値となります。

レール部剛性

重心を低く配置した高剛性レールです。

[図]レール部剛性
Type 断面二次モーメント(mm4) 重心点(mm) 質量(kg/100mm)
IX IY h W
LXF26 1.0×104 1.4×105 6.1 0.37
LXF30 2.5×104 3.1×105 7.8 0.60

IX:X軸まわりの断面二次モーメント IY:Y軸まわりの断面二次モーメント

精度規格

精度規格表

精度規定項目 LXF26 LXF30(L≦400) LXF30(L≧450)
上級 精密級 上級 精密級 上級 精密級
位置決め精度(mm) 0.06 0.02 0.06 0.02 0.1 0.025
繰返し位置決め精度(mm) ±0.005 ±0.003 ±0.005 ±0.003 ±0.005 ±0.003
バックラッシ(mm) 0.01 0.003 0.02 0.003 0.02 0.003
平行度(mm) 0.025 0.01 0.025 0.01 0.035 0.015
起動トルク(N・cm) 2 4 4

位置決め精度

[図]位置決め精度基準位置(ストローク端)から一定方向に順次位置決め・測定を行います。
実際に移動した距離と指令距離との最大差を、測定値とします。
規格値は「精度規格表」をご覧ください。

繰返し位置決め精度

[図]繰返し位置決め精度一定方向から同一ポイントへ7回繰返し位置決め・測定を行います。
この測定読みの最大差の1/2に±の記号をつけた値を、測定値とします。
規格値は「精度規格表」をご覧ください。

バックラッシ

[図]バックラッシ基準位置からブロックに負荷をかけた後、開放します。
その基準位置と戻り値の差を、測定値とします。
規格値は「精度規格表」をご覧ください。

走り平行度

[図]走り平行度レールを基準ベースに取り付けた状態でブロックから基準面にダイヤル
ゲージを設置し、移動・測定を行います。
その読みの最大差を、測定値とします。

慣性モーメント

(10-4kg cm2)

Type リード レール長さL(mm)
150 200 250 300 350 400 450 500 550 600
LXF26 5 176 190 205 219 233 248 - - - -
10 245 260 274 289 303 318 - - - -
LXF30 5 474 511 548 585 622 658 695 732 769 806
10 592 629 666 703 740 777 814 850 887 924

許容回転数

各サイズの許容回転数を下記に示します。

  • 型式 レール長さ 許容回転数
    (min-1
    LXF26 150~350 6000
    400 5350
  • 型式 レール長さ 許容回転数
    (min-1)
    LXF30 150~450 4980
    500 4440
    550 3600
    600 3000

総質量

(kg)

Type レール長さL(mm)
150 200 250 300 350 400 450 500 550 600
LXF26 1.2 1.4 1.6 1.9 2.1 2.3 - - - -
LXF30 1.9 2.2 2.6 3.0 3.3 3.7 4.1 4.5 4.8 5.2

材質

構成部品 ベース(レール) ブロック モータブラケット 支持側ベアリングホルダ ベースカバー モーターブラケットカバー
LX15 LX20/26/30/45
材質 SUS材 炭素鋼 SCM材 アルミダイカスト アルミ合金 アルミ合金 アルミ合金
表面処理 低温黒色クロムメッキ 低温黒色クロムメッキ 黒色焼付塗装 黒色アルマイト 黒色アルマイト 黒色アルマイト
構成部品 ストッパー 精密ボールねじ(研削) グリースニップル ニップルブロック 給油チューブ 潤滑ユニット
材質 NBR SCM材 SUS材 アルミ合金 透明ポリウレタン 特殊ポリウレタン
表面処理
構成部品 ベース(レール) 精密ボールネジ(研削) ブロック(上部) ブロック(下部) ブロックカバー モータブラケット 支持側ベアリングホルダ
材質 炭素鋼 SCM材 炭素鋼 SCM材 MCナイロン アルミダイカスト アルミ合金
表面処理 低温黒色クロムメッキ 低温黒色クロムメッキ 低温黒色クロムメッキ 黒色焼付塗装 黒色アルマイト
構成部品 スライダシート モータブラケットカバー
(上部)
モータブラケットカバー
(下部)
サイドカバー ストッパー グリースキャップ
材質 SUS材 アルミ合金 SUS材 アルミ合金 NBR NBR
表面処理 黒色アルマイト 黒色アルマイト

