1,700万点、2,700メーカーの品揃え。1個から送料無料。18時までのご注文で最短当日出荷可能。

貴社向け業務支援

貴社向け担当者ご案内

FA用メカニカル部品 営業担当

月~土
8:00~20:00

技術相談窓口

FAメカニカル部品

0120-343-066
0570-034-355

webお問い合わせフォーム

【WOS】型番見積/注文

カテゴリ・メーカーから探す

カテゴリから探す
メカニカル部品
ねじ・ボルト・座金・ナット
工業用素材
配線部品
制御部品・PC部品
切削工具
生産加工用品
梱包・物流保管用品
安全保護・環境衛生・オフィス用品
研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品
プラ型用部品
設計事例から探す
inCAD Library
メーカーから探す
取扱いメーカー一覧

コードヒータ / リボンヒータ 概要

コードヒータ 特長

  • ヒータ被覆はシリコンゴムなので、耐熱性に優れております。
  • コード状のヒータなのであらゆる形状にも取付け可能です。
  • 最高使用温度は180℃です。

基本構造

発熱体とシリコンゴムを一体成形したヒータです。

基本構造図

金属パイプの中央にスパイラル発熱体を高絶縁材で充填したヒータです。

取付方法

  • 配管等に直接取付けてご使用ください。
  • 固定方法例として、耐熱テープで固定する方法があります。(図1)

使用上の注意

  • ヒータを大気中で単体で加熱しないでください。火災や断線の原因となります。必ず被加熱物に密着させてご利用ください。
  • ヒータを重ねて取付けないでください。
  • 配線端子の接続は、接触状態に注意して確実に行ってください。
  • 定格電圧(V)以上での使用はしないでください。
  • ヒータを被加熱物から外す際は必ず電源を切ってください。 また、電源を切った後のヒータにはすぐに触れないでください。

選定方法(コードヒータ、リボンヒータ及びシリコンベルトヒータ)

ヒータに必要な熱量(W)を決める。 保温厚さ、配管サイズ、配管温度と外気温度との温度差を規定し、以下の計算式によって算出します。(図2、表1・2を参照ください。)



例)配管サイズ15A(1/4B)、長さ1mの配管を30℃にする場合

(保温厚さ25mmで、外気温度を20℃とする。)


表1より、保温厚さ25mm、配管サイズ15A(1/4B)で、配管温度(30℃)と外気温度(20℃)との温度差が

10℃の時、配管1mあたりのワット数は、4.0(W/m)である。よって、


表1 保温厚さが25mmの場合

単位 : W/m(配管1mあたりのワット数)

配管サイズ

配管温度と外気温度との温度差

A

B

10℃

20℃

30℃

40℃

60℃

80℃

15

1/4

4.0

8.1

12.1

16.1

24.4

32.6

20

1/2

4.6

9.2

13.9

18.5

27.6

36.9

25

1

5.4

10.6

16.0

21.4

32.0

42.8

32

1 1/4

6.3

12.5

18.8

24.9

37.5

50.1

40

1 1/2

6.9

13.7

20.5

27.5

41.3

54.9

50

2

8.1

16.1

24.2

32.2

48.4

64.5

65

2 1/2

9.5

19.1

28.6

38.3

57.2

76.4

80

3

10.9

21.6

32.5

43.4

65.0

86.6

100

4

13.2

26.6

39.9

53.3

79.6

126.5

150

6

18.2

36.5

54.8

73.1

109.5

145.9

200

8

23.3

46.5

69.6

92.9

139.1

185.5

250

10

28.1

56.3

84.4

112.5

168.8

225.0


表2 保温厚さが50mmの場合

単位 : W/m(配管1mあたりのワット数)

配管サイズ

配管温度と外気温度との温度差

A

B

10℃

20℃

30℃

40℃

60℃

80℃

15

1/4

2.7

5.6

8.4

11.3

16.9

22.5

20

1/2

3.1

6.2

9.4

12.5

18.8

25.5

25

1

3.5

7.0

10.6

14.1

21.1

28.1

32

1 1/4

4.0

8.0

12.0

16.0

24.1

32.1

40

1 1/2

4.4

8.6

13.0

17.3

26.0

34.7

50

2

5.0

9.9

14.9

19.7

29.9

39.8

65

2 1/2

5.7

11.5

17.3

23.1

34.5

46.0

80

3

6.4

12.9

19.2

25.6

38.5

51.2

100

4

7.6

15.4

23.0

30.8

46.0

61.4

150

6

10.2

20.4

30.6

40.9

61.1

81.5

200

8

12.8

25.4

38.1

50.9

76.1

101.5

250

10

15.1

30.4

45.5

60.8

91.0

121.4

リボンヒータ 特長

  • スタンダードタイプ
  • ヒータ被覆はガラスクロスを使用しておりますので、耐熱性に優れています。
  • 帯状のヒータなので、配管やタンクに容易に取り付けられます。
  • 最高使用可能温度は350℃です。

基本構造

発熱体をガラスクロスで被覆したヒータです。フッ素コーティングタイプは発熱体をフッ素コーティングしたガラスクロスで被覆したヒータです。

基本構造図

取付方法

  • 配管等に巻きつけた後、取付用の紐で締め付けてください。
  • フッ素コーティングタイプ
  • 被覆はガラスクロスにフッ素コーティングを施しておりますので、発塵を抑制します。また、耐熱性にも優れています。
  • 帯状のヒータなので、配管やタンクに容易に取り付けられます。
  • 最高使用温度は200℃です。

使用上の注意

  • ヒータを大気中で単体で加熱しないでください。火災や断線の原因となります。必ず被加熱物に密着させてご利用ください。
  • ヒータ表面はガラスクロスのため、水滴・油のかかる場所や湿気の多いところでは使用しないでください。
  • ヒータを重ねて取付けないでください。
  • 配線端子の接続は、接触状態に注意して確実に行ってください。
  • 定格電圧(V)以上で使用しないでください。
  • ヒータを被加熱物から外す際は必ず電源を切ってください。また、電源を切った後、すぐにヒータには触れないでください。
  • 安全にお使い頂くために、温度調節コントローラをご使用ください。

巻き数の求め方(コードヒータ、リボンヒータ及びシリコンベルトヒータ)

ページトップへ戻る

WOS(Web Order System)

WOSのトップページはMISUMI-VONAに統合されました。

WOSでご利用になっていた機能は右赤枠内にございます。

WOSトップページ 閉じる
お役立ち情報サービス一覧
初めての方へ

当サイトのサービスは(学校・個人事業主様を含む)法人様専用となっております。

ミスミ進化中!