【特殊溝加工】
キー溝を効率良く、高精度に加工したい

キー溝を加工する際に、溝の幅が均一に仕上がらず、困っています。溝の幅が均一でな いと、キーがうまく入りません。
キー溝加工を高精度に加工するためのポイントはありますか?

 
エンドミルによる切削方式
工具の切れ刃部の切削抵抗を小さくするために、切り込み量を少なくすることと、刃先負担が一定になる工具軌跡にすることが、キー溝の加工には最適と言えます。
それにより、高速回転・高送りの条件で安定した加工が可能となります。
また、切削抵抗と熱影響を低く抑えられるため、工具の性能が安定し長寿命となります。
(1) 往復ジグザグ工具軌跡(底刃中心の切削方式)
Z方向の切込み量を少なく抑えて、段階的に切り下げて行く切削方式です(図1参照)。層状の切削加工を行うため、短刃長のラジアスエンドミルでビビリを抑制して加工することが有効です。
(2) トロコイド工具軌跡(外周刃中心の切削方式)
円弧状の軌跡で切削加工を行います(図2参照)。外周刃の切込み量が少なく一定になります。
溝幅より小径の工具を使用するため切りくずの排出が良好です。切削が安定し、工具の性能を十分に引き出すことができるため、多刃の強ネジレエンドミルが有効です。
推奨工具
(1)往復ジクザク工具軌跡、(2)トロコイド工具軌跡ともに、加工形状に応じたコーナーRとキー溝深さに応じた首下長を有する、ラジアスエンドミルをご使用ください。

オススメ商品のご案内

往復ジグザグ工具軌跡に適したラジアスエンドミルラインナップ

TSコート超硬ラジアスエンドミル
4枚刃/スタブタイプ
TSC−CR−EM4B

商品情報・ご購入
 
  • ラジアスエンドミルのラインナップを拡大しました。標準在庫品に加えてミスミのT-Valueシリーズなら刃径は0.01mm単位、ラジアスは0.1mm単位でご指定いただけます。
超硬2枚刃追加工エンドミル
注文例
T−TSC−PEM2S10−PP9.85−CR1.2

T-Valueのご案内

トロコイド工具軌跡に適したラジアスエンドミルラインナップ

TSコート超硬ラジアスエンドミル
高硬度鋼加工用・多刃・50°ネジレ/スタブタイプ
TSC−CR−MSXB

商品情報・ご購入
 
  • 多刃の強ネジレエンドミルのラインナップを拡大しました。キー溝深さの対応範囲が広がりま大しました。キー溝深さの対応範囲が広がりま した。
TSコート超硬ラジアスエンドミル
高硬度鋼加工用・多刃・50°ネジレ/レギュラータイプ
TSC−CR−MSXR

商品情報・ご購入

戻る