【工具選定Q&A】
側面加工と溝加工、底面加工毎に工具を使い分けたくない

加工種類毎に、工具を揃えていくと、工具管理が煩雑になってしまいます。1本の工具で複数工程を加工できる工具はないでしょうか?

 
ネジレ、刃数違いによる工具の特徴
一般的に流通している2枚刃、4枚刃の30°ネジレ工具でも、側面加工と溝加工、底面加工を1本の工具で加工することは可能です。
ただし、2枚刃のエンドミルで側面加工を行うと、送りが上げられず、効率的な加工になりません。また、4枚刃のエンドミルで溝加工を行うと、外周の溝幅が狭いだけに、切りクズ詰まりが懸念されます。
3枚刃のエンドミルは、2枚刃、4枚刃中間の特長を併せ持っており、側面、溝加工両方に対応しています。
3枚刃エンドミルは下記の理由により、ビビリ抑制と剛性を兼ね備えており、側面、溝加工双方に適応できる形状となっております。
第一に、偶数刃と違い、切れ刃の対角線上に切れ刃が向かい合わない、ビビリが発生しづらい形状となっております。
第二に、剛性を図る指標として、刃径の芯厚と、剛性を維持する形状があげられます。30°ネジレスクエア工具は、芯厚が65%、45°ネジレエンドミルは70%くらいの芯厚が目安ですが、5°の芯厚以上の剛性を形状によって実現しています。

オススメ商品のご案内

突っ込みから繰り広げ加工に最適な1本!

TSコート超硬スクエアエンドミル
3枚刃・45°ネジレ/ショートタイプ
TSC−HEM3S

商品情報・ご購入
 
  • 3枚刃形状と独自のチップポケット形状の採用により、突っ込みからの連続繰り広げ加工を実現!多機能型エンドミルの代表的商品です。

多機能型のラジアス付きタイプ、刃先のチッピング防止にもなります

TSコート超硬ラジアスエンドミル
3枚刃・45°ネジレ/ショートタイプ
TSC−CR−HEM3S

商品情報・ご購入
 
  • 剛性の高い多機能型形状に、ラジアスを付けることで、更に剛性を強化しました。
  • ラジアスは、刃先から進行しやすいチッピングを防ぎます。
  • 既存17サイズに7サイズの規格追加が加わり、選べるラジアスサイズが豊富になりました。

多機能品でも、お求めになりやすいC-Valueシリーズ

ALCコート超硬スクエアエンドミル
3枚刃・45°ネジレ/ショートタイプ
XAL−HEM3S

商品情報・ご購入
 
  • お求めになりやすいC-Valueシリーズに多機能スクエアに加え、ラジアス付タイプを追加しました。
  • 潤滑性に優れたALCコーティングは、特に生材加工において安定した耐摩耗性を発揮し、加工物の形状精度の向上が期待できます。
ALCコート超硬ラジアスエンドミル
3枚刃・45°ネジレ/レギュラータイプ
XAL−CR−HEM3R

商品情報・ご購入

戻る