1,700万点、2,700メーカーの品揃え。1個から送料無料。18時までのご注文で最短当日出荷可能。

貴社向け業務支援

貴社向け担当者ご案内

FA用メカニカル部品 営業担当

月~土
8:00~20:00

技術相談窓口

FAメカニカル部品

0120-343-066
0570-034-355

webお問い合わせフォーム

【WOS】型番見積/注文

カテゴリ・メーカーから探す

カテゴリから探す
メカニカル部品
ねじ・ボルト・座金・ナット
工業用素材
配線部品
制御部品・PC部品
切削工具
生産加工用品
梱包・物流保管用品
安全保護・環境衛生・オフィス用品
研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品
プラ型用部品
設計事例から探す
inCAD Library
メーカーから探す
取扱いメーカー一覧

一軸アクチュエータ LX26 標準/カバータイプ

一軸アクチュエータ LX26 標準/カバータイプ
  • 価格改定
この商品のFAQをみる(1件)

20kg程度までの高精度位置決めに最適!
ガイド、ボールねじが一体構造で組み付けが簡単です。

さらに組み付け工数を削減したい方にはモータ付きタイプをお勧めします。
モータ組み付け済みのLXMはこちら
http://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/110301986020/

*ご選定の際は定格荷重、許容モーメントをご確認うえご選定ください(技術情報参照)

ご注意

型番 商品を一つに絞り込むとこちらに型番が表示されます
技術情報満載のアクチュエータ総合情報サイトはこちらから

一軸アクチュエータ LX26 標準/カバータイプ:関連画像
仕様
LX26
標準/カバー
ねじ径(mm) 8
リ−ド(mm) 2 ・ 5・ 10
精度 上級・精密級
付属品
モ−タアタッチメント
A5052 黒色アルマイト
アタッチメント取付ねじ4本  SUSXM7
モータブラケット無しタイプに付属品はありません。
材質はP.445をご参照ください。
標準グリース:昭和シェル製アルバニヤグリースS No.2
低発塵グリース:日本精工製LG2

規格表

型式 ブロック数 モータアタッチメント ベース全長(L)
LX2602C
LX2605−MX

B1
B1

A2640
A2638

300
200
型式 標準グリース 低発塵グリース 潤滑ユニットMX付(標準グリース)
上級 精密級 上級 精密級 上級 精密級
リ−ド2 LX2602(C) LX2602(C)P LX2602(C)G LX2602(C)PG LX2602(C)−MX LX2602(C)P−MX
リ−ド5 LX2605(C) LX2605(C)P LX2605(C)G LX2605(C)PG LX2605(C)−MX LX2605(C)P−MX
リ−ド10 LX2610(C) LX2610(C)P LX2610(C)G LX2610(C)PG LX2610(C)−MX LX2610(C)P−MX
「C」はカバータイプとなります。
低発塵グリース情報 P.448
潤滑ユニットMX情報 P.444
型式 ブロック数 モータ
アタッチメント
ベース
全長(L)
有効ストローク 総質量(kg) 取付穴寸法
標準 カバー
上級 精密級 B1 B2 MX付(B1) B1 B2 B1 B2 A P B ピッチ数 穴数(N)
(標準グリース)
LX2602(C)
LX2605
(C)
LX2610
(C)
(低発塵グリース)
LX2602(C)G
LX2605
(C)G
LX2610
(C)G
(潤滑ユニットMX付・
標準グリース)
LX2602(C)−MX
LX2605
(C)−MX
LX2610
(C)−MX
(標準グリース)
LX2602(C)P
LX2605
(C)P
LX2610(C)P
(低発塵グリース)
LX2602(C)PG
LX2605
(C)PG
LX2610
(C)PG
(潤滑ユニットMX付・
標準グリース)
LX2602(C)P−MX
LX2605
(C)P−MX
LX2610
(C)P−MX
(1個)
B1
潤滑ユニット
MX付とリード10は、
B1のみ選択可

