【加工条件・加工方法Q&A】
面取り加工・V溝加工用エンドミルの正しい利用方法が知りたい

部品加工で面取り・V溝加工用エンドミルをよく利用しますが、刃先のチッピングが頻発して困っています。工具使用上のコツを教えてください。

 
面取りやV溝加工に際しては、下記の点がポイントとなります。
(1) 面取り加工
最大切り込み量を考慮した条件設定での加工が必要です。
切削量が大きい場合は、段階的な切削をお薦めします。
(2) V溝加工
通常のスクエアエンドミルを利用した場合と専用工具を利用した場合のV溝加工が主に考えられます。
(1) 通常のスクエアエンドミルを利用する場合
工具又はワークを傾けることでV溝を切削する方法です。もしV溝底部の形状に高い精度が求められないのであれば、ラジアスやコーナーC付きのエンドミルでの加工も選択肢となります。
(2) V溝加工用エンドミルを利用する場合
・工具先端部のみを利用する場合、周速を考慮して回転数を高めに条件設定してください。
・切削量が大きくなる場合は、段階的な切削をお薦めします。
(3) 切削用途に適した工具選定
面取り、V溝、位置決め等の加工形状や加工能率、被削材等により最適な工具選定が重要です。
主要被削材 一般鋼 高硬度鋼 アルミ
型番 TSC−SVEM
TSC−LS−SVEM
TSC−CMEM TSC−MEM2S TSC−MEM3S TSC−HSVEM SEC−ALCMEM SEC−ALMEM
1 面取り加工
2 V溝加工            
3 位置決め          
4 傾斜・輪郭・
ヘリカル加工
         
5 高送り          

オススメ商品のご案内

人気の定番アイテム

TSコート超硬面取り・V溝加工用エンドミル
2枚刃
TSC−SVEM

商品情報・ご購入
 
  • 定番の面取り・V溝加工用エンドミルです。刃径と先端角度違いによる豊富な品揃えが自慢です。
TSコート超硬面取り用エンドミル
2枚刃/ショートタイプ
TSC−MEM2S

商品情報・ご購入
 
  • 面取り加工に加えて外周刃を利用した傾斜・輪郭・ヘリカル切削が可能です。
  • 加工後のワークの面粗さはとても良好に仕上がり、バリ取り工具として使用できます。

高硬度鋼の面取り加工に最適

TSコート超硬面取り用エンドミル
高硬度鋼加工用/6枚刃
TSC−HSVEM

商品情報・ご購入
 
  • 高硬度鋼加工用の6枚刃面取りエンドミルです。
  • 送り速度を高く設定し、面取り加工の効率化が図れます。

アルミ加工用のエンドミル

アルミ加工用超硬面取り用エンドミル
2枚刃
SEC−ALMEM

商品情報・ご購入
 
  • シャープな形状のネジレ刃により、バリの少ないきれいな加工面を実現し、アルミ特有の構成刃先を防ぎます。

戻る