1,600万点、2,600メーカーの品揃え。1個から送料無料。18時までのご注文で最短当日出荷可能。

貴社向け業務支援

貴社向け担当者ご案内

FA用メカニカル部品 営業担当

月~土
8:00~20:00

技術相談窓口

FAメカニカル部品

0120-343-066
0570-034-355

webお問い合わせフォーム

【WOS】型番見積/注文

カテゴリ・メーカーから探す

カテゴリから探す
メカニカル部品
ねじ・ボルト・座金・ナット
工業用素材
配線部品
制御部品・PC部品
切削工具
生産加工用品
梱包・物流保管用品
安全保護・環境衛生・オフィス用品
研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品
プラ型用部品
設計事例から探す
inCAD Library
メーカーから探す
取扱いメーカー一覧

ボールスプライン概要

ボールスプラインはボールの転がり運動を利用した直線運動機構です。
ラジアル荷重とトルクを同時に負荷できることから、搬送装置やロボットなど幅広い分野で使用されます。



スプライン軸・溝ねじれ許容差(最大)

単位=μm

材 質

許容差

SUJ2

13

SUS440C

33

溝のねじれはスプライン部有効長さの間に任意にとった100mmに対して表します。
移動量が100mm未満又は100mmを超える場合は表の値を移動量に比例して増減します。

ボールスプライン回転方向のすきま単位/μm

No.

標準予圧

SUJ2

SUS440C

4

-2~+1

6

-1~+4

8

10

-3~+1

13

-2~+5

16

20

-4~+2

25

30

40

-6~+3

スプライン軸支持部に対する各部精度(最大):①②③単位/μm

No.

①部品取付部の

②スプライン部

③フランジ取付

半径方向円周振れ

軸端面の直角度

面の直角度

4

14

9

-

6

11

8

10

17

13

19

11

13

16

20

25

22

13

16

30

40

25

16

19

④スプライン軸支持部(スプライン軸線)に対するスプラインナット外周面の半径方向振れ(最大)単位/μm

スプライン軸

No.

全長

4

6・8

10

13・16

20・25・30

40

~ 200

46

46(72)

36(59)

34(56)

32

32

201~ 315

89

89

54(83)

45(71)

39

36

316~ 400

126

126

68(103)

53(83)

44

39

401~ 500

163

163

82

62

50

43

501~ 630

102

75

57

47

631~ 800

68

54

801~1000

83

63

1001~1150

102

76

( )は材質SUS440Cの値です。

●接触係数(fc)

1軸に密着して組み付けられるスプラインナットの個数

接触係数(fc)

1

1.00

2

0.81


No.

基本定格トルク

基本定格荷重

静的許容モーメント

CT

C0T

C

C0

M01

M02

N・m

N・m

kN

kN

N・m

N・m

4

0.74

1.05

0.86

1.22

1.97

10.3

6

1.5(3.8)

2.4(7.0)

1.22(1.2)

2.28(2.1)

5.1(5)

40(36)

8

2.1(4.8)

3.7(8.7)

1.45(1.2)

2.87(2.1)

7.4(5)

50(36)

10

4.4(11)

8.2(21)

2.73(2.4)

5.07(4.3)

18.0(15)

116(102)

13

21(20)

39.2(37)

2.67(3.3)

4.89(5.9)

13.7(22)

109(148)

16

60(51)

110(93)

6.12(6.2)

11.2(11.1)

46(56)

299(386)

20

83

133

7.84

11.3

63

500

25

162

239

12.3

16.1

104

830

30

289

412

18.6

23.2

181

1470

40

637

882

30.8

37.5

358

2940

( )は材質SUS440Cの値です。


●荷重係数(fw)

リニアシステムに作用する荷重を計算する場合、物体の重量のほかに運動速度に原因する慣性力、あるいはモーメント荷重、さら
には各々の時間的変化なども正確に求めることが必要です。しかし、往復運動においては常に起動、停止の繰返しが伴う以外に
も、振動・衝撃の要素が考えられ、正確な計算は困難です。したがって、実際の動作状態を考慮した係数を考えることが必要です。


使用条件

荷重係数(fw)

外部からの衝撃振動もなく 速度も遅い場合15m/min以下

1.0~1.5

特に著しい衝撃振動もなく 速度も中速の場合60m/min以下

1.5~2.0

外部から衝撃振動がかかり 速度は高速の場合60m/minを超えるもの

2.0~3.5



●キー溝寸法

No.

B

h

L1

R

許容差

許容差

μm

μm

4

2

+16

+ 6

2

0

-25

6

1

6

2.5

2.5

10.5

1.25

8

2.5

2.5

10.5

1.25

10

3

3

13(14)

1.5

13

3

3

15(14)

1.5

16

3.5

+24

+12

3.5

0

-30

17.5(18)

1.75

20

4

4

26(29)

2

25

5

5

33

2.5

30

7

+30

+15

7

0

-36

41

3.5

40

10

8

55

5

( )は材質SUS440Cの寸法となり、( )以外は同等寸法です。。

付属キーはSC材となります。



取扱注意:

スプライン軸からスプラインナットを抜いた場合予圧がかかっていますので、こじらないようゆっくり組付けを行ってください。
こじると、ボールの脱落、キズの発生の原因になります。

ページトップへ戻る

WOS(Web Order System)

WOSのトップページはMISUMI-VONAに統合されました。

WOSでご利用になっていた機能は右赤枠内にございます。

WOSトップページ 閉じる
お役立ち情報サービス一覧
初めての方へ

当サイトのサービスは(学校・個人事業主様を含む)法人様専用となっております。

ミスミってなに?