【高速化・高能率化Q&A】
フライス加工後のバリ取りを自動化したい

バリ取り工程の効率化を図りたいのですが、新たな設備投資をせずに実行できる方法はありますか?

 
マシニングセンターでのバリ取り方法

バリ取りを自動化しようとする場合、バレル研磨やショットブラスト、ウォータージェット等の機械装置を用いた方法が考えられますが、
新たな設備投資やマシニングセンターからのワーク移動の手間といった制約条件もあります。
それに対し、マシニングセンターで、切削加工に連続してバリ取りを行える工具として、バリ取りブラシやカッターがあります。


工具の使い分けは、主にバリ根元厚みを目安に行います。

>>バリ根元厚みによる工具選定 はこちら


・バリ根元厚み0.1mm以上の場合

  • 爪で押しても折れない厚みのバリを取る場合、エンドミルによる0カット(切り込み0oでバリだけを除去)を行ってください。面取り指示がある場合には、面取りカッターをご使用ください。
  • 適切なエンドミルやカッターを選定することで、バリを発生させる空間を無くしたり狭めたりする効果が得られます。
  • >>工具の抜け際に発生するバリをうまく処理するには? はこちら

・バリ根元厚み0.1mm未満の場合

  • バリ取りブラシを活用して効率的なバリ取りを行うことが可能です。
  • マシニングセンターでのバリ取りは、自動化できる反面、加工工程が増えることを意味しますので、使用するブラシには次のような特性が求められます。
  • − バリ取り能力が高く短時間の加工を実現できること
  • − バリ取り能力が持続すること
  • − ブラシ形状が変化しにくいこと
  • − 加工品質(エッジ、加工面)が安定すること
  • また、加工部位によってツールの送り方向と回転方向を設定すると、より効率的にバリを除去できます。

ツール送り方向と回転方向


オススメ商品のご案内

微細バリ取り、表面研磨の自動化に!

カッティングファイバー
CFM-B(ブラシ)/CFM-S(スリーブ)
CFM-B(ブラシ)/CFM-S(スリーブ)商品画像
商品情報・ご購入

 
  • アルミナ長繊維の先端が切れ刃となります。砥粒を含まず繊維素材そのもので研削するため、切れ刃が自生作用を持ち高い研削能力を発揮します。
  • 線材1本にアルミナ長繊維を1000本集束しており、圧倒的な量の切れ刃で研削します。
  • 繊維構造であるため切れ刃が連続しており、消耗しても常に新しい切れ刃が露出します。
  • ナイロン線材や真鍮線材と比べて、曲げ復元性・耐熱性・耐水性に優れており、ブラシ形状が変化しにくく、安定したバリ取り能力が維持します。
セラミックファイバーブラシ
CECF
CECF商品画像
商品情報・ご購入

カッティングファイバー用フロートホルダ
CFFH
CFFH商品画像
商品情報・ご購入

戻る