【ステンレス鋼】
ステンレス鋼を切削加工するときのポイントは?

[被削材例]
SUS303、SUS304、SUS316、SUS440C、SUS420J2

 
ステンレス鋼の特性
ステンレス鋼は熱伝導率が低く、切削時に発生する熱(800℃〜1200℃程度)が工具刃先に集中します。そのため工具摩耗が急速に進展し工具寿命は短く、難削材と呼ばれています。また、ステンレス鋼は、加工硬化現象の発生も懸念されるため、切削時のトラブルが多い被削材です。
工具選定のポイント
工具材種は、耐摩耗特性に優れたコーティング付き超硬合金の選択が有効です。工具形状は、切削時における切れ刃の負担を軽減する目的で、強ねじれ刃、多刃、ポジティブすくい角など最適な切れ刃形状の選択がポイントになります。
ドリルによる穴あけ加工には、ネジレ角度が途中で変わるデュアルリードドリルが工具寿命の面で有利です。
ネジレ角度を途中で変えることにより、切りくずの排出性と高剛性を両立させています。
加工方法のポイント
エンドミルの切削条件は、切込み量を少なめに抑え、送り量(mm/刃)は多く、切削速度は毎分150m〜300m程度の設定がポイントです。
クーラントは、エアーを切削ポイントに供給することで十分ですが、特に仕上げ切削では、逃げ面摩耗の進行を遅らせる目的で切れ刃の逃げ面側にオイルミストを供給すると、切削面精度と工具寿命の向上が期待できます。

オススメ商品のご案内

ステンレス鋼加工用に最適化された刃先形状で優れた耐久性を発揮

TSコート超硬スクエアエンドミル
ステンレス鋼用・3枚刃・60°ねじれ/ショートタイプ
TSC−FMS−HEM3S

商品情報・ご購入
 
  • 難削材SUS304加工に最適なミスミ独自の刃形状により、刃先への熱影響を抑制し、優れた耐摩耗性・耐溶着性を発揮します。

加工テスト事例

■切削試験条件
工具 TSコートステンレス加工用
超硬スクエアエンドミルφ6
(TSC−FMS−HEM3S6)
被削材 SUS304
加工方法 側面加工
回転数 9,550min-1
(周速180m/min)
送り速度 2,870mm/min
(一刃送り:0.08mm/tooth)
切り込み xy方向:0.12mm
z方向:6mm
クーラント 水溶性切削液
使用機械 立型マシニングセンタBT40
ツーリング コレットチャック
結果
SUS304を摩耗幅0.15以内で1200m加工可能。他社工具と比較しても、安定した正常摩耗の範囲内で推移し、刃持ちも2倍以上。

高耐久性を発揮するデュアルリード超硬ドリル

TiAlNコート超硬ドリル
複合ネジレ/エンドミルシャンク/レギュラー
TAC−DL−SESDR

商品情報・ご購入
 
  • ネジレ角が途中で変わる形状は、工具寿命の延長に効果的です。
  • ネジレ角度を途中で変えることにより、切りくずの排出性と高剛性を両立させています。

戻る