関連部品

カップリング

モーター軸とボールねじを連結するための部品です。
サーボには主にディスク型が使用されています。

アタッチメント取付治具

モーター組み付け時の芯出しにご利用ください。

【取付治具使用例】

サーボモータ適用表
LXタイプ モータアタッチメント型式 フランジサイズ メーカー名 モータ型番 ワット数 推奨カップリング 推奨アタッチメント取付冶具
LXF15 A1525 □25 安川電機 SGMMV-A1E 10W MCGLC13
XBW-15C2
(鍋屋バイテック製)
RCLA13C
(アイセル製)
SGMMV-A2E 20W
三菱電機 HG-AK0136 10W
HG-AK0236 20W
LXF20 A2025 □25 安川電機 SGMMV-A1E 10W SCPW16 JIGLX20-20
SGMMV-A2E 20W
SGMMV-A3E 30W
SGMAV-A5 50W
三菱電機 HG-AK0136 10W
HG-AK0236 20W
HG-AK0336 30W
A2038 □38 Panasonic MSMD5A 50W CPDT19 JIGLX20-30
MSME5A
MSMD01* 100W
MSME01*
A2040 □40 安川電機 SGMJV-A5 50W SCPW16
CPDT19
JIGLX20-30
SGM7A-A5A
三菱電機 HG-MR053
HG-KR053
山洋電気 Q1AA04003D 30W
Q1AA04005D 50W
オムロン R88M-K05030
キーエンス MV-M05
SV-M005
E2040 □40 SIEMENS 1FK7011-5 50W CPDW19
1FK7015-5 100W
LXF26 A2625 □25 安川電機 SGMMV-A1E 10W SCXW21
SCPW21
CPDW19
SGMMV-A2E 20W
SGMMV-A3E 30W
三菱電機 HG-AK0136 10W
HG-AK0236 20W
HG-AK0336 30W
A2638 □38 Panasonic MSMD5A 50W JIGLX26-30
MSME5A
MSMD01* 100W
MSME01*
A2640 □40 安川電機 SGMJV-A5 50W
SGM7A-A5A
SGMAV-A5
三菱電機 HG-MR053
HG-KR053
山洋電気 Q1AA04003D 30W
Q1AA04005D 50W
オムロン R88M-K05030
キーエンス MV-M05
SV-M005
E2640 □40 SIEMENS 1FK7011-5 50W CPDW19
1FK7015-5 100W
LXF30 A3038 □38 Panasonic MSMD5A 50W SCXW21
SCPW21
CPDW19
JIGLX30-30
MSME5A
MSMD01* 100W
MSME01*
A3040 □40 安川電機 SGMJV-A5 50W
SGM7A-A5A
SGMAV-A5
SGM7A-01A 100W
SGMJV-01
SGMAV-01
三菱電機 HG-MR053 50W
HG-KR053
HG-MR13 100W
HG-KR13
山洋電気 Q1AA04003D 30W
Q1AA04005D 50W
Q1AA04010D 100W
オムロン R88M-K05030 50W
R88M-K10030 100W
キーエンス MV-M05 50W
SV-M005
MV-M10 100W
SV-M010
E3040 □40 SIEMENS 1FK7011-5 50W CPDW25
1FK7015-5 100W
LXF45 A4538 □38 Panasonic MSMD5A 50W SCXW28
SCPW28
CPDW25
JIGLX45-30
MSME5A
MSMD01* 100W
MSME01*
A4540 □40 安川電機 SGMJV-A5 50W
SGM7A-A5A
SGMAV-A5
SGM7A-01A 100W
SGM7J-01A
SGMJV-01
SGMAV-01
SGMAV-C2 150W
三菱電機 HG-MR053 50W
HG-KR053
HG-MR13 100W
HG-KR13
山洋電気 Q1AA04003D 30W
Q1AA04005D 50W
Q1AA04010D 100W
オムロン R88M-K05030 50W
R88M-G05030
R88M-K10030 100W
キーエンス MV-M05 50W
SV-M005
MV-M10 100W
SV-M010
MA4560 □60 Panasonic MQMF-01 100W JIGLX45-50
MSMD02 200W
MSME02
MSMD04 400W
MSME04
オムロン R88M-GP10030 100W
E4540 □40 SIEMENS 1FK7011-5 50W SCXW34
SCPW34
CPDW32
1FK7015-5 100W
E4555 □55 SIEMENS 1FK7022-5 380W
A4560 □60 安川電機 SGMJV-02 200W JIGLX45-50
SGMJV-04 400W
三菱電機 HG-MR23 200W
HG-KR23
HG-MR43 400W
HG-KR43
山洋電気 Q1AA06020D 200W
Q1AA06040D 400W
キーエンス MV-M20 200W
SV-M020
MV-M40 400W
SV-M040

