【バリ取り】
交差穴のバリ取り方法を知りたい

手作業で交差穴のバリ取りを行いたいのですが、工具選定及び注意点を教えてください

 

バリ取りをどの方向から行うかが重要な要素
・交差穴のバリ発生メカニズム

  • 交差穴加工の際、2次加工穴の切削時に、1次加工穴と2次加工穴の交差する部分に、1次加工穴の方向に返りバリが発生します。 また、交差穴のバリ取りは、次のような理由から複雑で難しいものとなっています。
  • - バリを取るべき交差穴は、平面ではなく輪郭が楕円形である
  • - ドリルの磨耗量によってバリの大きさが異なる
  • - バリの大きさ、発生場所が一定ではない。例えば、ドリル穴の出口は入り口より多くのバリが発生する

バリ説明画像


・交差穴加工時のバリ発生を抑制する方法
  • - バリが取り易い方向に返るように加工順序を工夫する
  • - ドリル加工に於ける抜け際の送り速度を下げる
  • -1次加工穴方向から再度リーマを通し、バリを取り易くする

・バリの除去方法
  • 交差穴バリ取り用の工具には、次のような性能が求められます。
  • - バリ取り能力が高く、その能力が持続すること
  • - 交差穴部のバリに確実に届くこと
  • - 加工品質(エッジ、加工面)が安定すること

  • バリ取りを1次加工穴方向から行うのか2次加工穴方向から行うのかが工具選定のポイントになります。
  • - 1次加工穴方向から行う場合
  • バリに対し垂直に工具が当りますので、バリが反対に返らないよう研削性の高い工具を使用します。
  • 【手作業】
  • スクレーパー、コテヤスリ、マイクロスパイラルブラシ、砥石付きバリ取りブラシ
  • 【ハンドツール】
  • 交差穴バリ取りツール砥石タイプ、マイクロスパイラルブラシ、超硬ロータリーバー、ミニチュアブラシ、
    軸付砥石、軸付ゴム砥石、研磨剤フラップ
  • - 2次加工穴方向から行う場合
  • バリが反対方向に返っていますので、裏側のバリに届く形状の工具もしくは大きく面が取れる工具を使用します。
  • 【手作業】
  • スクレーパー、コテヤスリ、裏座繰りバー
  • 【ハンドツール】
  • 交差穴バリ取りツール砥石タイプ、超硬ロータリーバー

オススメ商品のご案内

穴交差部のバリをピンポイントで除去

交差穴バリ取りツール セラミック砥石タイプ
CESC

商品情報・ご購入
 
  • ヘッド部にアルミナ繊維製砥石を用い、切れ刃を全面に出しています。
  • 根元厚み0.2mm以下の機械加工後の微細バリを効率よく除去します。
  • シャフトに弾性を持たせ、ワークへの当たりをやわらかくしました。

複雑な形状の交差穴や段差のあるドリル穴・キリ穴のバリ取りに

マイクロスパイラルブラシ
IMSN(ナイロン)
IMSS(ステンレス)
IMSG(研磨剤入りナイロン)
IMSB(真鍮)

商品情報・ご購入
 
  • マイクロスパイラルブラシは柔軟性が高いため、部品形状にならったバリ取りが可能です。また、複雑な形状の交差穴や段差のあるドリル穴・キリ穴など、これまでのブラシでは取りきれなかったバリも除去できます。
  • 細い円筒内に於いて円筒内径に対し大きめのブラシを挿入することで、ブラシがバリを叩き除去する能力があります。
  • 研磨剤入りナイロンブラシは、ブラシ側面でヤスリのように擦りながらバリを取ることができます。

高速回転でバリ取り作業効率を高められます

ミニチュアブラシ
5PACK-12E-26042
他各種

商品情報・ご購入
 
  • 高速回転で使用できるため、作業効率を高められます。
  • ブラシは固定砥粒ではないため、ワークベースを削らずにバリのみを除去することが可能です。
  • 樹脂や難削材は馬毛などの柔らかめのブラシ素材を、金属系はステンレスや真鍮のブラシ素材をご使用ください。

その他にもバリ取りに使える工具が多数揃っています


スクレーパー各種、裏座繰りバー
 
 

商品情報・ご購入
コテヤスリ
LRP□□  
商品情報・ご購入
砥石付バリ取りブラシ
FLEXHFLEXH-SH
商品情報・ご購入
超硬ロータリーバー
NRB□□  商品情報・ご購入
軸付砥石、軸付ゴム砥石
MWARP-J 他各種 商品情報・ご購入
研磨材フラップ
   商品情報・ご購入
電動グラインダー
UA12A他各種 商品情報・ご購入
   

戻る