1,700万点、2,700メーカーの品揃え。1個から送料無料。18時までのご注文で最短当日出荷可能。

貴社向け業務支援

貴社向け担当者ご案内

FA用メカニカル部品 営業担当

月~土
8:00~20:00

技術相談窓口

FAメカニカル部品

0120-343-066
0570-034-355

webお問い合わせフォーム

【WOS】型番見積/注文

カテゴリ・メーカーから探す

カテゴリから探す
メカニカル部品
ねじ・ボルト・座金・ナット
工業用素材
配線部品
制御部品・電気部品
切削工具
生産加工用品
梱包・物流保管用品
安全保護・環境衛生・オフィス用品
研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品
プラ型用部品
設計事例から探す
inCAD Library
メーカーから探す
取扱いメーカー一覧

小形ギヤードモーター可変速タイプユニットモータの概要・仕様

概要

出力

6W,15W,25W,40W,60W,90W

定格電圧

100V,200V

使用電圧範囲

±10%(定格電圧に対して)※

電源周波数

50Hz/60Hz

速度制御範囲

90~1400min−1(50Hz)
90~1700min−1(60Hz)

速度変動率

5%(標準値)

速度設定

ボリュー厶にて設定(アナログ設定)

使用温度範囲

−10℃~40℃

保存温度範囲

−20℃~60℃

使用湿度範囲

85%RH以下(結露のなきこと)

※±10%は電源電圧の変動範囲であり、常時使用可能な電圧ではありません。

スピードトルク曲線図(使用範囲)


※使用限界線について

可変速モータの使用限界を示します。可変速モータはこの使用範囲の斜線内部で使用してください。
使用限界線を越えて(斜線のない部分で)使用しますと、モータの温度上昇が高くなり焼損のおそれがあります。
さらにギヤの歯折れ等を引き起こします。

ギヤヘッドの伝達効率

Type

減速比

3 3.6 5 6 7.5 9 10 12.5 15 18 20 25 30 36 50 60 75 90 100 120 150 180
PACMGX 81% 75%
PACMGZ 81% 75% 70%

ギヤヘッドの許容軸トルクについて

可変速タイプユニットモータは、モータの回転速度によって使用できるトルクが制限されます。(左ページのスピードトルク曲線図の斜線部)
従って、可変速タイプユニットモータを使用する場合のギヤヘッドの許容軸トルクは、下記計算式より算出し、そのトルク以下でご使用ください。

TP=TM × i × η TP : 求めるギヤヘッドの許容軸トルク

TM : 可変速タイプユニットモータの使用限界スピードトルク

i : ギヤヘッドの減速比

η : ギヤヘッドの伝達効率

ただし、ギヤヘッドには許容トルクが設定されています(商品ページ『ギヤヘッド取付時の許容トルク』)ので、そのトルク以下でご使用ください。

(例1)

90Wのモータを500min−1で運転し、減速比50で使用する場合

左ページのスピードトルク曲線図よりTM=0.3N・m、

ギヤヘッドの伝達効率η=70%

よって、TP=0.3×50×0.7
            =10.5N・m

(例2)

40Wのモータを60Hz1000min−1で運転し、減速比150で使用しようとする場合

TM=0.16N・m、η=75%なので、TP=0.16×150×0.75=18N・m

と計算できますが、40W用ギヤヘッドの減速比150の許容軸トルクは

商品ページの表より9.80N・mなので、ギヤヘッド出力軸にかかるトルクが

9.8N・m以下になるように負荷トルクを小さくする必要があります。


回転方向の切替

●ー方向運転

スピードコントローラ裏面の端子台の結線換えにより、回転方法が変わります。端子を“CW”“CCW”どちらか一方に接続してください。

注意

ギヤヘッドと組み合わせますと、ギヤヘッドの出力軸の回転方向は、減速比により、モータの回転方向と逆になる場合があります。

●正逆運転

“CW”“CCW”の端子にスイッチを増設しますと、正逆運転ができます。

注意

モータが停止してから、スイッチを切り換えてください。動作中に切り換えると故障のおそれがあります。

スピードコントローラの取付方法

I. 角穴をあけて取り付ける方法

①取り付ける板に角穴をあけます。

②コントローラ本体とフロントパネルを組み合わせたままM4のネジとセットで固定します。

II. 角穴をあけずに取り付ける方法

①取り付ける板に穴をあけます。

②スピードコントローラ本体からフロントパネルを取り外します。

③スピードコントローラ本体をM3のさらネジとナットで固定します。

④フロントパネルを取り付ける板に組み付け、M4のネジとナットで固定します。取り付ける板の板厚は、2mm以下のものをご使用ください。

WOS(Web Order System)

WOSのトップページはMISUMI-VONAに統合されました。

WOSでご利用になっていた機能は右赤枠内にございます。

WOSトップページ 閉じる
お役立ち情報サービス一覧
初めての方へ

当サイトのサービスは(学校・個人事業主様を含む)法人様専用となっております。

ミスミ進化中!