【樹脂】
樹脂を加工するときのポイントは?

[被削材例]
MCナイロン、ポリエチレン、ポリカーボネイト

 
樹脂の特性
繊維を含まない硬質ゴムやエンプラは、軟らかくて被削性は良好ですが、材料溶融点が低いうえ延性が大きいため、工具に溶着が発生しやすい欠点があります。
強化繊維を含むFRPなどの複合材料は、アブレシブ物質や硬質物質を含有し、切削性が悪い材料です。強化繊維の特性、大きさ、含有量によって被削性は異なりますが、一般的に、工具切れ刃が強化繊維を切断するたびに、切れ刃が擦り減っていく現象が見られます。
工具選定のポイント
すくい角はポジティブでシャープな切れ刃の工具が有効です。ガラス繊維入り樹脂など、種類によっては切削工具の工具寿命が短く、かつバリの発生が著しい樹脂に対しては、電着ダイヤモンド砥石による研削加工が効果的です。
加工方法のポイント
複合材料の場合、強化繊維の方向と切削の方向との関係によっては繊維の掘り起こし現象が起こり、加工精度の劣化が起こることがあります。粗加工で掘り起こし現象が発生した場合、仕上げ加工でそのダメージ層をきちんと除去する必要があり、電着ダイヤモンド砥石の適用をおすすめいたします。

オススメ商品のご案内

樹脂加工に最適なシャープな切れ刃形状

樹脂加工用超硬スクエアエンドミル
2枚刃/エキストラロングタイプ
SEC−PLEM2EXL

商品情報・ご購入
 
  • すくい角をポジティブに大きくとった刃形状で切削熱を低く抑えます。

FRP等の難削樹脂加工も可能なダイヤモンドコート

ダイヤモンドコート超硬スクエアエンドミル
2枚刃・ロングタイプ
DAC−GREM2L

商品情報・ご購入
 
  • 天然ダイヤモンドに匹敵する表面硬度を持つダイヤモンドコートにより、G−FRP、C−FRPといった難削樹脂の加工に適しています。
  • 4枚刃タイプ(DAC−GREM4L)もお選びいただけます。

良質な加工面が得られるオリジナル形状の超硬ドリル

樹脂加工用超硬ドリル
ストレートシャンク/スタブ
SEC−PLSDB

商品情報・ご購入
 
  • 刈鎌形状の採用により樹脂特有の表面層のほつれ、剥離やけば立ちを抑制します。

ガラス繊維入り樹脂の加工に適した電着ダイヤモンド砥石

治具研削用軸付インターナル砥石
電着・高剛性シャンクタイプ
HS−JGPD
 
  • 切れ味が良いダイヤモンドと高剛性シャンクで高精度加工が可能です。

戻る