【加工条件・加工方法Q&A】
突き出しが大きな場合の切削条件は?

カタログに記載されている切削条件表はどの位の突き出しで使用することが前提になっているのでしょうか?
また、突き出しを長くする場合には切削条件をどのように変更すればよいでしょうか?

 
標準突き出し量
カタログに記載されている切削条件は、工具径の3倍程度(最高でも5倍程度)までの突き出し量を前提で適用することをお勧めします。(ロングシャンクなど突き出しを長く使用することを前提とした商品は除きます)
工具の剛性を保つためには突き出しをできるだけ短くして使用することが重要です。
突き出しが長い場合の切削条件
干渉防止などで突き出しを長くしなければならない場合にはビビリが発生しやすくなるため、フレを最小限に抑え、保持剛性の高い焼ばめホルダが有効です。
その上で標準切削条件に対して軸方向切り込み量を10〜50%ほど少なくしてください。
それでもビビリが止まらない場合には回転数と送り速度を突き出し量に応じて10〜40%ほど少なくしてください。
ロングネック、ロングシャンク形状の利用
ロング刃長の工具は剛性が低いため、刃長は必要最低限としてロングネック、ロングシャンク形状の工具が効果的です。また、できるだけ刃数が多く剛性の高い形状のほうがビビリの発生をおさえられます。
5軸加工機の利用
5軸制御のマシニングセンタを利用することによりこれまで突き出しを長くしなければアプローチできなかったポケットの底部などを接近性高く切削することが可能です。これによりビビリが少なく高品質な加工面に仕上がります。

オススメ商品のご案内

突き出しが大きくても高剛性を保てるロングシャンク/ロングネック

TSコート超硬ボールエンドミル
2枚刃/テーパネックタイプ
TSC−BEM2PB

商品情報・ご購入
 
  • テーパネックの採用によりストレートのロングネックに比べて高剛性タイプです。
TSコート超硬スクエアエンドミル
6枚刃/ロングネックタイプ
TSC−LN−MSXB

商品情報・ご購入
 
  • クビ部の逃げにより干渉が防止でき、多段加工により深い箇所でもビビリなく加工できます。
TSコート超硬ラジアスエンドミル
高送り高剛性/ロングネックタイプ
TSC−CRLN−HFEM4S

商品情報・ご購入
 
  • ネガ刃ラジアスのロングネックタイプ。深いポケットの加工に最適です。

焼ばめ工具の使用によりビビリ防止

TSコート超硬ボールエンドミル
焼ばめ用・2枚刃/スタブタイプ
TSC−SH−BEM2B

商品情報・ご購入
 
  • 全長が短く、シャンク長に制限のある焼ばめホルダに対応しています。

戻る