※シーメンスモータ使用時は、カップリングの軸挿入量が1.15mm短くなります。

サーボモータ適用表
LXタイプ モータアタッチメント型式 フランジサイズ メーカー名 モータ型番 ワット数
(上級標準)
LXR2602
LXR2605
LXR2610

(潤滑ユニットMX標準)
LXR2602-MX
LXR2605-MX
LXR2610-MX
(上級カバー付)
LXR2602C
LXR2605C
LXR2610C

(潤滑ユニットMXカバー付)
LXR2602C-MX
LXR2605C-MX
LXR2610C-MX
RA2638 □38 Panasonic MSMD5A 50W
MSME5A
MSMD01* 100W
MSME01*
RA2640 □40 安川電機 SGMJV-A5 50W
SGM7A-01A 100W
三菱電機 HG-MR053 50W
HG-MR13 100W
山洋電気 Q1AA04005D 50W
Q1AA04010D 100W
オムロン R88M-K10030 100W
キーエンス MV-M05 50W
SV-M005
MV-M10 100W
SV-M010
LXタイプ モータアタッチメント型式 フランジサイズ メーカー名 モータ型番 ワット数
(上級標準)
LXR3005
LXR3010

(潤滑ユニットMX標準)
LXR3005-MX
LXR3010-MX
(上級カバー付)
LXR3005C
LXR3010C

(潤滑ユニットMXカバー付)
LXR3005C-MX
LXR3010C-MX
RA3038 □38 Panasonic MSMD5A 50W
MSME5A
MSMD01* 100W
MSME01*
RA3040 □40 安川電機 SGMJV-A5 50W
SGM7A-01A 100W
三菱電機 HG-MR053 50W
HG-MR13 100W
山洋電気 Q1AA04005D 50W
Q1AA04010D 100W
オムロン R88M-K10030
キーエンス MV-M05 50W
SV-M005
MV-M10 100W
SV-M010
LXタイプ モータアタッチメント型式 フランジサイズ メーカー名 モータ型番 ワット数
(上級標準)
LXR4510
LXR4520

