【高硬度鋼】
高硬度鋼を切削加工するときのポイントは?

[被削材例]
SK105(旧SK3 HRC56〜58)、SUJ2(HRC60〜63)、SKD11(HRC58〜60)、SKH51(HRC60〜63)、STAVAX(HRC50〜52)

 
高硬度鋼の特性
焼入れ処理により硬度を増した被削材を切削すると、工具摩耗が急速に進むため、従来は、放電加工か研削加工で加工することが一般的でした。最近、高速ミーリングの普及により高硬度鋼の切削が可能となり、切削のみで加工を終了させることが可能となりました。
工具選定のポイント
エンドミルの選定は、「ネガティブなすくい角」「刃先のネガランド処理」など刃先の強度をあげる処理が施されていること、また、刃数が多く工具断面積を最大限に確保されていることがポイントになります。
穴あけ工具の選定は、工具断面積が大きい超硬ドリルが有効です。
また放電加工に頼らざるを得なかったねじ穴加工では、超硬ねじ切りカッターによる切削加工が増え、高能率化と高精度化が実現しています。
加工方法のポイント
高速ミーリングは従来のミーリング加工と比較して、切削速度と送り速度を高める一方、切り込み量を少なくする切削方式です。
工具の突き出し量を極力少なくし、焼ばめホルダのような保持剛性と振れ精度の高い保持具を用いることが、安定した高精度切削を実現するためのポイントです。

オススメ商品のご案内

高硬度鋼加工にこだわって改良を施した高性能スクエアエンドミル

SHコート超硬スクエアエンドミル
45°ネジレ/スタブタイプ
SHC-MSXB

商品情報・ご購入
 
  • 新開発のSHコーティングと先端形状の改良により、HRC65までの加工で高耐久を実現しました。
    剛性の高いスタブ刃長は干渉防止用首逃がし加工済みです。
SHコート超硬スクエアエンドミル
45°ネジレ/レギュラータイプ
SHC-MSXR

商品情報・ご購入
 
  • 新開発のSHコーティングと先端形状の改良により、HRC65までの加工で高耐久を実現しました。
    使用頻度の高いレギュラーサイズは豊富なバリエーションを取り揃えております。

加工テスト事例

■切削試験条件
加工方法 底面切削
使用工具 超硬ハイヘリカルエンドミル(φ6)
被削材 SKD11(HRC60)
回転数 S=5,400min-1
送り F=1,340mm/min
切り込み量 Ad:9mm Rd:0.12mm
クーラント 水溶性

高硬度鋼加工にこだわって改良を施した高性能ボールエンドミル

SHコート超硬ボールエンドミル
30°ネジレ/ショートタイプ
SHC-HBEM2S

商品情報・ご購入
 
  • 高硬度鋼倣い加工に最適な先端形状により圧倒的な高耐久を実現しました。
    材料、研磨工程、コーティング適合度に到るまで改良したミスミ自信のシリーズ

戻る