【ねじ穴加工】
ロールタップの下穴管理はどのように行えばいいか

ドリルで下穴加工後ロールタップを使用しているのですが、高精度なねじが切れません。
ロールタップの下穴は精度が必要と聞きますが、下穴加工用工具はどのように選定すればいいのでしょうか?

 
ロールタップの下穴精度の必要性と下穴径
ロールタップは塑性加工でねじを成形する加工方法であり、下穴寸法はねじ山形状に大きな影響を及ぼすため、高精度な下穴管理が必要です。
メートルねじ用下穴径一覧表(ロールタップ用)
ねじの呼び
M×P
推奨
ドリル直径
D
 
最小径 最大径
M2× 0.4 1.83 1.81 1.85
M2.2× 0.45 2.00 1.98 2.03
M2.5× 0.45 2.30 2.28 2.33
M3× 0.5 2.78 2.76 2.81
M4× 0.7 3.68 3.65 3.70
M5× 0.8 4.63 4.59 4.66
M6× 1 5.53 5.48 5.57
M7× 1 6.53 6.48 6.57
M8× 1.25 7.39 7.34 7.41
M8× 1 7.53 7.48 7.57
M10× 1.5 9.24 9.18 9.28
M10× 1.25 9.39 9.34 9.41
M10× 1 9.53 9.48 9.57
ねじの呼び
M×P
推奨
ドリル直径
D
 
最小径 最大径
M12× 1.75 11.12 11.05 11.15
M12× 1.5 11.24 11.18 11.28
M12× 1.25 11.39 11.34 11.41
M14× 2 13.00 12.92 13.04
M14× 1.5 13.27 13.21 13.30
M16× 2 15.00 14.92 15.04
M16× 1.5 15.27 15.21 15.30
M18× 2.5 16.73 16.63 16.78
M18× 1.5 17.28 17.22 17.31
M20× 2.5 18.73 18.63 18.78
M20× 1 19.28 19.22 19.31
ロールタップの下穴加工の留意点
高精度な下穴を加工するには、従来のハイスドリルよりも高精度な超硬ドリル(バニシング刃付など)を用いることがポイントです。
穴の寸法管理が厳しい小径穴には、ドリル直径寸法が百分台の高精度なドリルの適用をお勧めします。
さらに、安定した高精度穴加工に仕上げる場合は、ドリルによる下穴加工後にエンドミルによるコンタリングやボーリング加工などが有効です。

オススメ商品のご案内

安定した下穴加工を実現する超硬ドリル

DLCコートアルミ加工用超硬ドリル
エンドミルシャンク/レギュラー
DLC−ALESDR

商品情報・ご購入
 
  • ロールタップの下穴加工用のサイズを追加しました。
  • 強ねじれ形状により抜群の切りくず排出性と切れ味を発揮します。
TiAlNコート超硬ドリル
バニシング刃付/エンドミルシャンク/スタブ
TAC−BNESDBA

商品情報・ご購入
 
  • 外周にバニシング刃を持ったマージン部を設けることで、下穴加工と穴仕上げ加工とを同時に行うことが可能です。
TiAlNコート超硬ドリル
百分台・小径タイプ
TAC−MS−ESDR

商品情報・ご購入
 
  • 直径0.3〜3mmの小径サイズを百分の1mm単位で取り揃えております。
  • シャンク径3mmに統一し、高精度チャッキングが可能となります。

高精度な下穴に仕上げるための超硬エンドミル

TSコート超硬スクエアエンドミル
高硬度鋼加工用・多刃・50°ネジレ/レギュラータイプ
TSC−MSXR

商品情報・ご購入
 
  • 工具剛性が高いので工具のたおれを最小限におさえることができるため、下穴加工後のコンタリング加工に最適です。

切りくずトラブルを回避するロールタップシリーズ

TiNコートハイス鋼ロールタップ
G−ROT

商品情報・ご購入
 
  • 切りくずを出さない盛り上げ加工に用います。

戻る