(潤滑ユニットMX標準)
LXR4510-MX
LXR4520-MX
(上級カバー付)
LXR4510C
LXR4520C

(潤滑ユニットMXカバー付)
LXR4510C-MX
LXR4520C-MX
RA4560 □60 安川電機 SGMJV-02 200W
SGMJV-04 400W
三菱電機 HG-MR23 200W
HG-KR23
HG-MR43 400W
HG-KR43
山洋電気 Q1AA06020D 200W
Q1AA06040D 400W
キーエンス MV-M20 200W
SV-M020
MV-M40 400W
SV-M040
ステッピングモータ適用表
LXタイプ モータアタッチメント型式 フランジサイズ メーカー名 モータ型番 種類 推奨カップリング 推奨アタッチメント取付冶具
LXF15 T1528 □28 オリエンタルモーター PKP52 5相 MCGLC13
XBW-15C2
(鍋屋バイテック製)
RCLA13C
(アイセル製)
ASC3(ASM) / AR2(ARM) αステップ
ST1528 □28 NEMA規格 NEMA11 MCGLC13
UT1542 □42 NEMA17
ST1542
LXF20 T2028 □28 オリエンタルモーター PKP22 2相 SCPW16
PKP52 5相
ASC3(ASM) / AR2(ARM) αステップ
T2042 □42 PK24* / PKP24 2相
RKS54* 5相
PK54
ASC46 / AR46 αステップ
T2056.4 □56.4 NEMA規格 NEMA23 CPDW19
LXF26 T2628 □28 オリエンタルモーター PKP22 2相 SCXW21
SCPW21
CPDW19
PKP52 5相
ASC3(ASM) / AR2(ARM) αステップ
T2642 □42 PK24* / PKP24 2相
RKS54* 5相
PK54
ASC46 / AR46 αステップ
T2656.4 □56.4 NEMA規格 NEMA23 CPDW19 JIGLX26-30
LXF30 T3042 □42 オリエンタルモーター PK24* 2相 SCXW21
SCPW21
CPDW25
RKS54* / PK54 5相
ASC46 / AR46 αステップ
T3056.4 □56.4 PK26* 2相 JIGLX30-38.1
T3060 □60 RKS56* 5相 JIGLX30-36
PK56*
ASC66 / AR66 αステップ
LXF45 T4560 □60 オリエンタルモーター RKS56* / PK56* 5相 SCXW28
SCPW28
CPDW25
JIGLX45-36
ASC66 / AR66 αステップ
T4556.4 □56.4 NEMA規格 NEMA23 CPDW25
CPDW32
JIGLX45-30
T4585 □85 NEMA24 JIGLX45-50
ステッピングモータ適用表
LXタイプ モータアタッチメント型式 フランジサイズ メーカー名 モータ型番 種類
(上級標準)
LXR2602
LXR2605
LXR2610

(潤滑ユニットMX標準)
LXR2602-MX
LXR2605-MX
LXR2610-MX
(上級カバー付)
LXR2602C
LXR2605C
LXR2610C

(潤滑ユニットMXカバー付)
LXR2602C-MX
LXR2605C-MX
LXR2610C-MX
RT2642 □42 オリエンタルモーター PK24* 2相
RKS54* 5相
AR46 αステップ
LXタイプ モータアタッチメント型式 フランジサイズ メーカー名 モータ型番 種類
(上級標準)
LXR3005
LXR3010

(潤滑ユニットMX標準)
LXR3005-MX
LXR3010-MX
(上級カバー付)
LXR3005C
LXR3010C

(潤滑ユニットMXカバー付)
LXR3005C-MX
LXR3010C-MX
RT3042 □42 オリエンタルモーター PK24* 2相
RKS54* 5相
AR46 αステップ
LXタイプ モータアタッチメント型式 フランジサイズ メーカー名 モータ型番 種類
(上級標準)
LXR4510
LXR4520

(潤滑ユニットMX標準)
LXR4510-MX
LXR4520-MX
(上級カバー付)
LXR4510C
LXR4520C

(潤滑ユニットMXカバー付)
LXR4510C-MX
LXR4520C-MX
RT4560 □60 オリエンタルモーター RKS56* 5相
AR6 αステップ

型番専用カタログのご案内

  1. ユニットの詳細な寸法については、ユニット型番生成後に型番専用カタログもしくはCADデータにてご確認頂けます。
  2. 型番専用カタログは、お客さまの選定された商品の仕様・図面をまとめたPDFファイルになります。
  3. Webで閲覧する他に、ダウンロードして印刷して頂くことも可能です。

■型番専用カタログ ダウンロード手順

■型番専用カタログのイメージ

注意事項

メンテナンスについて

定期点検

  1. ・3~6ヶ月に1度の頻度で点検を実施してください。
  2. ・潤滑の状態確認、清掃、グリースの給脂を実施してください。
  3. ・取付ボルトに緩みがないか確認をしてください。

