【刃先交換式カッター】
フライス用インサートはどのように選定すればいいのですか?

同じホルダに複数のインサートから選べるようになっていますが、どのように選定すれ ばいいのですか?

 
被削材や加工内容によって選定が可能
インサートは(1)材質+コーティング(2)形状の組み合わせにより多くの品揃えになっています。
(1) 材質+コーティング
被削材や加工内容に最も適した材質とコーティングを選定することが重要になります。硬度は超硬<コーテッド超硬<サーメットの順で高くなりますが、その反面欠けやすくなる為、切り込み量が大きく変化するなど不安定な加工には適しておりません。
サーメットは硬度が高く、安価なため、合金鋼などの加工では多く使用されていますが、鋳鉄やアルミの加工にはお勧めできません。
また、同じ超硬でも素材の違いにより各被削材向けに専用の材料が開発されております。コーティングも同様に、切削性に優れたPVDコーティングや耐久性に優れたCVDコーティングなどが有りますので、ご利用の加工機や被削材に合わせてご使用ください。
被削材 超硬 コーテッド超硬 サーメット
一般鋼・合金鋼
ステンレス鋼
鋳鉄
アルミ ×
耐熱合金
(2) 形状
被削材や加工内容(粗加工/仕上げ加工)によりブレーカー形状やホーニング量に違いがございます。
ご利用の加工内容に合わせてお選びください。
例)高能率エンドミルMCEM用インサートの種類
仕上げ用
刃先を鋭くしており加工面 粗度の向上に最適です。 ステンレス等の粘り気のある材料にも向いています。
粗加工用
刃先にホーニングをすることで刃先強度を高めており、高速加工が可能です。 鋳鉄などの加工に向いています。
アルミ加工用
刃先を鋭くし、インサート表面をポリッシュすることで、加工面粗度を大きく向上しました。

オススメ商品のご案内

難削材にも対応したインサートをご用意

高能率スクエアエンドミル
 
  • 豊富なバリエーションから被削材や加工内容に適したインサートをお選びいただけます。
MCEM

商品情報・ご購入
XDKT

商品情報・ご購入
平面削りエンドミル エンドミルタイプ
MHEK

商品情報・ご購入
平面削りエンドミル
SEET

商品情報・ご購入
 
  • 切込角45°の高精度平面カッター。インサートはコーテッド超硬3種/超硬/サーメットから お選びいただけます。
平面削りエンドミル アーバー取付けタイプ
MHEK

商品情報・ご購入
平面削りエンドミル
SEMT

商品情報・ご購入

戻る