【刃先交換式カッター】
刃先交換式カッターのコストメリットは?

超硬エンドミルを中心に使用していますが、φ16以上は高価なためハイスエンドミルを使用しています。
刃先交換式カッターに切り替えるとメリットはあるのでしょうか?

 
高速加工により効率化が可能
刃先交換式カッターを使用する利点としては下記の2点が挙げられます。
(1) 超硬/サーメットインサートを取り付けた刃先交換式カッターは、ハイスエンドミルと比較して周速、送り速度を数倍高く設定することができるため、高速加工が可能となります。
■切削除去量の比較
商品名(型番) 切削条件 切時間当り除去量
刃先交換式エンドミル
(MKEM25)
回転速度(min−1 1,910 49.7cc
送り速度(mm/min) 760
切り込み量 Ad(mm) 13
切り込み量 Rd(mm) 5
ハイスラフィングエンドミル
(RFEMS25)
回転速度(min−1 360 32.5cc
送り速度(mm/min) 130
切り込み量 Ad(mm) 25
切り込み量 Rd(mm) 10
(2) 刃先交換式カッターは、消耗するのが刃先部のインサートのみであるため、ランニングコストを大きく抑えることができます。
コスト比較

※ハイスエンドミルは2回再研磨をする前提でコストを算出。
※上記は目安であり使用方法や被削材によりコストは異なります。

オススメ商品のご案内

高速タイプの追加により選択の幅が拡大

高能率スクエアエンドミル
MCEM

商品情報・ご購入
 
  • 独自の低抵抗チップ形状により高速加工が可能です。
  • ステンレス鋼、チタン合金など難削材の加工も 可能です。
刃先交換式肩削り用エンドミル
MKEM

商品情報・ご購入
 
  • 被削材やご利用の設備に応じて14種類のインサートからお選びいただけます。

曲面加工もボール形状やラジアス形状によりコスト削減

高送りラジアスエンドミル
MHFEM

商品情報・ご購入
 
  • インサートの特殊設計により取り付け精度が良く、ビビリを抑制します。
刃先交換式粗用ボールエンドミル
MMRBM

商品情報・ご購入
 
  • 1種類のチップにて主刃、副刃を構成する設計のため、工具管理が容易です。

戻る