潤滑について

  1. ・LX15・LX20・LXRF26シリーズ ⇒ 昭和シェル製アルバニヤグリースS No.2
  2. ・LXRF30・LXR45シリーズ ⇒ 昭和シェル製アルバニヤグリースEP2
  3. ・低発塵グリースタイプ ⇒ 日本精工製 LG2

グリースは通常使用の場合、6ヶ月ごともしくは走行距離1000kmを目安に行ってください。

※ただし、使用条件や使用環境によって給脂間隔は異なりますのでご注意ください。

使用環境の注意

  1. 雰囲気温度は40℃以下にてご使用ください。オーバーラン防止にはメカストッパを設けることを推奨いたします。
    推奨使用温度:0℃~ 40℃(凍結・結露なきこと)

メンテナンス方法

グリース補給方法
ブロックを反モータ側メカリミットまで寄せ、サポートユニットのグリースキャップを外します。
ブラケットの貫通穴よりグリースガンをグリースニップルに押し付けながら注入し、
注入後ブロックをフルストローク動かし、まんべんなくグリースを塗布してください。
グリース補給頻度
6ヶ月(走行距離1,000kmを目安)に1度の頻度
※使用条件や使用環境によって異なる場合もあります。

全般

Q1付属品と出荷状態を教えてください。
A1付属品はモータアタッチメントのみです。アタッチメント取り付け用治具・センサセットはオプション品のため別途ご注文ください。
出荷時は本体にアタッチメント・センサは取り付けされていません。お客さまにて取り付けをお願いします。
Q2LXRシリーズにプーリ・ベルトは付属していますか?
A2付属しています。
不要の場合は追加工「NBP」を選択すると、付属無しに変更できます。
Q3検査成績書は添付されていますか?
A3上級品は添付されていませんが、精密級品は添付されています。検査成績書が必要な場合は精密級品をご注文ください。
Q4モータ・カップリングは同梱されていますか?
A4同梱されていません。
別途ご注文いただく必要があります。
「関連部品」のタブにてご選定された仕様に沿うモータ・カップリングをご選定下さい。
Q5センサセットの部品は単品で注文できますか?
A5セット販売のみのお取り扱いです。
一部の部品(ドグ・ブラケット・センサ・レール)の単品注文はFAカタログ規格外品サービスでお見積もりが可能です。
Q6並級の取り扱いはありますか?
A6ありません。
上級と精密級のみのお取り扱いとなります。
すべてのボールねじが研削ボールねじを使用しています。
標準仕様は上級でありながら他社の並級製品と同等価格です。
Q7ボールねじ・ブロック・レールなどの部品購入はできますか?
A7できません。
LXシリーズはユニット品として精度保証している製品のため、部品単品での取り扱いはありません。
Q8センサレールを両側に取り付けることを検討しています。センサレールのみ注文できますか?
A8センサセット(センサレール・ドグ・センサ)のみのお取り扱いがあります。LX本体の型番をご確認の上、以下窓口までお問い合わせください。
Q9センサのみ注文できますか?
A9できます。
FAカタログ規格外品サービスにて承ります。注文時の本体型番と希望のセンサオプション、センサの個数をご確認の上、以下窓口までお問い合わせください。
Q10カバータイプのカバーのみ注文できますか?
A10できます。
FAカタログ規格外品サービスにてご注文いただけます。
カバーの紛失・破損時は、LX本体の型番をご確認の上、以下窓口よりお見積もりください。
Q11ボールねじのリードをカタログやWebに記載されている値以外に変更することはできますか?
A11できません。
新規設計となるため対応できないことをご了承ください。
Q12ボールねじが左ねじタイプの商品はありますか?
A12ありません。
LXシリーズのボールねじは、全品右ねじを使用しています。
Q13ブロックはいくつまで追加することができますか?
A131個まで追加可能です。(本体に取り付け可能な数は最大2個までです)
ただし、LXMシリーズは追加できませんのでご注意ください。
Q14センサ付きで注文できますか?
A14できます。
近接センサ(サンクス)・フォトセンサ(オムロン・サンクス)に加えて、センサレール・ドグなどがセットになっており、お客さまの選定の手間を省きます。
Q15モータ付きで注文できますか?
A15できます。
モータ付きでご注文いただく場合はLXMシリーズよりお選びください。
サーボモータ(三菱電機)、ステッピングモータ(オリエンタルモーター)の2種類をご用意しています。
Q16カタログやWebに記載されている値より長いストロークで指定できますか?
A16できません。
新規設計となるため対応できないことをご了承ください。

