1,700万点、2,700メーカーの品揃え。1個から送料無料。18時までのご注文で最短当日出荷可能。

貴社向け業務支援

貴社向け担当者ご案内

FA用メカニカル部品 営業担当

月~土
8:00~20:00

技術相談窓口

FAメカニカル部品

0120-343-066
0570-034-355

webお問い合わせフォーム

【WOS】型番見積/注文

カテゴリ・メーカーから探す

カテゴリから探す
メカニカル部品
ねじ・ボルト・座金・ナット
工業用素材
配線部品
制御部品・PC部品
切削工具
生産加工用品
梱包・物流保管用品
安全保護・環境衛生・オフィス用品
研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品
プラ型用部品
設計事例から探す
inCAD Library
メーカーから探す
取扱いメーカー一覧

ラバーヒータ 概要

特長

  • 柔軟性のある薄いシリコンゴムを使用している為、加熱面へ確実にフィットします。
  • 加熱面全面に均一な発熱をさせたい場合に適しています。
  • ヒータ表面の最高使用可能温度は220℃です。(高温タイプは250℃です。)

基本構造

上下2枚のシリコンゴムシートの間に抵抗エレメントを配し、内部エアーを除去した後に圧縮プレスし、薄いシート状に一体化した構造となっております。

取付方法

①クランプ : 金属板と被加熱物でラバーヒータを挟みこんで使用します。
  ヒータの許容耐面圧力は1.47MPa{15kgf/cm2}です。
②シリコン接着 : ラバーヒータ専用の接着シリコンをラバーヒータに塗布して被加熱物に接着します。
 最高使用温度は180℃です。
③テープ接着 : ラバーヒータの裏面に両面テープを貼り付け被加熱物に接着します。
 最高使用温度は150℃です。

使用上の注意

  1. ヒータを大気中で空焼きしないでください。発火等の恐れがあります。ヒータ取付け面に対して浮いている場合も同様です。
     ただし、電力密度が0.5W/cm2以下の場合は常温雰囲気中で空焼きが可能です。
  2. ヒータを金属板と被加熱物で挟みこむ際は、リード線及びリード線押さえシートが金属板に接触しないようにしてください。
  3. 蒸気、水中、腐食性ガス等の雰囲気中では使用できません。
  4. ヒータに穴をあける等の加工は出来ません。また、ラバーに傷がついてしまった際は使用できません。
  5. ヒータを折り曲げて使用しないでください。ヒータの最小曲げRは25です。
  6. 定格電圧(V)以上での使用はしないでください。
  7. ヒータを被加熱物から外す際は必ず電源を切ってください。また、電源を切った後のヒータには、すぐに触れないでください。
  8. 被加熱物とヒータ間のすき間が大きいと異常昇温します。ヒータ固定には十分注意が必要です。
  9. リード線押さえシート部には力を加えないでください。

電力(電力密度)別昇温時間実測データ

選定方法

①ヒータに必要な熱量(W)を決める。

被加熱物の質量、比熱、上昇温度、及び設定温度までの加熱時間から以下の計算式より算出します。

効率(η)は、保温、断熱、ヒータの配置等によって異なるため、正確に算出することは難しいですが、
一般的には0.2~0.5位が適当です。

主な材質の比重・比熱

材質 比重(g/cm3 比熱(kcal/kg℃)
アルミニウム(A7075P系) 2.80 0.230
7.85 0.113
ステンレス 7.82 0.110
黄銅 8.70 0.100

例) 100×100×3(mm)の質量が約0.2kgのステンレス材を使用したヒータプレートを、150℃にする場合。
(ヒータプレートが20℃で、設定温度までの上昇時間を15分とする。)

※効率を0.3とした。
電力(電力密度)別昇温時間実測データ参照

ラバーヒータの選定

①ヒータの形状、及び大きさを決める。

②使用される電圧(V)を決める。

③被加熱物が必要とする熱量(W)を決める。

④熱量(W)÷ヒータの大きさ(cm2)が、0.2以上0.8以下(W/cm2)のとき製作可能です。

⑤リード線の長さを決める。

※角形(穴付タイプ)商品ページ 、角型(サーモスタット付タイプ)商品ページはリード線長さ1000となります。

WOS(Web Order System)

WOSのトップページはMISUMI-VONAに統合されました。

WOSでご利用になっていた機能は右赤枠内にございます。

WOSトップページ 閉じる
お役立ち情報サービス一覧
初めての方へ

当サイトのサービスは(学校・個人事業主様を含む)法人様専用となっております。

ミスミ進化中!