【精度向上Q&A】
側面の多段加工する際の加工スジを抑えるには?

側面加工を安定して行うために、短い刃長のエンドミルを用いて、Z方向に多段加工を行っているのですが、段のつなぎめにスジが残ってしまいます。加工スジを抑えるにはどうしたらよいのでしょうか?

 
加工面段差の発生メカニズム
切削面の加工スジは、エンドミルの外周切れ刃端が切削中に食い込むために発生する切削痕です。
切れ刃端部にR形状を設ける事により切れ刃端部の食い込みを防ぐことができます。
切れ刃端R加工用エンドミルと通常首逃がし工具との比較テスト
工具 SN−TSC−EM4B6−20−9
SNR−TSC−EM4B6−20−9
被削材 S50C
回転数 3,290min-1
送り速度 497mm/min
切込幅(Rd) 0.4mm
切込量(Ad) 9mm

オススメ商品のご案内

側面の多段加工が可能

TSコート超硬スクエアエンドミル
4枚刃・45°ネジレ/ロングシャンク・ショートタイプ
TSC−LS−HEM4S

商品情報・ご購入
 
  • 刃径よりも首下径が細くなっている4枚刃スクエアエンドミルです。工具干渉を発生させずに高速加工可能です。
    加工筋を抑制する刃部後端のR刃付けタイプを規格追加

切れ刃端にR形状を設けたアルミ加工用超硬スクエアエンドミル

 
  • アルミ側面の立ち壁加工に最適なロングシャンクタイプの外周刃後端にR形状を施しました。多段加工時の加工スジの防止に最適です。
3枚刃・DLCコートタイプ
DLC−LS−ALHEM3B

商品情報・ご購入
3枚刃・ノンコートタイプ
SEC−LS−ALHEM3B

商品情報・ご購入

戻る