【ドリル穴加工】
斜面に穴あけをするのに最適な加工方法は?

平面ではなく傾斜面のワークに穴を加工したいのですが、どのような方法が最も効果的でしょうか?

 
斜面への穴加工における一般的な加工方法
傾斜面の加工ではドリルに対して横方向の抵抗が発生することで、ドリルの曲がりを引き起こすため、安定的な加工が難しくなります。この場合、ドリルでの穴あけ前にエンドミルなどで平面加工を行ったり、センタードリルで位置決め加工を行うことでドリルの振れや曲がりを抑制し、安定加工を実現します。
エンドミルによる平面加工
センタードリルによる位置決め加工

オススメ商品のご案内

位置決め工具も充実。センター・スポットドリルシリーズ

TiAlNコート超硬センタードリル
TAC−CTDA

商品情報・ご購入
 
  • 超硬素材を採用することで、センタリング加工の高速・長寿命化を実現します。

超硬スクエアエンドミルシリーズの豊富なラインナップ

TSコート超硬スクエアエンドミル
2枚刃/刃長2D(ショート)タイプ
TSC−EM2S (アタリ付)
TSC−PEM2S(ピンカド)

商品情報・ご購入
 
  • 汎用の2枚刃エンドミルで幅広い用途に対応できます。
  • 刃長1D(焼ばめ用)から4D(ロング)まで幅広く取り揃えております。

応用例

同様の加工方法によって、断続部の穴加工や円弧面の穴加工においても、位置ずれや曲がりが発生することなく、安定加工が可能となります。
断続部の穴加工
円弧面の穴加工

戻る