(2個)
B2
(サーボモータ)
A2625 A2628
A2638 A2640
E2640

(ステッピングモータ)
T2628 T2642
T2656.4

(アタッチメント無し)
N

(モータブラケット無し)
F
100
(リード2のみ)
17 0.87 1.07 10 80 10 1 4
150 67 0.95 1.15 35 35
200 117 105 1.16 1.36 20 20 2 6
250 167 91 155 1.37 1.57 1.57 1.89 45 45
300 217 141 205 1.58 1.78 1.78 2.10 30 30 3 8
350
(リード5・10のみ)
267 191 255 1.79 1.99 1.99 2.31 15 15 4 10
400
(リード5・10のみ)
317 241 305 2.00 2.20 2.20 2.52 40 40
*精密級には精度保証書を添付致します。
*アタッチメント無しは、モータアタッチメントと取付ねじが付属されません。
*有効ストロークは、両端より片側2.5㎜余裕を取った寸法で記載しています。
*「C」はカバータイプです。
最高速度はP.447をご参照ください。
慣性モーメントはP.446をご参照ください。
潤滑ユニットMX付は+0.007kg
■精度基準
精度基準 上級 精密級
位置決め精度(mm) 0.06 0.02
バックラッシ(mm) 0.01 0.003
繰返し位置決め精度(mm) ±0.005 ±0.003
走り平行度(mm) 0.025 0.01
起動トルク(N・cm) 2 2

一軸アクチュエータ LX26 標準/カバータイプ:関連画像

一軸アクチュエータ LX26 標準/カバータイプ:関連画像

基本情報

本体/周辺部品 本体 モータ取付姿勢 ストレート モータ有無 なし(お客様にて組み込み)
ボールねじ軸径(φ) 8 テーブル長(mm) 47.4

絞り込み条件

全て解除

仕様・寸法で絞り込む

  • 本体/周辺部品

    • 本体
  • 呼び(高さ)

    • 26
    • 33
  • 精度

    • 上級
    • 精密級
  • テーブル(ブロック)

    • ロング1個
    • ロング2個
  • リード(mm)

    • 2
    • 5
    • 10
  • モータ取付姿勢

    • ストレート
  • カバー

    • なし
    • あり
  • グリース

    • 標準
    • 低発塵
  • モータ有無

    • なし(お客様にて組み込み)
  • 潤滑ユニット有無

    • なし
    • あり
  • ボールねじ軸径(φ)

    • 8
  • テーブル長(mm)

    • 47.4
  • テーブル幅(mm)

    • 37.6
    • 62
  • モータアタッチメント

    • F(ブラケット無し)
    • N(アタッチメント無し)
  • ベース全長 [L](mm)

    • 100
    • 150
    • 200
    • 250
    • 300
    • 350
    • 400
    [200-400/50mm単位]
  • モータアタッチメント(サーボモータ用) [A]

    • 2625
    • 2628
    • 2638
    • 2640
  • モータアタッチメント(サーボモータ用) [E]

    • 2640
  • モータアタッチメント(スッテピングモータ用) [T]

    • 2628
    • 2642
    • 2656.4
  • タイプ

    • LX2602CG
    • LX2610CG
    • LX2610PG
    • LX2610G
    • LX2610
    • LX2605G
    • LX2610CP
    • LX2602P-MX
    • LX2605P-MX
    • LX2610CP-MX
    • LX2605CPG
    • LX2605
    • LX2610CPG
    • LX2610P-MX
    • LX2602C
    • LX2605PG
    • LX2610C-MX
    • LX2602
    • LX2602CP-MX
    • LX2602-MX
    • LX2602PG
    • LX2605C-MX
    • LX2605CG
    • LX2602G
    • LX2605P
    • LX2605CP-MX
    • LX2602P
    • LX2605-MX
    • LX2610P
    • LX2602CP
    • LX2610-MX
    • LX2610C
    • LX2605CP
    • LX2602C-MX
    • LX2605C
    • LX2602CPG
  • CAD

    • 2D
    • 3D

出荷日で絞り込む

  • 出荷日

    • すべて
    • 3日以内
    • 5日以内
    • 8日以内

よくあるご質問(FAQ)

質問: 一軸アクチュエータの最高速度について、「ボールねじの危険速度とDN値によって算出された」とありますが、どのような計算式や理論によって導かれたのでしょうか?
回答: こちらに危険速度とDN値の計算方法を記しておりますのでご参照ください。
http://jp.misumi-ec.com/pdf/fa/2012/p1_1951.pdf

このカテゴリにはこんな商品もあります!

よく一緒に購入されている商品

この商品を見た人は、こんな商品も見ています

この商品に関連するミスミ ユニット事例

技術サポート窓口

FAメカニカル事業部
TEL:03-5805-7290/7291 / FAX:03-5805-7292
受付時間:9:00~12:00、13:00~18:00 (日曜日・年末年始は除く)
お問い合わせフォーム