メカ

Q1摺動方向について教えてください。
A1モータの回転方向が時計まわり(CW)の場合、ブロック部分はユニットの反モータ側へ摺動します。
反対に、モータの回転方向が反時計まわり(CCW)の場合、ブロック部分はモータ側へ摺動します。LXシリーズのボールねじは、全品右ねじを使用しています。
Q2ガイド部分のモーメント・撓みのデータはありますか?
A2技術的な検討点がありますので、以下窓口までお問い合わせください。
Q3最高速度表記数値は、何キロの負荷を想定していますか?
A3無負荷を想定しています。
Q4ブロックが2個の場合にブロックを密着させることはできますか?
A4できます。
2個のブロックのうち1つは自由摺動となっているため、密着させることができます。ただし、ブロック端面にストッパーがありますので、1つのブロックとして連動させるためにはプレートなどで締結が必要です。
Q5ブロック2個(B2・S2)使用する際にブロックを別々の方向に動かすことはできますか?
A5できません。ブロックは2個同一方向への可動です。
Q6対応するカップリングについて教えてください。
A6対応のカップリングはアクチュエータ選定情報内の「モータカップリング選定情報」をご参照ください。
「関連部品」のタブにてご選定された仕様に沿うモータ・カップリングをご選定下さい。
Q7対応するモータを教えてください。
A7三菱電機、安川電機、オリエンタルモータなど各社のモータに対応しています。ご使用になるモータに応じて、モータアタッチメントをご選定ください。
お客さまで独自にアタッチメントを製作される場合は、モータアタッチメント無し(N)をご指定ください。
対応モータ一覧は以下よりご参照ください。
「関連部品」のタブにてご選定された仕様に沿うモータ・カップリングをご選定下さい。
Q8LXRのモータ折り返し方向は自由に選択できますか?
A8折り返し方向はベース面に対して左右のみ対応しています。ベース面に対して上下方向は標準品では非対応となりますのでご注意ください。
※LXRの折り返し方向はお客さまにて組み付けていただく仕様となっています。
上下対応はミスミFAカタログ規格外品サービスにて承ります。以下窓口までお問い合わせください。
Q9使用されているプーリの材質を教えてください。
A92000系アルミ合金製です。
Q10標準タイプに後からカバーを取り付けることはできますか?
A10できません。
標準タイプとカバータイプではブロックの形状が異なるためです。
Q11潤滑ユニットMXをブロックから取り外すことはできますか?
A11できません。
潤滑ユニットはブロックと一体構造のため取り外しはできません。
Q12モータ取り付け方法を教えてください。
A12モータブラケットに芯出し治具を使用してモータアタッチメントを取り付けください。取り付け方法例は以下図を参照ください。

Q13モータブラケット部分は取り外しできますか?
A13できません。
ブラケット部の取り外しはできません。一軸アクチュエータ(LX)のブラケットはベアリング・ブロックと一体となっているためです。
お客さま独自のブラケットを取り付ける場合は、ブラケット無しタイプを選定ください。
Q14折り返しタイプ(LXR)と標準タイプでプーリ・ベルトを流用することはできますか?
A14折り返しタイプと標準タイプでは軸端の形状が異なるため、流用して使用することはできません。
Q15推奨数以上のセンサを取り付けることは可能ですか?
A15各製品ページの記載数以上での使用は推奨していません。センサが正しく検知されない可能性があります。
ただし、LXシリーズのセンサはお客さまにてお取り付けいただきますので、取り付け自体は可能です。

日目 数量を入力してください。 数量は1以上の整数を入力してください。 商品を選択して下さい。 システムエラーが発生しました。 ユニット型番 カート追加 Webパラメトリックス アドオンソフト ejpnja https://api.jp.misumi-ec.com 1