1,750万点、2,900メーカーの品揃え。1個から送料無料。18時までのご注文で最短当日出荷可能。

貴社向け業務支援

貴社向け担当者ご案内

FA用メカニカル部品 営業担当

月~土
8:00~20:00

技術相談窓口

FAメカニカル部品

0120-343-066
0570-034-355

webお問い合わせフォーム

【WOS】型番見積/注文

カテゴリ・メーカーから探す

カテゴリから探す
メカニカル部品
ねじ・ボルト・座金・ナット
工業用素材
配線部品
制御部品・電気部品
切削工具
生産加工用品
梱包・物流保管用品
安全保護・環境衛生・オフィス用品
研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品
プラ型用部品
設計事例から探す
inCAD Library
メーカーから探す
取扱いメーカー一覧

ATXコントロール

ATX電源を搭載したシャーシにメインボードを組み込む場合、マザーボードでは、電源ユニットのコネクタ(20pinまたは24pin)と電源スイッチコネクタ(2pin)との接続だけで組み立ては完了しますが、CPUカードの場合は、さらにATXコントロールケーブルを接続する必要があります。ATXコントロールケーブルの接続方法は、メーカにより異なります。ここではカタログに掲載されているボードの接続方法をご説明します。

ATXコントロールとは?

ATXコントロールとは、シャットダウンと同時に本体の電源を自動的にOFFにする機能や、ACPI(電源管理アーキテクチャ)によるサスペンドモードなどを実行する機能です。

ATXコントロールの仕組みは?

ATXコントロールを行うには、ATX Ver.2.01以降の電源を使用します。ATX電源は、主電源の投入により、“スタンバイ電圧”(+5VSB)がメインボードにかかり、文字通りメインボードをスタンバイの状態にさせます。ソフトパワースイッチ(電源スイッチ)の押下により、メインボードに+5V、+12V、−5V、−12V、+3.3Vが供給され、システムの起動が始まります。起動開始と同時にメインボードよりATX電源の“PS-ON”に一定の出力がされることで、電源から継続して電流が出力されます。そのため、主電源が投入された状態で拡張カードやメモリ等の増設をおこなうと、メインボードや拡張カードに障害が発生する可能性が高くなります。

ATXコントロールの機能

ATXコントロールを使用して可能になる動作には、以下のものがあります。

  • ログアウト
  • シャットダウン
  • スタンバイ
  • Wake ON LAN(LAN経由で起動)
  • Wake ON RTC Timer(リアルタイムクロックによる起動)
  • Wake ON PCI(PCI拡張カードから起動)
  • Wake ON Modem(モデム経由で起動)

ATXコントロールを使用したくない場合はどうすればいいの?

ATXコントロールには、シャットダウンと同時に電源をOFFにする便利な機能がありますが、その反対に、AC電源(主電源)の投入では起動しない(都度電源スイッチを押下しなければならない)不便さも兼ね備えています。最近では、製造ライン等で一斉に起動したい場合に対応できるよう、主電源の投入によって起動できるボードも増えてきています。(ボードによってBIOSやジャンパ等設定方法は異なりますので、詳細は取扱説明書をご参照ください。)
ミスミでは、設定の可否を一目でご判断頂けるように商品ページの仕様に『AC電源自動復旧機能』を記載しております。

ATX電源のピン配置

ATXコントロールケーブルの接続方法

ATX電源コネクタを持つバックプレーンとの接続方法です。
CPUカードに添付の専用ATXコントロールケーブルを使用します。このケーブルは片方をCPUカードと接続し、もう片方をバックプレーンと接続するコネクタになっております。

※メーカごとにコネクタの形状やピン数が違うため、必ず同一メーカのCPUカードとバックプレーンをご使用ください。
※ATX電源コネクタを持たない(PS/2電源コネクタのみ)バックプレーンでは、使用しません。

ページトップへ戻る

WOS(Web Order System)

WOSのトップページはMISUMI-VONAに統合されました。

WOSでご利用になっていた機能は右赤枠内にございます。

WOSトップページ 閉じる
お役立ち情報サービス一覧
初めての方へ

当サイトのサービスは(学校・個人事業主様を含む)法人様専用となっております。

ミスミ進化中!