1,700万点、2,700メーカーの品揃え。1個から送料無料。18時までのご注文で最短当日出荷可能。

貴社向け業務支援

貴社向け担当者ご案内

FA用メカニカル部品 営業担当

月~土
8:00~20:00

技術相談窓口

FAメカニカル部品

0120-343-066
0570-034-355

webお問い合わせフォーム

【WOS】型番見積/注文

カテゴリ・メーカーから探す

カテゴリから探す
メカニカル部品
ねじ・ボルト・座金・ナット
工業用素材
配線部品
制御部品・PC部品
切削工具
生産加工用品
梱包・物流保管用品
安全保護・環境衛生・オフィス用品
研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品
プラ型用部品
設計事例から探す
inCAD Library
メーカーから探す
取扱いメーカー一覧

〔技術計算〕伝動 タイミングベルトの選定方法 1

タイミングプーリ・ベルト選定自動計算ツールで簡単に選定を行えます。
http://fawos.misumi.jp/FA_WEB/pulley/

【手順1】設計に必要な条件を定める

  1. ①機械種類
  2. ②伝動動力
  3. ③負荷変動の程度
  4. ④1日の稼動時間
  5. ⑤小プーリの回転数
  6. ⑥回転比(大プーリ歯数/小プーリ歯数)
  7. ⑦暫定軸間距離
  8. ⑧プーリ径の制限
  9. ⑨その他の使用条件

【手順2】設計動力を計算する

2-a: MXL/XL/L/H/S□M/MTS□/Tシリーズの場合

●設計動力(Pd)kW=伝動動力(Pt)kW×過負荷係数(Ks)

  • ・伝動動力(Pt):原動機定格動力で算出してください。(本来はベルトに掛かる実際の負荷で計算するのが理想です。)
  • ・過負荷係数(Ks):以下の式より値を求めてください。
  • 過負荷係数(Ks)=Ko+Kr+Ki
  • Ko: 負荷補正係数(表1)
    Kr: 回転比補正係数(表2)
    Ki: アイドラー補正係数(表3)
  • ※トルク(Tq)を動力(Pd)に換算する場合は、以下の式より値を求めてください。
  • トルク(Tq)=tq×Ks
    設計動力(Pd)=Tq×n/9550
  • Tq: 設計トルク(N・m)
    tq: 伝動トルク(N・m)
    Ks: 過負荷係数
    Pd: 設計動力(kW)
    n : 回転数(rpm)
  1. i. 最大トルクの使用頻度が数回/日の場合
    最大トルクに負荷補正係数(Ko)を1.0とした過負荷係数(Ks)をかけた設計動力をご使用ください。
  2. ii. 最大トルクの使用頻度が高い場合
    最大トルクに過負荷係数(Ks)をかけた設計動力をご使用ください。
  • <スピンドルモータをご使用の場合>
    モータの基底回転数の動力に過負荷係数(Ks)をかけた設計動力をご使用ください。
  • <リニア駆動でご使用の場合>
    下記の式で設計動力を計算してください。
  • Te=m×α
    Pt=Te×V/1000
    Pd=Pt×Ks
  • Te: 有効張力(N)
    m: 質量(kg)
    α :加速度(m/sec2)
    V : ベルト速度(m/sec)
    Pt: 伝動動力(kW)
    Pd: 設計動力(kW)
    Ks: 過負荷係数
表1.負荷補正係数表(Ko)
表2.回転比補正係数表(Kr)
表3.アイドラー補正係数表(Ki)

2-b: P□M/UP□Mシリーズの場合

●設計動力(Pd)kW=伝動動力(Pt)kW×過負荷係数(Ks)

  • ・伝動動力(Pt):原動機定格動力で算出してください。(本来はベルトに掛かる実際の負荷で計算するのが理想です。)
  • ・過負荷係数(Ks):以下より値を求めてください。
  • 過負荷係数(Ks)=Ko+Ki+Kr+Kh
  • Ko: 使用係数(表4)
    Ki: アイドラー使用時の補正係数(表5)
    Kr: 増速時の補正係数(表6)
    Kh: 運転時間の補正係数(表7)
表4.使用係数(Ko)
表4.被動機の例
表5.アイドラー使用時の補正係数(Ki)
表6.増速時の補正係数(Kr)
表7.運転時間の補正係数(Kh)
WOS(Web Order System)

WOSのトップページはMISUMI-VONAに統合されました。

WOSでご利用になっていた機能は右赤枠内にございます。

WOSトップページ 閉じる
お役立ち情報サービス一覧
初めての方へ

当サイトのサービスは(学校・個人事業主様を含む)法人様専用となっております。

ミスミ進化中!