1,700万点、2,700メーカーの品揃え。1個から送料無料。18時までのご注文で最短当日出荷可能。

貴社向け業務支援

貴社向け担当者ご案内

FA用メカニカル部品 営業担当

月~土
8:00~20:00

技術相談窓口

FAメカニカル部品

0120-343-066
0570-034-355

webお問い合わせフォーム

【WOS】型番見積/注文

カテゴリ・メーカーから探す

カテゴリから探す
メカニカル部品
ねじ・ボルト・座金・ナット
工業用素材
配線部品
制御部品・PC部品
切削工具
生産加工用品
梱包・物流保管用品
安全保護・環境衛生・オフィス用品
研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品
プラ型用部品
設計事例から探す
inCAD Library
メーカーから探す
取扱いメーカー一覧

液体加熱用シースヒータ 概要

特長

  • 接液部は全てステンレス(SUS316L、SUS304)を使用しておりますので、耐食性に優れています。
  • 取り付けが容易で、小スペースでの取り付けが可能です。
  • 最高使用可能温度は160℃です(液温)。

基本構造

ステンレスパイプの中にニクロム線をマグネシアで充填したヒータです。

取付方法


●液体加熱用シースヒータ(プラグ(PFねじ)ヒータ/フランジ型)の取付

プラグ(PFねじ)型

※PTねじ型は商品ページをご参照ください。


① 水槽(タンク)のヒータ取付位置を決めφ70~71の穴を開けます。


② プラグヒータ取付用ソケット(型番:MSHTS)を取付穴に差し込み溶接します。(図1)

(ソケットはMSHTT(商品ページ)でも使用可能です。)

(図1)

フランジ型

① 水槽(タンク)のヒータ取付位置を決めてください。


② JIS−5K−50A鋼管さし込み溶接フランジを鋼管につけ、


水槽(タンク)に溶接してください。(図A)

(図A) (図B)

③ 付属のパッキンをねじ部に挿入し、パイプレンチで六角部をつかんで、ヒータを廻し込みます。(図2・図3)

(図2) (図3)

※締め付け後は、液漏れがないことを確認してください。


③ 付属のパッキンをシース部から挿入し、フランジをM12

ボルトとナットにて締結してください。(図B)

※ 締付後は液漏れがないことを確認してください。


④ 結線方法 端子3ヶ所に電線を接続します。(図4)(図C)

(図4)(図C)


●各形状ヒータの取付

① 水槽(タンク)のヒータ取付位置を決めφ17の穴を2ヶ所

各種シースヒータのブシュ間ピッチに合わせて開けてください。


② 付属のワッシャとパッキンをねじ部に挿入し取付穴に差し込みます。

水槽(タンク)の外側から付属のナットでヒータを固定します。(図5)

(図5)

③ 結線方法 端子2ヶ所に電線を接続します。(図6)

(図6)

※締め付け後は、液漏れがないことを確認してください。

使用上の注意

① ヒータを大気中で空焼きしないでください。火災や断線の原因となります。

② ヒータの端子部に水等がかからないようにしてください。漏電、ショートの原因となります。

③ 長時間使用しますと、ヒータの表面に水垢、炭化物等が付着します。ヒータの断線や腐食の原因となりますので定期的に除去してください。

④ 配線端子の接続は、接触状態に注意して確実に行ってください。

⑤ 電線は耐熱用のものを使用してください。

⑥ 定格電圧(V)以上での使用はしないでください。

⑦ ヒータを被加熱物から外す際は必ず電源を切ってください。また、電源を切った後のヒータには、すぐに触れないでください。


選定方法

① ヒータに必要な熱量(W)を決める。

被加熱物の質量、比熱、上昇温度、及び設定温度までの加熱時間から以下の計算式によって算出します。

効率(η)は、保温、断熱、ヒータの配置等によって異なるため、正確に算出することは難しいですが、一般的には0.2~0.5位が適当です。


   ●水、油の比熱・比重

物 質

比重(g/cm3

比熱(kcal/kg℃)

1.00

1.00

潤滑油

0.87

0.46

スピンドル油

0.85

0.46

オリーブ油

0.91

0.40

油は40℃のときの数値です


例)50lの水を50℃にする場合。

  (水が20℃で、設定温度までの加熱時間を60分とする。)

※効率を0.5とした。

※電力(電力密度)別昇温時間実測データ、下記参照


②ヒータの本数と1本あたりの熱量(W)を決める。

  ヒータの取付方法を決め、合計の熱量が被加熱物に必要な熱量になるように、ヒータの本数と1本あたりの熱量を決めます。


シースヒータの選定

この場合、効率(η)が正確に算出することが難しいため、計算よりも大きい熱量(W)のヒータを選定。

(使用するヒータの長さ(L寸)と使用電圧(V)が適切であるかご確認ください。)

電力(電力密度)別昇温時間実測データ

※使用ヒータ : MSHPW

※被加熱物 : 水(15l)

電力5kW

電力密度7.0W/cm2

WOS(Web Order System)

WOSのトップページはMISUMI-VONAに統合されました。

WOSでご利用になっていた機能は右赤枠内にございます。

WOSトップページ 閉じる
お役立ち情報サービス一覧
初めての方へ

当サイトのサービスは(学校・個人事業主様を含む)法人様専用となっております。

ミスミ進化中!