1,750万点、2,900メーカーの品揃え。1個から送料無料。18時までのご注文で最短当日出荷可能。

貴社向け業務支援

貴社向け担当者ご案内

FA用メカニカル部品 営業担当

月~土
8:00~20:00

技術相談窓口

FAメカニカル部品

0120-343-066
0570-034-355

webお問い合わせフォーム

【WOS】型番見積/注文

カテゴリ・メーカーから探す

カテゴリから探す
メカニカル部品
ねじ・ボルト・座金・ナット
工業用素材
配線部品
制御部品・電気部品
切削工具
生産加工用品
梱包・物流保管用品
安全保護・環境衛生・オフィス用品
研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品
プラ型用部品
設計事例から探す
inCAD Library
メーカーから探す
取扱いメーカー一覧

広がる用途に対応しつつ、「低価格」・「短納期」・「多品種」ミスミのアルミフレーム

よくあるご質問

アルミフレームを選定したいが目安は?
ミスミのアルミフレームは次のシリーズにて構成されます。
溝幅6 HFS5シリーズ(20,40mm角)小型カバーリング・小物部品のラック…
溝幅8 HFS6シリーズ(30,50,60mm角)中型カバーリング・コンベアフレーム…
溝幅10 HFS8シリーズ(40,80mm角),HFS8−45シリーズ(45,90mm角),HFS8−50シリーズ(50,100mm角),HFS8−60(60mm角),大型クリーンブース・設備架台・構造材…
最初に製作物にかかる重量を求め、P.707の表の許容荷重を参考にフレームを選定してください。
ブラケットを選定したいが目安は?
各シリーズごとに使用可能なブラケットを分けて記載しております。ブラケットの許容荷重目安は各ブラケットのページをご参照ください。
・ブラケットが製作物やパネルに干渉する場合は、ブラインドブラケット(P.597等)、シンプルジョイント(P.602等)、タッピングジョイント(P.602等)、スクリュージョイント(P.603等)、シングルジョイント(P.609等)、センタージョイント(P.605等)、後入れダブルジョイント(P.607等)、先入れダブルジョイント(P.611等)を選定してください。
アルミフレームの材質は?
A6N01SS−T5(JIS記号)です。一般的な押出しアルミ合金のA6063より強度のある高剛性の材質です。
材質の詳細なデータについては、アルミフレーム材質データ(P.513)を参照してください。
※高剛性アルミフレームは、更に強度のあるA6061SS−T6相当を使用しています。
アルミフレームの切断公差は?
指定寸法の±0.5mm以下です。
アルミフレームの表面処理方法は?
フレームの表面にアルマイト処理(9μm以上)をしております。切断面はアルマイト処理をしていません。
※光沢クリア塗装アルミフレームは、アルマイト処理(9μm以上)の上に透明塗膜(7μm)を施したクリア塗装になります。
アルミフレームの切断方法は?
軟鋼材用のチップソーにて切断しております。フレーム組立て後は、フレームキャップ(P.545他)にて切断面をカバーしてください。
アルミフレーム切断面の直角度は?
アルミフレームは押出し材のため基準面がとれません。そのため切断面の直角度を表現できません。
このアルミフレームにJIS規格の六角ナットや四角ナットは使用できますか?
使用できません。当社では、専用ナットを使用することで座圧面積を大きく確保し、アルミ材の座屈を防ぐよう、ナットを製作しています。
※フラットフレーム(P.743・745)は使用可。
フレームを垂直に立てたときナットが落下してしまうのですが?
先入れナットに「先入れストッパ(P.619等)」を取付け、フレームの溝に挿入してください。
また後入れで使用する場合は、後入れナット・ストッパセット(P.623等)をご利用ください。
数が多い場合は、先入れバネナット(P.620等)、後入れバネナット(P.623等)を使用すると効果的です。
ナット及び六角穴付ボルト使用時の適正トルクは?
各アルミフレーム用ナット掲載ページの参考締付トルク(N・m)をご参照ください。
アルミフレームに樹脂パネルを固定したいのですが?
樹脂パネル固定方法には下記の方法があります。用途に応じて選定してください。(P.803)
(1)フレーム内側のブラケットにパネルを止める方法
この止め方は見た目も良く、パネルの取り外しも容易なため、安全カバーなどにおすすめです。
(2)フレーム溝にパネルはめ込み
この止め方では、パネルに穴加工が不要で、ビス止めも無いため、デザイン重視の用途におすすめです。
(締結部材によっては切り欠きが必要になります。)
(3)フレーム外側にパネルを貼る場合
フレームの溝に先入れナット(先入れストッパ付)をあらかじめ挿入し、パネル取付用ボルト(P.721)にて固定してください。
このとき、ナットのタップはM5を選定してください。(例 HNTT6−5)
アルミフレームに扉を取付けたいのですが?
扉取付け方法には下記の方法があります。用途に応じて選定してください。
樹脂プレート扉…蝶番・取手等を参照してください。
フレーム枠扉…カバープレート及びHFS5−2020,HFS6−3030にて製作してください。
※HFSシリーズの替わりに、扉用アルミフレームHFTFシリーズをご使用頂くと、簡単に製作できます。
アジャスタ、キャスタを固定したいのですが?
各フレームサイズごとに、使用可能なアジャスタ、キャスタを用意しております。
組立て時の注意点はありますか?
・フレーム組立ては、床がフラットで広いスペースを用意してください。
・フレーム組立て時の直角出しや面合わせについては、プレート等(HFSJG:組立て用ジグ)を外側よりあてがうと便利です。
・後入ナットは、予備品としてあらかじめご購入していただく事をおすすめします。
・組立て後は必ずボルトの締め忘れがないかチェックしてください。
アルミフレームのストークTは無料ですか?
はい。今後も継続していく予定です。当日出荷をご希望の場合は、これまで通りストークTとご指示ください。但し、ストーク料金は掛かりません。
(ブラケット用アルミフレーム(P.742)、汎用アルミフレーム(P.749)、フェンスフレーム(P.743〜747)は、ストークT無料ではありません。)
固定長フレーム(有効長さ4000mm)とは?
実際に使用できる有効長さが4000mm以上あるフレームという意味です。掴み代を含んだ実寸は4000mm以上となります(数十mm程度長くなります)。固定長フレームはお客様で切断してご使用いただくフレームのため、正確な長さの指定はできません。
商品一覧を見る
お問い合わせ
  • 技術的なお問い合わせ TEL:03-5805-7290 FAX:03-5085-7481
  • ECサービス
  • WEBからのお問い合わせ

WOS(Web Order System)

WOSのトップページはMISUMI-VONAに統合されました。

WOSでご利用になっていた機能は右赤枠内にございます。

WOSトップページ 閉じる
お役立ち情報サービス一覧
初めての方へ

当サイトのサービスは(学校・個人事業主様を含む)法人様専用となっております。

ミスミ進化中!